Kraken

Acalaとは?(ACA)

Acala(ACA)の概要

 

  • AcalaはPolkadotのために構築されたクロスチェーンDeFiネットワークであり、流動性ハブです。
  • AMMスタイルのDEXとともに、Acalaエコシステムには、ステーブルコインネットワークと流動性ステーキングプロトコルが組み込まれています。
  • ACAはAcalaネットワークのネイティブトークンで、取引手数料の決済に使用されます。また、ガバナンストークンとしても、担保資産に伴う突然の価格下落のためのコンティンジェンシーソリューションとしても使用されます。
  • Acalaの取引手数料はACAに加えて他の多数のトークンでも決済できます。 
     

 

Acalaはイーサリアム互換のスマートコントラクトプラットフォームで、分散型金融(DeFi)ネットワークとPolkadot(DOT)用流動性ハブが組み込まれています。Acalaのインフラストラクチャには、ステーブルコインネットラークと流動性ステーキングプラットフォームが組み込まれています。

Acalaのステーブルコインネットワークは、Polkadot上の分散型金融(DeFi)用ビルディングブロックとして機能します。クロスチェーンプロトコルは、リレーチェーンと呼ばれるPolkadotの共有セキュリティレイヤーを利用する一方、Polkadotに接続するパラチェーンと呼ばれるブロックチェーンにまたがる送付をユーザーが見積もれるようにします。 

Acalaエコシステムには、自動マーケットモデルで動く分散型取引所(DEX)が含まれます。これにより、ユーザーはDOTトークンをステークしてLDOTに替えることができます。次に、LDOTは投資やレンディングに、またはPolkadotネイティブの分散型アルゴリズムステーブルコインAcala Dollar(aUSD)への担保に使用できます。

Polkadotエコシステムの新機能は、展開前にPolkadotのいわゆる「キャナリーネットワーク」であるKusamaで機能を証明できますが、AcalaのテストネットワークKaruraではAcalaがこの場合のPolkadotに相当します。Karuraは、2021年夏のパラチェーンスロットオークションのプロセスで、Kusamaでパラチェーンの安全を確保する最初のプロジェクトでした。

ACAはAcalaのネイティブユーティリティートークンで、スマートコントラクト実行の原動力となり、保有者にネットワーク開発への投票権をもたらします。 
 

 

what is acala aca


Acala(ACA)の開発者とは?

Acalaは、2019年にLaminarとPolkawalletの間の協力アレンジメントとして開始されました。コンソーシアムが形成され、Polkadotエコシステムのクロスチェーン財務基盤を作り出しました。Acalaチームは、共同創始者であるフーヤオ・ジアン、ルイタオ・スー、ベッテ・チェン、ブリアン・チェンに率いられています。 

2021年9月、この会社はイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を実施し、6,100万ドルを調達しました。2022年1月のローンチ時、こうした資金がオンチェーンのAcalaトレジャリーに送付されます。 

Acalaは、Polkadotの最初のパラチェーンスロットオークションで勝利を収める意図のもと、クラウドローンモデルを利用して初期運用資金をまかなっています。パラチェーンスロットオークションでは、ブロックチェーンのスタートアップが、Polkadotでローンチして運用する権限を得るための入札で競いあっています。 

2021年11月、Acalaは、8万1,000人の参加者が7日間で提供した3,200万DOTで、そのパラチェーンを確保しました。Acalaネットワークのジェネシスブロックは、2021年12月18日にローンチされました。 

「Acalaの仕組みは?」


Acalaは、DEX、ステーブルコイン、および流動性ステーキングプロトコルを提供します。Acalaは、Polkadot用のEthereum Virtual Machine(EVM)互換分散型金融ハブとして、DOTベースのデリバティブに加えてEthereumネットワーク上の資産とDAppへのアクセスも提供します。 

このネットワーク通貨は、自動マーケットメイカー(AMM)ベースの分散型取引所、およびPolkadotネットワークに安定性と流動性を提供するために開発された2つのプロトコルで構成されています。それがHonzonとHomaです。
 

Honzon


Honzonはステーブルコインプロトコルです。Honzonが動かすステーブルコインaUSDはドルペッグで、担保付き債務ポジション(CDP)のシステムを通じて暗号資産によって裏付けられます。CDPは、MakerDAOとそのステーブルコインDAIによって、分散型の仕組みで暗号資産の価格安定性を維持する方法として最初に広められました。Honzonへの担保の提供は、DOT、またはビットコイン(BTC)イーサ(ETH)のようなブリッジされた資産で行うことができます。 

Honzonの強化された安全性と安定性は、’Off-Chain Worker’として知られる自動スケージュールサービスによって提供されます。Off-Chain Workerはポジションを監視し、流動性のリスクがある場合は自動的にクローズします。 


Homa


Homaプロトコルは、アルゴリズムで調整するステーキング戦略を通して、流動性を確保します。Acala Swap上にステーキングプールを確立することで、Homaはステークした資産をトークン化します。 

Acala Swap内で、LDOTがステーク済みDOTと交換され、Polkadotに接続されている全チェーンを通じて流動性を保ち、取引を可能にします。保有者はLDOTをいつでも払い戻してDOTに替えることができます。 


なぜACAに価値があるのですか?

ACAは、Acalaエコシステムのネイティブトークンです。ACAの主な機能には、取引手数料の決済とネットワークのガバナンスが含まれます。 

ACAの保有者は、ネットワークのアップグレードや、負債限度などのリスクパラメーターの調整を提案できます。提案の承認または不承認は、選出されたオンチェーンのゼネラルカウンセルが最終判断します。

また、ACAは担保資産の突然の価格崩壊に対するコンティンジェンシーソリューションとしても使用されます。万一、担保割れのCDPが原因でこうした資産の突然の価格下落が生じた場合、ACAトークンは自動的に希薄化され、資本再編成のために売却されます。


ACAを購入する理由

Acalaは、Polkadotネットワーク上のあらゆるチェーンを通じて金融活動を動かすためのDeFiインフラストラクチャプロトコルとしては初のものです。ACAトークンは、それが動かしているブロックチェーンのステークと同額になります。 

また、ACAの購入を考えている投資家にとっては、低いガス代も興味を引く点かもしれません。Acalaネットワークの独特の特徴として、競合するネットワークの費用の数分の1で取引を決済できる一方、ガス代をBTC、ETH、USDT、DOTなど、ACA以外のトークンで支払うこともできます

Acala(ACA)を購入してみる


次のステップに進む用意はできましたか?Acala(ACA)の購入を進めたい方は下のボタンをクリックしてください。