Kraken

What are Meebits?

Meebits(ミービッツ)とは

  • Meebits は、NFT として表される 20,000 体の 3D ボクセルキャラクターのNFTコレクションです。取引して、アニメーション化したり、メタバース空間でアバターとして利用したりできます。
  • Meebits は、絶大な人気がある CryptoPunks(クリプトパンクス)のクリエイターである Larva Labs (ラーバ・ラボ)によって 2021 年に開発されました。
  • Meebits エコシステムは、MeebitsDAO 内で提起されたガバナンス案に従って継続的に開発されています。
Two meebits NFTs and text "What are Meebits?"

Meebits は、アルゴリズム的に生成され、 イーサリアム ブロックチェーン上に存在する 3D ボクセルキャラクターの NFT(ノンファンジブル・トークン)です。 

Meebits NFTコレクションの2万体のキャラクターの外観は、Minecraftのキャラクターからヒントを得たものです。キャラクターは Human(人間)、Pig(豚)、Skeleton(スケルトン)など 7 種類の基本タイプに分類できます。各 NFT は、タトゥー、帽子、眼鏡など、さまざまな特性を持ちます。Meebits 全体のさまざまな特性により、各キャラクターは明確にユニークな性質を持つ唯一無二のキャラクターとなっています。

Meebits は、ソーシャルメディア上のプロファイル画像(PFP)やメタバースのアバターとして利用できます。各 NFT に付属している OBJ ファイルは、物理的なアートを自分のコレクションに追加したいホルダーが簡単に 3D プリントできます。

Five meebits NFTs

クリエイターについて


Meebitsは2021年5月にLarva Labsによって開発されました。Larva Labsは、デジタルアートとテクノロジーの世界を融合させるクリプトパンクスや、Autoglyphs、その他の革新的なプロジェクトを手がけたチームです。

Matt Hall(マット・ホール) と John Watkinson(ジョン・ワトキンソン) により創設された Larva Labs は、数年にわたり、クリプト業界内外のプロジェクトに携わってきました。このチームは革新的な NFT シリーズの CryptoPunks で有名です。CryptoPunks は、2017 年に発表されて以来、認知度が極めて高く、価値も非常に高い NFT コレクションの 1 つとなっています。

Larva Labsは、Meebitsの開発により、DecentralandThe Sandboxなど、新しいメタバースゲーム向けに構築された3Dボクセルコレクションを使用して、クリプトパンクスとAutoglyphsの2Dピクセルアートを成功に導きました。

2022 年 3 月、人気の高い Bored Ape Yacht Club(ボアード・エイプ・ヨット・クラブ) NFT コレクション(およびその多くのスピンオフコレクション)を手がけたチームである Yuga Labs(ユガ・ラボ) は 、Larva Labs チームから CryptoPunks と Meebits の両方の知的財産(IP)権を取得しました。

Meebitsの特徴


Meebits は、Minecraft (マインクラフト)や Roblox(ロボロックス) などのゲームで普及した、低解像度画像のピクセルアートを基にしています。3D ボクセルキャラクターコレクションは、キャラクターの所有者が臨場感あふれる仮想現実環境向けに構築されたアバターとして使用するという位置づけです。

さまざまなタイプ、属性、希少性のMeebitsの購入、販売、収集ができます。最も多いタイプは Human(人間)で、Meebits 全体で 20,000 体のうち 18,881 体を占めます。最も希少なタイプは Dissected(解剖)で、Meebits 20,000 体のうち 5 体しかありません。希少性が高い順に、Dissected(解剖)、Visitor(来訪者)、Skeleton(スケルトン)、Robot(ロボット)、Elephant(象)、Pig(豚)、Human(人間)といったタイプがあります。

各Meebitは、この7タイプとともに、各種属性カテゴリ(タトゥー、背番号、イヤリング、ネックレス、ひげなど)で区別されており、購入を考えている人が自分に合ったMeebitsを見つけることができます。

