Kraken

Gnosisとは何でしょうか?(GNO)

Gnosisの概要

  • GnoisisDAOは、Ethereumエコシステム用の分散型インフラストラクチャを構築します。
  • Gnosisは、DAO(分散自律型組織)として、作成した製品を使用して、エコシステムの開発、サポート、ガバナンスに関する決定を導きます。
  • GNOは、Gnosisエコシステムのネイティブトークンです。これは、Gnosisビーコンチェーンのステーキングに使用され、GnoisSisDAOのガバナンストークンとして機能します。

Gnosisは、分散型予測市場として2015年に初めて発売されたブロックチェーンインフラプロバイダーです。チームは当初、Augurに類似したブロックチェーンプラットフォームの提供を計画していましたが、まもなくEthereumエコシステムの実用性を拡張するためのインフラストラクチャツールを作成する必要性が高まっていることに気づきました。

中核となる開発チームは、これを実現することによって必要なツールを構築できました。Safe(マルチシグおよびプログラマブルアカウント)、CoWプロトコル(以前のCowSwapおよびGnosisプロトコル)、条件付きトークン(予測市場)、GnosisオークションおよびZodiac(合成可能なDAOの標準およびツール)はすべて、Gnosisによって発展する製品です。
2020年後半に、GnosisはDAO(分散自律型組織)への変革計画を発表しました。

1年後の2021年、xDAIおよびGnoisisDAOコミュニティは、そのエコシステムを組み合わせて、Ethereumブロックチェーンのスケーリングの課題の多くに対処することを目的としたGnosis Chainを新規に作ることについて投票しました。Gnosis Chainは、安定したトランザクションに対応する実行レイヤーのEVM(Ethereum Virtual Machine)チェーンです。xDAIトークンを使用し、幅広いプロジェクトとユーザーのグループを含みます。

Orchidの創始者は誰でしょうか?

Gnosisはマーティン・ケッペルマンとステファン・ジョージが創設し、ケッペルマンがCEOとしてプロジェクトを率い、ジョージがCTOの役職に就きました。予測市場プラットフォームとして最初に発売されたGnosisは、Ethereum Considator Sysがサポートする最初のプロジェクトの1つです。
Gnosisの開始前に、ケッペルマンは、さまざまなスケーラビリティソリューションとコンセンサスメカニズムの経済的インセンティブ構造を調査し、ブロックチェーンを使用して、普遍的ベーシックインカムの概念を強化しました。後者に向けた努力の結果、金融政策として基本的な収入を管理する、Ethereum上に構築された暗号トークンCirclesが生まれました。
ジョージは、Gnosisとの仕事の前に、一元化されたBitcoin予測市場fairlay.comを設立しました。 
Gnosisは、2017年にGNO暗号資産の初期コイン提供(ICO)で250,000ETH(当時のレートで約1.250万米ドル)を集めました。ICOは硬貨の4%すなわち最大1,000万ETHを循環に供給することを発表しました。

Gnosisエコシステムはどのように機能しますか?


Gnosisエコシステムには、Ethereumのユーティリティの改善に役立つコンポーネントがいくつかあります。


CoWプロトコル
CoWプロトコルは許可が不要の分散型取引所(DEX)で、ユーザーはEthereumが開発した代替可能トークン標準であるERC-20トークンを別のトークンと交換できます。

CoWプロトコルを独特なものにしているものは、このプロトコルがプラットフォーム上で取引を組み合わせて決済している方法です。 
CoWプロトコルは、ユーザーが取引のための流動性を他の人に提供する自動マーケットメーカーシステムを使用するのではなく、マルチトークンのバッチオークションや最適価格で決済取引を利用している買い手と売り手を組み合わせます。
バッチオークションは、5分ごとに売買注文をまとめることで機能します。その後、他のユーザーが、取引のバッチに対する最良の注文決済を提供する競争を行うこともできます。これは“解決”と呼ばれ、プロトコル上でこれを行うすべての人が“ソルバー”と呼ばれます。
解決によって、トレーダーは、マイナーが通常のブロック報酬とガス料金を超えて、ブロック生成の結果として受領できる最大値であるマイナー抽出可能値(MEV)に対して保護されます。

