Kraken

イーサリアムクラシック(ETC)とは(ETC)

初心者ガイド


イーサリアムクラシック(ETC)は歴史上前例のない暗号資産として突然登場し、ブロックチェーンの立ち上げ、変更、アップグレードについての考え方を変えました。

イーサリアムクラシックが 2016 年に登場するまでは、開発者が新しい暗号通貨をリリースする時は、既存の暗号通貨ソフトウェア(通常は Bitcoin)をコピーして変更を加えるか、新しいソフトウェアを最初から作成するのが一般的でした。イーサリアムクラシックはそのどちらにも当てはまりません。 

イーサリアムクラシックが生まれたのは、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンのあるユーザーグループが、プロジェクト開発者が推奨する新しいコードにアップグレードしないと決めたときです。 

問題とされた理由は、そのコードがイーサリアムのトランザクション履歴を編集し、人気のアプリケーション(The DAO)が不正アクセスされた際に資金を失った個人にイーサを返還するようになっていたことです。

イーサリアムユーザーの大半は、ソフトウェアをアップグレードすることを選びました(結果新しいブロックチェーンがイーサリアムの名前を継承することになりました)。

しかし、少数のユーザーが、盗難の記録を残しながら旧バージョンのイーサリアムソフトウェアをそのまま使い続けたのです。このコードを実行し続けることで、ユーザーは新しい暗号資産を効率的に作成できました。 

イーサリアムのこのソフトウェアバージョンは、現在イーサリアムクラシックとして動作しています。

What is Ethereum Classic?


誰がイーサリアムクラシックを作ったのですか?

イーサリアムクラシック(ETC)の開発者は厳密には不明です。

開発者で、従来のイーサリアムを継続して使用するという決定に最も深く関与した人物は、多数のユーザーにこの概念を提供したとされるArvicco(本名不明)です。

しかし、イーサリアムクラシックはコードの多くがオリジナルのイーサリアム開発チームの作成によるものであることから、プロジェクト創始者であるロシア系カナダ人ヴィタリク・ブテリンとその同僚がイーサリアムクラシックの技術革新の多くを担当していると言えます。

ブテリンの目標は、イーサリアムで暗号資産に可能なユースケースを金銭以外の用途まで拡大することでした。 

イーサリアムを使うことで、開発者はブロックチェーン上で機能する新しい暗号資産や分散型アプリケーションを開発できます。イーサリアムクラシックは、このビジョンを持ち続けています。一方、その開発者たちは、投票によってさまざまな技術的決定を行うことで、このビジョンを追い求めてきました。

イーサリアムクラシックはなぜフォーク(分離)したのですか?


最も単純な答えは、イーサリアムユーザー間に理念についての論争があったために、イーサリアムクラシックのフォークが生じたということです。 

ブロックチェーンの主な特徴として、「不変性」、つまりブロックチェーンの履歴に追加されたトランザクションをどのユーザーも変更できないことがあります。

イーサリアムクラシックユーザは、The DAO 事件の後イーサリアムの開発者が提案したコードを、ソフトウェアの重要な保証機能に反するものと考えました。プロジェクトの開発者は、そのコードをどちらかと言えばベータソフトウェアの一時的な修正と考えていました。


DAO とは何ですか?

DAO(分散自律型組織)はDAppsであり、イーサリアムの新興プロジェクトのための資金調達手段の役割を果たします。 

従来の資金調達手段とは異なり、DAO を構成しているのはコードのみです。リーダーは存在せず、組織はオープンな投票によって運営されます。DAO にイーサを投資すると、支援するプロジェクトに投票を行い、イーサを提供して支援することができます。

DAO に興味があって投資したいときは、イーサを The DAO の暗号通貨(DAO)と交換することができます。また、資金はいつでも回収できます。分散型資金調達アプリケーションならではの、既存の事業組織にはない特徴です。

The DAO 事件とは


2016 年 6 月、The DAO はそれまでに調達したイーサ約 1 億 5,000 万ドルを脅かす可能性のあるセキュリティ上の問題を公式に認めました。安全を保証されていたはずの資産が口座から流出してしまったのです。 

資金を詐取した個人あるいはグループは不明で、その動機はイーサリアムユーザーとイーサリアムクラシックユーザーの間で今も議論を呼んでいます。 

攻撃者はコードのバグを悪用して、DAO トークンを繰り返し引き出し、最初に投資した以上のトークンを無限に回収できるようにしていました。コードの仕様上、開発者はユーザーなら誰でもこうしたことが行えるようにしておかざるを得なかったのです。

最終的には、The DAO が保有していた資金の約 3 分の 1 が奪われ、コミュニティ内ではイーサリアムの開発者がどのように対応すべきか、あるいはそもそも対応すべきなのかという活発な議論が起きました。


「イーサリアムクラシックがフォークした経緯は?」

難しい選択に直面したイーサリアムの開発者は、The DAOへの攻撃を考えた場合、プロジェクトをどう進めるべきかユーザーに問いかけようとしました。 

これは、イーサリアムの開発者が資金の損失を取り戻すため最終的にパッチをあてた代替ソフトウェアを作ることを意味します。コードを公開すれば、ユーザーはパッチを拒否することもできるので、それがユーザーに意思決定を依頼する適切なやり方だとイーサリアムの開発者は思ったのです。

このコードはイーサリアムの取引履歴に直接影響するため、旧ソフトウェアを使い続けることを選択したユーザーは全員、切り離されたブロックチェーンで取引を継続することになります。 

数日間、こうした分離は避けられそうに見えました。その後、開発者の新しいグループが古いイーサリアムコードの保守を開始しました。これは、ブロックチェーンを保護し、新たに作られた暗号通貨を収集するために、コンピューターの計算能力を投入するよう採掘者(マイナー)に促す動きでした。

イーサリアムとイーサリアムクラシックはどう違うのですか?


イーサリアムとイーサリアムクラシックは、もともと同じコードをベースにしていましたが、イーサリアムクラシックはその後、別の技術を使うようになりました。

おそらく最大の相違点は、イーサリアムクラシックコミュニティではプルーフ・オブ・ワーク(PoW)マイニング(ビットコインが開発したシステム)を引き続き使用して、ブロックチェーンの安全性を保っていることです。 

2020 年時点で、イーサリアムもプルーフオブワークを使っていますが、開発者たちは最終的には別の形式にソフトウェアを切り替えることを計画しています。

また、イーサリアムクラシックには流通量の上限が設定されていることにも注意が必要です。発行できる総数は 2 億 3,000 万 ETC に制限され、希少性が価値につながっています。

 


イーサリアムクラシックを使う理由とは?

イーサリアムクラシックは発行上限が固定されているため、支持者たちは旧イーサが(Bitcoin のように)資産の貯蔵手段になると信じています。時とともに増すETCトークンの希少性があてにできると考える投資家なら、これは興味を感じる点かもしれません。 

イーサリアムクラシックのネットワーク自体は、イーサリアムと同様に、分散型アプリケーションの開発と実行に使用できます。現時点では、利用可能なDAppsはわずかしかありませんが、その数は増加する可能性があります。 

イーサリアムクラシックのイーサリアムとの互換性が高いことを考えれば、コミュニティではこの2つのブロックチェーンの一種の共生型コラボレーションに大きな期待が寄せられています。

始める


それでは次のステップに進み、ETCを購入してみましょう。