Kraken

ライトコイン
vs
ビットコイン

ライトコイン(LTC)とビットコイン(BTC)は、価値と影響力の点で最も人気のある仮想通貨の2つであり、しばしば互いに比較されます。
実際に「ビットコインが金ならライトコインは銀」という位置付けとされ、多くの人々に受け入れられるようになりました。

ビットコインとライトコインの違いの詳細についてみてみましょう。
litecoin vs bitcoin
litecoin ltc logo

ライトコイン

ライトコインは、ビットコインのコードをコピー、および変更したものであり、トランザクションをより迅速に完了することを目的としています。また、ビットコインに導入する前に、ライトコインブロックチェーン上で新機能を試すことも目的としています。

Bitcoin vs litecoin

ビットコイン

ビットコインは、中央銀行による発行、管理がされている法定通貨に代わるものを提供することを目標としています。 そのため、開発者は、新しいブロック作成にかかる時間の変更など、この価値提案を弱める可能性のある変更を優先していません。

本記事では、ライトコインとビットコイン、2つの複雑なネットワークの動作を簡易化してご紹介していますが、並べて比較することで、違いをお分かりいただければ幸いです。

ライトコインとビットコインの比較表

ライトコイン

ライトコインはより迅速な取引を必要とするマーチャントを対象に作られました。

具体的には、トランザクションが新しいブロックに追加される処理時間が短縮されるよう、ビットコインのコードをコピーして、変更されたものがライトコインに採用されました。

マーチャントの仮想通貨への興味は薄れていきましたが、ライトコインは開発に力を注ぎました。その結果、ライトニングネットワークの開発やセグウィットの導入等、最先端のテクノロジーがビットコインで利用できるようになりました

そのため、このプロジェクトはビットコインに新機能を導入するための一種のテストネットとして機能することにより、他の多くの仮想通貨との位置付けが異なります。

ビットコイン

ビットコインは、世界中の人々が供給量を管理できるオープンソースのソフトウェアであり、どんな政府や中央銀行もコントロールできません。

2008年に起きた金融危機の最中に誕生しました。ビットコインの最初のブロック(ジェネシスブロックと呼ばれる)には2009年1月3日付けTIMES誌の「英財務大臣 銀行救済に二度目の公的資金注入間際」という見出しが入っています。新たな金融システムの必要性を訴えるビットコインの革命的な意義が分かるメッセージとして認識されています。

ビットコインのソフトウェアには世界中から多くのコンピューター(ノードと呼ばれる)が参加しており、ビットコインの全ての取引記録を分散型の台帳で管理しています。全てのビットコインはコピーや改ざんが不可能です。

ビットコインは供給量が有限であり希少です。最小単位は1BTCではなく、0.00000001BTC(1satoshiと呼ばれる)です。