Kraken

Cartesiとは?(CTSI)

CTSI Cryptoについて


Cartesiは、複数のブロックチェーンを横断して分散型アプリケーション(dApp)の開発を促進する、レイヤー2の拡張性ソリューションです。
 
導入が増えているため、ネットワーク輻輳と高額な取引手数料を招く、拡張性の課題に直面してるブロックチェーンがあります。rollupsやサイドチェーンといった、広く活用されているレイヤー2ソリューションを組み込んでいるだけでなく、Cartesiは、以下のようないくつかの方法でブロックチェーンの拡張の問題に対処しています。

  1. ブロックチェーンに依存しない - CartesiのDApps構築プラットフォームは、イーサリアムInjective Protocolなどの複数のブロックチェーンを横断して使用することができます。
  2. ハイブリッドモデルで構築されている - Cartesiはオンチェーンとオフチェーンの両方のコンポーネントを組み込んで、dApp開発者に柔軟性をもたらしています。

Cartesiは、開発者が、Pythonのようなすでに熟知しているプログラミング言語でスマートコントラクトを書けるようにすることを特徴としています。

Cartesi暗号資産(CTSI crypto)は、Cartesiプルーフ・オブ・ステークネットワークを支えている多目的トークンです。Cartesi暗号資産は主として、システムの正直さに関わっているCartesiノードオペレーターへのインセンティブ付与、ならびにシステム内での取引手数料ステーキングと支払いに使用されています。
 
Cartesiの最新情報を知るには、開発チームのブログをご覧ください。
 

cartesi ctsi crypto


Created Cartesiとは何ですか?

Cartesiは2018年に、アウグスト・テイシェイラ、エリック・デ・モウラ、ディエゴ・ネハブおよびコリン・スティールによって設立されました。当初は管理者不要の人工知能マーケットプレイスとして構想されていましたが、ブロックチェーンの安定性とインフラストラクチャの制約といった課題を解決することを目指したレイヤー2プロジェクトへと発展しました。I

プロジェクトの4人のリーダーは、ソフトウェア開発とスタートアップの両方での経験があります。デ・モウラがCartesiのCEOを務めています。

2020年4月、1億個のCTSIトークンが、150万ドルを調達したイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の一環として販売に出されました。

Cartesi Workの仕組み


Cartesiは、オンチェーンの取引とオフチェーンの計算で構成されたハイブリッドシステムを実行することで、ブロックチェーンテクノロジーに対するソフトウェア開発フローを簡略化しています。

Cartesi MachineとNoether 

たくさんのリソースを使う計算とメインブロックチェーン上に保存されているデータの量を減らすために、Cartesiはいくつかのオフチェーンコンポーネントに依存しています。 

Cartesi Machineは、Cartesiノードで実行されるLinuxベースの仮想マシンで、ブロックチェーンに計算結果を送る前に、dApp計算を行います。 Linux環境で運用することにより、広く使用されているプログラム言語にdAppsを書き込むことが可能になります。 

CartesiのNoetherは、データ利用オラクルとして機能するサイドチェーンです。Noetherは、短期間しか必要とされないデータを一時的に記録および保存することができます。短い時間しか必要とされなかったデータを廃棄することにより、ブロックチェーン上で長期にわたってスペースを節約し、効率性を向上させることができます。

オンチェーンのコンポーネント

Cartesi Machineおよび関連のdAppsの状態は、ブロックチェーン上の暗号学的ハッシュによって示されます。このハッシュの情報には、すべてのオフチェーンdApp機能の開始時の状態と終了時の状態が含まれており、これによって、オフチェーンネットワークでもネットワークが正直で、透明性のある状態に維持させることができます。

ブロックチェーンを使った通信は、オフチェーンの取引を実行し、メインのブロックチェーンに取引データを提供する拡張ソリューションであるoptimistic rollupのCartesi用変形版を使うことで可能になります。この方法によって、DAppsを分散した、確認可能な状態に保つというCartesiの目的を維持しながら、ネットワークの拡張性を向上させることが可能になります。


「なぜCTSIに価値があるのでしょうか?」

CTSIは、Cartesiネットワークを支える暗号資産で、Cartesiのプルーフ・オブ・ステークコンセンサスシステムでストーキングすることができます。ステーキングを行うことで、トークン保有者は、ネットワークのセキュリティへの協力によるリワードを得ることができます。CSTIは、Noether側のチェーンとインタラクションしているときには手数料の支払いにも使用されます。 

CTSIトークンも、dAppsが正しく実行されていることを保証して、悪意のある人物を事前に防ぎ、結果的にCartesiネットワークを安全な状態に保ちます。
 
他の多くの暗号資産と同じように、CTSIは総供給量の上限が定められており、CTSIトークンの数は常にちょうど10億個とされています。


CTSI Cryptoを利用する理由

ブロックチェーンスペースは急速に成長しているため、導入自体が成長を制限する場合があります。成功するためには、イーサリアムのようなレイヤー1のブロックチェーンは、ユーザーの導入が増えるなかで、ネットワークを効率的に維持する方法を見つける必要があります。
 
Cartesiは、斬新なアプローチを行っている、レイヤー2の拡張性の高いソリューションです。CartesiはdAppの開発を効率化し、dAppsが分散化を維持しながら、より効率的に実行されるようにします。
 
CTSIは、拡張に対するCartesiの多様なアプローチに欠かせない要素です。暗号資産ユーザーは、ノードを実行してネットワークに参加すること、ステーキングによるリワードの獲得、dAppsのデザインおよびそれへの参加を実現するために、あるいは単にCartesiプラットフォームに価値を見出しているという理由で、CTSIトークンの入手に興味を抱いているかもしれません。

CTSI cryptoを購入してみる


それでは次のステップに進み、CTSIを購入してみましょう。