Kraken

XRP(リップル)
vs.
ビットコイン

仮想通貨投資に興味をお持ちの方も、既に投資を始めれた方も、リップル (XRP) や ビットコインを耳にしたことがあるかと思います。


もしかすると、XRP(リップル)とビットコインの違いを検索した際に当ページに辿り着かれたこともあるでしょう。これらの2つの仮想通貨の違いを比較することは、その特性を理解するのにもっとも有効な手段です。

ripple vs bitcion
ripple

XRP(リップル)

XRP社はブロックチェーン上での新たな決済方法および記録管理を開発しました。

Bitcoin vs Ripple

ビットコイン

ビットコインは、政府や中央銀行が発行する伝統的な通貨に対する代替として誕生しました。
XRP(リップル)とビットコイン、2つの複雑なネットワークの仕組みをより深く理解するには、以下をお読みいただき違いをお分かりいただければ幸いです。

XRP(リップル)ビットコインの比較表

XRP(リップル)

XRP(リップル)は、従来の金融機関を介した送金が抱える問題を解決するために開発されました。これは、トランザクションをよりオープンなインフラストラクチャに移行することで実現しました。

リップル社は、XRPのトランザクションを行うために、ブロックチェーン上での新たな決済方法および記録管理を導入したソフトウェアであるXRPレジャーを開発しました。 ビットコインと同様、デジタル署名によってXRPを送受信することが可能です。

ビットコイン

ビットコインは、世界中の人々が供給量を管理できるオープンソースのソフトウェアであり、どんな政府や中央銀行もコントロールできません。

2008年に起きた金融危機の最中に誕生しました。ビットコインの最初のブロック(ジェネシスブロックと呼ばれる)には2009年1月3日付けTIMES誌の「英財務大臣 銀行救済に二度目の公的資金注入間際」という見出しが入っています。新たな金融システムの必要性を訴えるビットコインの革命的な意義が分かるメッセージとして認識されています。

ビットコインのソフトウェアには世界中から多くのコンピューター(ノードと呼ばれる)が参加しており、ビットコインの全ての取引記録を分散型の台帳で管理しています。全てのビットコインはコピーや改ざんが不可能です。

ビットコインは供給量が有限であり希少です。最小単位は1BTCではなく、0.00000001BTC(1 satoshiと呼ばれる)です。