注文の各バッチにはDAI/USDC、LINK/WETH、GNO/USDTなどの各種トークンが含まれている可能性が高いため、リング取引と呼ばれる方法を使用して、それらを解決します。つまり、同一の取引ペアに基づいて取引をクリアするのではなく、バッチ内のどの注文からでも流動性を調達して取引を完了できるということです。


Safe
Safe(旧Gnosis Safe)は、企業や個人に適したカスタマイズ可能なマルチシグネチャウォレットインフラストラクチャです。これはEthereumのスマート契約ウォレットであり、トランザクションの実行には事前に指定された最小承認数が必要です。 
たとえば、4人の主要な利害関係者が居る企業は、送付前に取引を承認するために最低3人の利害関係者を必要とするウォレットを設定できます。
これによってユーザーのセキュリティレベルが向上します。つまり、利害関係者のウォレット用の秘密鍵が1つ失われたり侵害されたりした場合、資金は危険にさらされず、残りの関係者が回収できます。 

Safeは、Ether(ETH)、ERC-20トークン、ERC-721(NFT)をサポートしており、複数のDeFiプラットフォームと対話できます。

Gnosis ChainとGnosis Beacon Chain
Gnosis Chainは、関連する実行レイヤーのEthereum仮想マシン(EVM)チェーンであり、xDAIステーブルコインを使用してトランザクションを円滑化し、手数料を支払うことができます。ネットワーク自体は、Gnosis Beacon Chain(GBC)と呼ばれるコンセンサスレイヤーによって保護されています。GBCでは、CardanoやSolanaと同様のプルーフ・オブ・ステークシステムを使用しています。このシステムでは、ユーザーがGNOの量をロックしてトランザクション検証プロセスに参加することで、ネットワーク保護に貢献した報酬として追加のGNOトークンを受け取ることができます。


GnosisDAO
GnosisDAOは、2020年後半に形成されたGnosisエコシステムの集団管理者です。 
GnosisDAOは、8年の期間に渡って、数十万枚のETHトークンと数百万枚のGNOトークンを保有しています。


GNOトークンに価値があるのはなぜでしょうか?

GNOには、それに価値を持たせる、Gnosisエコシステムの主な機能が2つあります。

  • ステーキングGnosis Beacon Chainのトランザクション検証プロセスに参加するために、ユーザーは少なくとも1枚のGNOトークンを預託する必要があります。ステーキング報酬は、ネットワーク上でアクティブなバリデータの数によって異なります。
  • ガバナンスGnosisエコシステムの製品と開発のガイドに参加したいユーザーは、まずGNOトークンを購入して保有する必要があります。参加するには、少なくとも1枚のGNOトークンが必要です。しかし、このプロセスは重み付けシステムに関係しており、それによって、ユーザーが保有するGNOトークンが多いほど、投票力が強くなります。

加えて、これら2つの機能が組み合わされることで、暗号資産の投資家は、GNOトークンを二次市場で販売するのではなく保有することを奨励し、市場のボラティリティを下げて、循環での既存のトークンの発行需要を喚起します。

クラーケンの暗号資産ガイド



GNOトークンを購入する理由は何でしょうか?

Ethereumエコシステムが直面する一般的な拡張性の課題の多くを解決することを目的とするブロックチェーンプロトコルに参加しようとしている人は、GNOトークンの購入に関心を持つかもしれません。
トークンの特典を獲得するための追加の方法を探している暗号ユーザーが、GNOの購入と報酬獲得に関心を持つかもしれません。
Gnosisプロジェクトの将来の発展に対して直接の発言権を求める人が、プロジェクトのガバナンスに参加するためにGNOの購入に興味を持つかもしれません。

GNOを購入してみる


下記のボタンをクリックして、クラーケンでGNOを購入しましょう!