Meebitsの所有者には、そのMeebitsのフル3Dモデルや、TポーズアニメーションのOBJファイル、および高解像度レンダーを含むアセットパックも提供されます。Meebits の所有者は、Meebits のキャラクターをさらにカスタマイズして、さまざまなゲームやメタバースの仮想世界でプレイしたり、物理モデルを 3D プリントしたりできます。

Meebits には独自の統合マーケットプレイスがあり、最大 100 体まで Meebits 購入時の取引手数料が割引になります。Meebits マーケットプレイス内では、Meebits Trading Terminal を介してオフチェーンで取引を提案できます。料金は、提案された取引が完了して初めて発生します。その際、売り手と買い手の間でオンチェーン取引(およびガス代)が必要となります。

こんな人にオススメ


Larva Labs が発表した複数の NFT プロジェクトの成功を踏まえると、Meebits は、高評価グループの別の NFT コレクションに参加したいと考えている人々にも受け入れられる可能性があります。Meebits コレクションは、最初のリリースから数時間で完売となり、人気が高いことがすぐに証明されました。

Meebitsコレクションは、当初からNFT愛好家の忠実なコミュニティを引きつけました。Meebitsのリリース時に、CryptoPunks(クリプトパンクス)とAutoglyphs(オートグリフィス)の所有者には、無料のMeebitsをミントできる特典が与えられました。MeebitsDAOは、コミュニティとエコシステムの開発を続けています。

希少な特性を持つユニークな NFT の収集に関心がある場合は、20,000 体の Meebits の中から、自分のニーズを満たすキャラクターを探し出すことができます。ユニークなオンチェーンの 3D ボクセルキャラクターがビデオゲームや仮想環境で利用される可能性はまだ発展途上であると考えるお客様もいらっしゃるかもしれません。こうしたお客様にとって、Meebits を所有することは、メタバース体験にさらに没頭する魅力的なきっかけになるかもしれません。

Meebits(ミービッツ) の注目ポイント


Meebits は、Decentraland(ディセントラランド)The Sandbox(ザ・サンドボックス) などのプラットフォームのメタバース空間でユニークなアバターとして利用できます。メタバースとそれにより実現されるユニークな体験が発展し続ける中、ゲーマーやコレクターが所有者となってそれらの環境で利用できるアバター(Meebits など)への需要が増える可能性は高いでしょう。また、Meebits は、ソーシャルメディアのプロフィール画像(PFP)やゲーム内アバターでも、ユニークでわかりやすいキャラクターとして利用できます。

注目を集めるMeebitsの所有者として、スヌープ・ドゥーグや、Redditの共同創設者であるアレクシス・オハニアンの名前が報じられています。両氏は他の主要な NFT の幅広いコレクションも所有しているとのことです。

2万体のユニークなMeebitsキャラクターはすべて、アルゴリズム的に生成され、イーサリアムブロックチェーンに登録されます。CryptoPunksなど Larva Labs の過去のコレクションの実績から、Meebits プロジェクトの開発が続く間、過去の成功とコレクションの発表で得られた教訓がどのように活かされるのか、多くの人々が関心を寄せています。Meebits コレクションのトークン数は CryptoPunks の 2 倍であるため、Meebits に関心のあるお客様がコミュニティに参加できる機会も多くなります。

Meebits  の分散自律型組織である MeebitsDAO は、コミュニティの意見を取り入れて Meebits エコシステムの開発を続けています。この開発には、アニメーションの作成、Meebits モデルのクロスプラットフォームの相互運用性の向上、MeebitsDAO の決定のルール化が含まれます。

Meebits NFT(ミービッツ) を購入する


クラーケンのNFTマーケットプレイスで、Meebits NFTまたは他のEthereumまたはSolanaベースのコレクションを購入し、ガス代ゼロを享受してください。

 

NFTは、クラーケンアカウントの暗号資産または現金で購入できます。また、お客様に最適なNFTを見つけるために、当社のビルトイン希少性スコアツールを使用できます。