Kraken

Elrondとは何でしょうか?(EGLD)

初心者ガイド


Elrond 、スケーラビリティと低い取引手数料を優先するスマートコントラクトプラットフォームを実行するために、コンピューターの分散ネットワークへの動機付けをするソフトウェアです。

Elrondはこのようにして、EthereumZilliqaなどの主要なブロックチェーンと競争できる設計とされており、分散型アプリケーションや暗号資産のエコシステムの成長を目指しています。

そのため、Elrondは2種の独自の機能を使用します。

  • アダプティブ・ステート・シャーディング- Elrondインフラストラクチャーを分割して、より多くのトランザクションとプログラムをサポートするプロセスです。
  • セキュア・プルーフ・オブ・ステーク(SPoS)-個別のネットワークコンポーネントを共通の明細に同期するために策定されたコンセンサスメカニズムです。

さらに、開発者はElrondの統合開発環境(IDE)を使用して、商品やサービスをプラットフォーム上で複製するカスタマイズ可能なプログラムを作成し起動します。

Elrondでは、ネイティブ暗号資産のEGLDコインを使用します。これは、アプリケーションとの対話、トランザクションの送信、ネットワークをサポートするアクターの動機付けに使用されます。

チームから定期的に最新情報を入手するには、技術的または経済的に関心のあるユーザー向けにカテゴライズされた更新をリリースするElrondブログをご覧ください。
 

what is elrond egld


Elrond EGLDコインの創始者は誰でしょうか?

Elrondは、2017年にルシアン・トデア、ベニアミンとルシアンのミンク兄弟によって設立され、マルタに本社を置くプロジェクト拡張専任のElrond Network社が支援しています。

2019年6月、このプロジェクトは非公開投資ラウンドを実施し、数人のエンジェル投資家から190万ドルの資金を集めました。同じ月に、Elrondは、トークン供給総額の25%を交換するIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)を実施しました。

当時、Elrondは暗号資産をERDコインとして配布していましたが、2020年7月にプロジェクトがメインネットを立ち上げた後は、暗号資産をEGLDコインに変更しました。次に、投資家がERDをElrondの新しいEGLD暗号資産に交換できる一時的なイベントが開催されました。

「Elrondはどのように機能しますか?」


Elrondネットワークは、スマートコントラクト、取引決済、トークン発行など、他の暗号資産ネットワークに共通する多くの機能を提供します。

開発者は、プログラミング言語(Rust、C、C++など)を使用してカスタムプログラミングロジック(スマートコントラクト)を実行し、新しいプログラム(分散型アプリケーション)を設計して、各種の製品やサービスを提供できます。

Elrond独特の特徴は、シャーディングとプルーフ・オブ・ステーク(PoS)の設計バリエーションです。これが1秒あたり約12,500回のトランザクション処理に役立ちます。

シャーディング

シャーディングは、ネットワークを断片(シャード)に分割することで機能します。ノードはネットワークのトランザクションの断片のみを処理します。この手法は、ZilliqaやPolkadotなどの競合するブロックチェーンにも実装されています。

Elrondのトランザクション処理メカニズムは「Adaptive State Sharding」と呼ばれ、ノードはトランザクション検証のためサブセットに分割されます。トランザクションが処理されると、シャードは決済が行われるメタチェーン(Elrondの中央ブロックチェーン)にブロードキャストします。

注意すべきことは、各シャードでトランザクションを検証するノードの3分の1は、各シャードのバリデータの結託を防止する目的で、24時間ごとに新しいシャードに入れ替えられます。

セキュア・プルーフ・オブ・ステーク(SPoS)

Elrondの中心は、ブロックチェーンを実行中のコンピュータの分散型ネットワークの同期を維持するプルーフ・オブ・ステーク(PoS)ガバナンスメカニズムであるセキュア・プルーフ・オブ・ステーク(SPoS)です。

SPoSは、従来のPoSと同様に、ネットワークのセキュリティを確保し、トランザクションを検証し、新規作成したEGLDコインを配布するためにElrondソフトウェアを実行中のコンピューターで使用されます。

しかし、Elrondのネットワークは単一のチェーンではなくシャードで構成されるため、SPoSのコンセンサスメカニズムを使用して検証ノードを選択し、ネットワーク全体ではなくシャード内でブロックを生成します。

最終的な決済に到達するため、バリデータはブロック作成者の作業をチェックし、ネットワーク内の他のシャードと同期する必要があります。複数の取引がElrondロックチェーンに正常に付加されると、これらのコントリビュータはEGLDトークンで報酬を獲得します。


なぜEGLDに価値があるのですか?

Elrondの暗号資産EGLDは、ネットワークの維持に重要な役割を果たし、送付、ネットワークコントリビューターへの報酬の支払い、スマートコントラクトの実行に使用できます。

EGLDを所有してステークすることで、ユーザーは、ネットワークのアップグレードへの投票権を獲得し、ステークした金額に比例した報酬として新たにミントしたEGLが与えられます。

Elrondは、スマートコントラクトの作成者に「スマートコントラクトロイヤルティ」と呼ぶ形で、取引料金の30%を提供します。また、特別イベント、バウンティプロジェクト、ネットワーク開発などへのコミュニティ参加者への報酬として、全取引手数料の10%を抽出しています。

多くの暗号資産と同様に、EGLDの供給量は制限されているため、ソフトウェアのルールによれば、最大2,000万EGLDしか存在しません。


「なぜEGLDを使うのでしょうか?」

ユーザーは、分散型アプリケーション用のスケーラブルなプラットフォームを構築しようとしているElrondに魅力を感じることでしょう。

さらに、開発者は、導入したアプリケーション内で取引手数料のシェアを高めることができるという点でこのプラットフォームに魅力を感じるでしょう。

また、市場でスケーラブルなアプリケーションプラットフォームが好まれると考える投資家は、EGLDを購入してポートフォリオに加えようとするかもしれません。

暗号資産を購入してみる


クラーケンではまだEGLDを提供していませんが、ここ で弊社の全セレクションをチェックして、アカウント登録を行ってください。