Kraken

ステーブルコインとは?

初心者ガイド


ステーブルコインは暗号資産の一種で、政府の法定通貨や金などの別の資産の価値を追跡するようにプログラムされています。

ステーブルコインは、暗号資産の高い効率と透明性を提供しながら、ときとして過激なボラタリティを軽減するため、多くの投資家を引きつけています。 

ただし、トレーダーと投資家は、すべてのステーブルコインが同じように開発されているわけではないという点に注意すべきです。 

2020年の時点で、ステーブルコインには、現金担保型ステーブルコインと暗号資産担保型ステーブルコインの主要な2分類があります。両者ともクラーケンのような取引所で取引できます。 

現在も、ステーブルコインには広範囲のバラエティがあります。一説に拠れば、アクティブなステーブルコインプロジェクトは200以上あり、それらの処理量の合計は、VenmoやPayPalのピアツーピア(P2P)支払プラットフォームの処理量さえ超えています。

この種の暗号資産の取引を始める場合がよく分かりませんか?下記に、ステーブルコインの仕組みと、それがあなたの暗号資産ポートフォリオに加える資産として説得力を持つ理由を説明しています。

What are stablecoins


なぜステーブルコインに価値があるのですか?

ステーブルコインは、暗号資産につきもののボラタリティを排除することで、投資家がポートフォリオのリスク管理に使うツールにもなります。 

それに加えて、ステーブルコインは、トレーダーに幅広い取引ペアでの売買能力を提供するばかりか、ウィークデイの営業時間内しか空いていない在来型の資本市場の制限も全く受けないのです。

しかし、支持者の中には、ステーブルコインは結局金融サービスの延長であり、今日の世界的支払システムへのアクセスをブロックするゲートキーパーを回避するためのものだと見る向きもあります。 

たとえば、借り手は特定のタイプのステーブルコインを使用して金融機関の信用評価と高額な手数料を回避し、保有している暗号資産を担保にできるのです。 

ステーブルコインの仕組みは?


ステーブルコインはどれも別の資産の価格をミミックしようとするものですが、すべてが同じ方法で実現するわけではありません。つまり、一部のステーブルコインは他よりもリスクが高く、そこから安全性が得られるとされる価格の上下動を起こしやすい場合があります。 

現金担保型ステーブルコイン

現金担保型ステーブルコインは、在来型の金融機関が保管する政府法定通貨(米ドルやユーロなど)によって1対1で裏付けられている暗号資産です。 

2014年にスタートアップのTether LimitedがリリースしたUSDTがこのタイプのステーブルコインとして初のもので、世界中の暗号資産市場で24時間年中無休の取引が行われるように設計されたドルベースの暗号資産でした。2020年時点で、Tetherは依然として世界中で最も広く使われているステーブルコインです。

USDTのような現金担保型ステーブルコインは、一般に中央集権型オペレーターが管理します。こうしたオペレーターは循環を追跡し、ユーザーがトークンをミントして自己の管理下に回収できるようにしています。 

場合によっては、トークンの取引量とその会社の保有分が確実に等しくなるように、保有分の定期監査まで行われます。

現金担保型ステーブルコインの例には、(米ドルにペッグされる)USDTとUSDCがあります。

暗号資産担保型 

暗号資産担保型のステーブルコインは、1種類または複数種類の暗号資産で担保されます。

こうした資産の場合、一般的に中央集権的管理者は存在せず、代わりにオープンソフトウェアに依存して、借り手が暗号資産をロックし(その結果担保にし)、ローンの形で新しいステーブルコインを生成できるようにしています。

こうしたステーブルコインは、裏付けとなる暗号資産のボラタリティに備えてしばしば担保を過剰にします。つまり、通常、必要な預入数量の比率がステーブルコインの数値よりも高くなるのです。 

ロック済みの暗号通貨の回収を希望する借り手は、ステーブルコインをプロトコルに返して、手数料を支払わなければなりません。 

ステーブルコインの供給量は、その設計のために、ネットワーク内の人物による変更ができません。その代わり、ロック済み資産の市場価格での交換に対応するコントラクトがプログラムされています。

暗号資産担保型ステーブルコインの例として、DAI、Havven、BitUSDなどがあります。

アルゴリズム型ステーブルコイン

アルゴリズム型ステーブルコインは、スマートコントラクトによって安定性を調整する暗号資産です。 

アルゴリズム型ステーブルコインの裏付けとなるソフトウェアは、暗号資産の需要が変動すると、暗号資産の預け入れまたは負債の発行と償還ではなく、プログラムによって暗号通貨の供給量を調整します。 

需要が高い場合、各ステーブルコインの価格が予定のペッグを超え、ソフトウェアは供給量を増やします。それに対して、需要が低下すると供給量が減らされます。 

アルゴリズム型ステーブルコインの例には、AmpleforthYamがあります。

ステーブルコインを利用する理由


ステーブルコインは、価格のボラタリティから保護しつつ、効率性や透明性など従来の暗号資産の利点のすべてを提供することから、ユーザーはステーブルコインの購入に興味を抱くことでしょう。 

さらに、他の暗号資産と同様にボーダーレスでプログラム可能なうえ、低コストで簡単に移動でき、伝統的な金融機関の価値ある代替手段になります。 

クラーケンのユーザーは、サポート対象のステーブルコインであるDAIUSDTをアカウントに迅速に移動して、他の暗号資産と交換することができます。 


有用なリソース

ステーブルコインの裏付けとなるテクノロジーについて知りたいですか?クラーケンの学習センターの「ブロックチェーン技術とは?」ページに進んで、詳細をご確認ください。 


各種暗号資産の詳細に関心がある方は、クラーケンの「暗号資産の種類」ページをご確認ください。

暗号資産を購入してみる


それでは次のステップに進み、暗号資産を購入してみましょう。