Kraken

ビットコイン
vs
ビットコインキャッシュ

ビットコインとビットコインキャッシュの違いについて興味がありますか?この二つの仮想通貨は名前のみならず、他にも類似点がたくさんあります。

実際、ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)の「ハードフォーク」により生まれました。つまり、この二つの仮想通貨には共通するコードベース、デザイン構造、取引履歴があるのです。

元来、仮想通貨の大半はオープンソースコードに基づいています。ユーザーが使用するソフトウェアに、開発者は誰でも変更を提案できるのです。よって、コードをコピーし、機能を変更し、全く新しいプロジェクトを立ち上げることが可能です。
Bitcoin vs Bitcoin Cash
Bitcoin Coin Logo

ビットコイン

ビットコインの本来の目的は、政府発行の通貨と、中央銀行による発行管理に代わるものを提供する、ということです。従って、新ブロックの作成にかかる時間を変更する、などといったプロジェクトは、この使命にそぐわないため優先的には行われません。
Bitcoin Cash coin logo

ビットコインキャッシュ

VisaやPayPalのような決済システムに対抗できる機能を実装すべき、という信念の元、ビットコインキャッシュは作られました。その機能には、ブロックサイズの拡大、ユーザーが支払う決済手数料の値下げ、などが含まれます。
したがって、同じコードベースやユーザーグループから始まったとは言え、ビットコインとビットコインキャッシュ (BTC vs. BCH)は今日、特にそのデザインの哲学においてかなり異なったものとなっています。ビットコインとビットコインキャッシュについてさらに詳しい情報は以下をご覧ください。

ビットコインとビットコインキャッシュの比較表

ビットコイン

ビットコインは、世界中の人々が供給量を管理できるオープンソースのソフトウェアであり、どんな政府や中央銀行もコントロールできません。

2008年に起きた金融危機の最中に誕生しました。ビットコインの最初のブロック(ジェネシスブロックと呼ばれる)には2009年1月3日付けTIMES誌の「英財務大臣 銀行救済に二度目の公的資金注入間際」という見出しが入っています。新たな金融システムの必要性を訴えるビットコインの革命的な意義が分かるメッセージとして認識されています。

ビットコインのソフトウェアには世界中から多くのコンピューター(ノードと呼ばれる)が参加しており、ビットコインの全ての取引記録を分散型の台帳で管理しています。全てのビットコインはコピーや改ざんが不可能です。

ビットコインは供給量が有限であり希少です。最小単位は1BTCではなく、0.00000001BTC(1 satoshiと呼ばれる)です。

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュとビットコインは多くの共通するゴールがあります。そのゴールをどんなデザイン構築によって達成させるのか、という点が異なるのです。

例えば、ビットコインキャッシュの支持者は、ビットコインの価値を支払い手段としてのものに見出しており、したがって、そのような特性を維持するための変更をするべきだと考えています。

当時、ビットコインの使用は拡大しており、ブロックチェーン上での送金手数料は時には数百ドルにまで上昇していました。

ビットコインの手数料を下げるため、ビットコインキャッシュの支持者はビットコインのブロックサイズを1 MBから8 MBへ拡大させ、各ブロックに含まれる取引数を増やそうとしました。

ビットコイン支持者は、ネットワークコストへ深刻な影響が出ることを危惧し、この考えには大方反対しました。彼らの考えとしては、多くのインターネットスタートアップはユーザーのアクティビティを助成したように、ビットコインにも同じアプローチが当てはまる、というものです。

結果、ビットコインキャッシュ支持者は、その理論をテストするために新しいブロックチェーンを立ち上げました。