Kraken

Golemとは?GNT

初心者ガイド


Golemは、暗号資産の取引によって計算リソースの売買が行えるマーケットをユーザーが運営できるようにするソフトウェアです。

イーサリアムを活用したもっとも古いプロジェクトの1つであるGolemは、買い手と売り手を結びつけ、CGIレンダリング、人工知能および暗号資産マイニングなどを含む、あらゆる種類の計算を行う、ある種のスーパーコンピューターとして構想されています。 


Golemのソフトウェアはこの取引を促進するために構築されており、プロジェクトを実行するリソースのないユーザーと、使っていないリソースを持つユーザーを結びつけます。作業への見返りとして、Golemネットワークにリソースを供給したユーザーには、Golemネイティブの暗号資産であるGNTが付与されます。

この方法で、Golemの開発者は、計算作業を必要とするユーザーを結びつけている、従来のクラウドコンピューティングサービスに取って代わる、ユーザー管理が可能なネットワークを構想しています。 

Golemチームから定期的に最新情報を受け取りたい場合は、Golemブログをブックマークするといいでしょう。このブログには、ネットワークと、その進化し続けるテクノロジーに関するヒントやチュートリアルが掲載されています。

Golemプロジェクトのロードマップについてのより詳しい案内は、プロジェクトのウェブサイト上にある、このセクションをブックマークするといいでしょう。

what is golem gnt


Golemの開発者とは

Golemプラットフォームの運営企業であるGolem Factoryは、2016年にアレクサンドラ・スクシプチャク、アンジェイ・リガルスキ、ジュリアン・ザウィストウスキおよびピョートル ジャニュークが設立しました。 

その年、Golemのチームは供給されるGNTの82%を一般向けに売却し、82万ETH(当時のレートでおよそ860万ドル)を調達しました。 

 

Golem Workはどのように機能しますか?


Golemソフトウェアは要求(リクエスト)を処理し、ネットワークにアクセスしている、さまざまな人々をつなぎ合わせます。

マーケットで計算リソースを求めている誰か(Golemの専門用語では「リクエスター」と呼ばれています)が「タスクテンプレート」と呼ばれるものを使ってリソースを求めると、取引が始まります。

Golemネットワークのアプリケーションの一例として、処理に時間がかかり、計算能力を多く使うことのあるプロセスである、CGIのレンダリングを採り上げてみましょう。クラウドベースのサービスに料金を支払ったり、あるいは自分のマシンがタスクを完了するのを待ったりする代わりに、CGIアーティスはGolemを使って自身のプロセスを完了することができます。 

この場合、Golemはさまざまなプロバイダーから計算リソースを借りて画像をレンダリングし、その後にリクエスターに返却します。 

アーキテクチャ

タスクテンプレートには、Golemネットワークがリクエストを実行するために必要な計算ロジックがすべて入っています。これには、以下についての指示が含まれています。

  1. 実行されるべきソースコード
  2. タスクをサブタスクに分け、異なったノードに送る方法
  3. 結果を確認して最終結果とする方法 

リクエスターはネットワーク用にすでに作成されているタスクテンプレートを使うことも、あるいは自分自身のテンプレートを作成することもできます。リクエスターがリクエストを提出すると、Golemネットワークがプログラムによってリクエストを履行しようとします。

サブタスクが完成すると、確認ステージに送られ、正しく作られていることが保証されます。その後、Golemクライアントがサブタスクを1つのピースへとつなぎ合わせ、それがリクエスターに返送されます。

受け取り後、リクエスターが正しい額のGNTを送って契約を成立させると、プロバイダーへの支払いが自動的に行われます。

評価システム

タスクが完了すると、Golemは評価システムを使い、マーケットプレイスを使った買い手と売り手を評価します

このシステムは、以下の目的で使用されています。

  1. 悪意のあるノードの発見
  2. タスクが正しく割り振られるようにするための評価メトリックの確立

リクエスターの側から見れば、評価システムは、支払いのタイミングが適切かどうか、ならびにプロバイダーが計算したときにタスクにエラーが含まれていることが明らかにされていたかどうかをモニターすることができます。

