Kraken

Celoとは何でしょうか?(CELO)

初心者ガイド


Celoは、モバイルユーザーをターゲットとし、暗号資産のグローバルな支払いインフラストラクチャーとして機能するプラットフォームです。 

そのために、Celoは、全世界の電話番号間で送付と受け取りを行う能力により、世界中の誰でも金融活動にアクセスできるようにすることを目標としています。

基本的な支払いに加えて、ブロックチェーン上での分散型アプリケーションの開発もサポートできます。これまで、こうしたDAppsには、コミュニティの普遍的な基礎収入スキームに加えて、社会的な動機のためのクラウドファンディングプラットフォームへの貢献を可能にするものも含まれていました。 

ブロックチェーン上の動作実行のための中心として、Celoは2種のネイティブトークンを運用します。CELOは、プロトコル変更に投票するためのガバナンスアセットであり、CELO Dollars(cUSD)は、米ドルの価値を反映するステーブルコインです。 

プロジェクトの現在の開発ステータスと、プロジェクトに組み込まれているDAppsを常に把握しておきたいユーザーは、公式Celoブログをフォローすれば、最新の詳細情報を確認できます。

what is celo


「Celo暗号資産の創始者は誰でしょうか?」

Celoは2017年にレン・レンスバーグとマリク・オルゼウスキによって共同設立されました。2人は、MIT教授兼Google幹部であるセップ・カンバーとともに、ウェブホスティング企業GoDaddy社の幹部でした。 

2018年から2020年の間、Celoは非公開と公開の両方のトークン販売で約1億2000万CELOのトークンを販売し、4,650万ドル以上の資金を調達しました。主な投資家には、ベンチャーキャピタル企業a16z Crypto社、General Catalyst社、Social Capital社などがあります。

「Celoはどのように働きますか?」


Celoネットワークは、そのプラットフォームの動作のため3種のコントリビューターに依存しています。 

  • ライトクライアント- Celoのモバイルウォレットなど、ユーザーのモバイルデバイス上で動作するCeloネットワークアプリケーションです。
  • バリデータ・ノード-Celoのコンセンサスメカニズムに参加し、トランザクションを検証し、新しいブロックを作成するコンピューターです。
  • フル・ノード-バリデータ・ノードとモバイルウォレット間のブリッジとして機能し、ライトクライアントからのリクエストを取得して、トランザクションをバリデータ・ノードに転送するコンピュータ-です。

Celoのシステムでは、CELOトークンの保有者がバリデータ・ノードに投票する必要があります。 

Byzantine Fault Tolerance(BFT)

Celoの中心は、コンピューターの分散ネットワークの同期を保つByzantine Fault Tolerance(BFT)と呼ばれる、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)ガバナンスメカニズムです。

バリデータ・ノードがブロックチェーンを動作させて変更に投票するには、まず少なくとも10,000CELOのトークンをステークする必要があります。つまり、CELO保有ユーザーは全員がネットワークの運用を支援できます。 

現在、一度に存在できるバリデータ・ノードは100個だけで、投票はすべてのノードによって大名われ、各ノードのトランザクションの検証に対して、ブロック報酬の一部が与えられます。
すべてのノードが、ライトクライアントが支払う手数料から報酬を受けます。

cUSD

Celoの重要な特徴は、暗号取引の効率性と透明性を提供するcUSDなどのステーブルコインを運用し、こうした資産のボラティリティを低くする能力です。 

Celoは、プログラム予約と呼ばれる、CELOをはじめBitcoin(BTC)Ethereum(ETH)といった他の暗号資産で構成される過重担保リザーブを使用して、各cUSDの値が1米ドルになるよう自動的に保証します。 つまり、cUSDはCELOの等価価値で販売でき、その逆も可能です。

今後は、CELOの保有者が、ユーロや円などの他の国の通貨の価値を反映したスタブコインの作成を提案し、投票することを計画しています。 


なぜCELOに価値があるのですか?

CELO暗号資産は、Celoプラットフォームの維持と運用において重要な役割を果たし、送付、受取、保持、およびステーキングに使用できます。 

ユーザーは、CELOトークンを所有してステークすることでネットワークのアップグレードに投票することができます。各投票は、保有するCELO暗号資産の量に比例します。参加者は、ネットワークから報酬を得ることができます。 

他の多くの暗号資産と同様に、CELOトークンの供給量は制限されており、ソフトウェアの規則によれば、10億CELOに過ぎません。
 


「なぜCELOを使うのでしょうか?」

ユーザーは、スマートフォンなどのユビキタス技術を通してより多くのユーザーにアクセスできるネットワークの機能によって、CELOに魅力を感じるかもしれません。 

また、携帯電話用に構築された支払いインフラの将来を信じる投資家が、CELOを購入してポートフォリオに追加することがあるかもしれません。

暗号資産を購入してみる


クラーケンではまだCELOを提供していませんが、ここ で弊社の全セレクションをチェックして、アカウント登録を行ってください。