プロバイダーは、タスクを適切に計算できる能力、および返却時に確認のためのチェックが行われているかどうかで評価されます。 

アプリケーションレジストリと取引フレームワーク

Golemはネットワークにさらに多くの機能を実装し、開発者からのアプリケーション提示に対応し、リクエスターの選べるタスクの数を増やす計画を立てています。

アプリケーションレジストリはスマートフォンのアプリストアと似たような機能を持つ、イーサリアムベースのスマートコントラクトで、これにより、開発者は特定のタスクを専門とするアプリケーションを提示できるようになり、リクエスターはタスクテンプレートなどの自身のニーズに合った適切なツールを見つけられるようになります。

同様に、取引フレームワークは、開発者が自身のアプリケーションのニーズに合っている取引を選べるように支援するものです。このなかには、支払いスキーム、オフチェーンの支払いチャネルおよびソフトウェアのユニット当たりの使用量といったコンポーネントを含めることができます。

イーサリアム上のGolem

Golemプロトコルは、この作業を提供する方法を分割および決定する役割を果たします。このプロセスはクラウドベースのストレージシステムであるSiaと似たような働きをしますが、独自のブロックチェーンを作るわけではありません。Golemチームがイーサリアム上でブロックチェーンを構築する方が良いと考えたからです。 

Golemチームは、当事者間の支払いがブロックチェーン上で決済されるようにするために、イーサリアムでソフトウェアを実行する方法を選びました。さらに、Golemは、デプロイ、タスク実行およびこれらの取引の検証にイーサリアムのコンセンサスメカニズムを利用しています。 

このアイデアには、イーサリアムネットークが最終的にはより拡張性が高まり、そのためより効率的になるほか、マイクロペイメントも処理できるようになってほしいというチームの希望が込められています。

Golemリソースへのアクセスを望む人は、Golem UnlimitedとClay Golemという2つの機能のうちの1つをダウンロードすることができます。 

Clay Golemは、単一のマシンで実行されるソフトウェアで、Golem Unlimitedはマルチノードを設定して使用されます。そのため、Golem Unlimitedは、企業や、未使用のリソースがあるコンピューターをたくさん持っている家庭で使用できるソフトウェアとなっています。
 


なぜGNTに価値があるのでしょうか?

GNT暗号資産は、ソフトウェア内での好ましい支払い形態であるため、ユーティリティからGolemネットワークへと価値を波及させています。 

つまり、リクエスターはGNTを購入および使用して、計算リソースを貸し出す必要があります。それに対して、プロバイダーはGNTを受け取り、所定の計算を行います。 

Golemは、管理者不要の支払いプラットフォームを提供できるという理由で、イーサリアムブロックチェーンを活用し、リクエスターとプロバイダーの間でのGNT取引を処理しています。 

さらに、他の多くの暗号資産と同じように、GNTトークンの供給には制限があります。ソフトウェアのルールによれば、供給量はわずか10億GNTとなるようです。


GNTを利用する理由

Golemの支持者は、Golemがピアツーピアの新しい種類のコンピューティングプラットフォームとなる可能性に魅力を感じているのかもしれません。 

Golemは、開発者、暗号資産マイナー、CGIのプロフェッショナル、あるいはプロジェクトを実行するためにたくさんの計算能力を必要としている人々から注目される可能性があります。

計算能力の売買を望む人を対象とした分散型マーケットプレイスを期待する投資家であれば、GNTを自身のポートフォリオに追加したいと思うかもしれません。

暗号資産を購入してみる


クラーケンではまだGNTを取り扱っていませんが、セレクションの全貌をここ でチェックし、アカウントに登録しましょう。