Kraken

Handshakeとは?(HNS)

初心者ガイド


Handshakeは、ドメイン名所有権分配の新たなシステムを運営し管理するコンピューターの分断型ネットワークにインセンティブを与えることを目指すソフトウェアです。 

多くの方は認識していないかもしれませんが、現在、ウェブサイトアドレスはICANNという非営利団体が管理しています。この団体はドメイン名のドットの後に使用可能な文字の組み合わせ(.com、.org、.net、その他多数)について基準を定めています。

Handshakeは、コンピューティングネットワークが運用するオープンなオークションシステムで、トップレベルドメインの作成と発行における中央管理者の役割をICANNから奪おうとしています。Handshakeは、ICANNが全体像に含まれないために、トップレベルドメインを範囲の制限なく提供できると考えています。 

ICANNのような中央集権的エンティティの代替物を創造することによって得られる重要な副次的作用がもうひとつあります。長い間に、時代遅れとなってしまっている認証局システム(CA)というドメイン管理に関与する企業グループの設立を助ける可能性があります。 

現在のウェブでは、ユーザーが本物のウェブサイトに接続しているかどうかは、CAが判別します。(ブラウザのURLバーに表示されている緑色の南京錠のIconは、CAが動作していることを示します。) 

しかし、現行のシステムの問題点は、エラーによるものも不正操作によるものも含め、CAが本物のウェブサイトの識別に失敗することがあるということです。認証局システムがドメインのリストの維持をICANNに依存していることから、中央集権的管理から生じるエラーの影響を受けることになります。 

Handshakeでは、ユーザーがあるウェブサイトを信頼できるかどうかを示す検証機能がブロックチェーンに移されることから、ウェブ上の最古のリソースの1つを管理する新たな方法が創造される可能性があります。 
 

What is handshake hns


Handshakeの開発者とは?

Handshakeは、暗号資産に深く関係する技術者グループによる産物です。

このグループには、ビットコインのライトニングネットワークの創設に関わったジョセフ・プーンと、初期のビットコインスタートアップPurseのCTOであったクリストファー・"J.J."・フェフリーが含まれています。

Handshakeはこれまで、著名なベンチャーキャピタル企業のそうそうたる顔ぶれから1,020万ドルの投資を集めています。こうした投資家には、Andreesen Horowitz、Draper Associates、およびピーター・ティールのFounders Fundが含まれます。この資金調達ラウンドには、合計67の投資家が参加しました。 

投資家は、HNSの初期供給量13億6,000万枚の7.5%を受け取っています。

Handshakeの立ち上げ

Handshakeの開発者が、HNS暗号資産の価格設定と分配を創造的な手法で行うことによって、HNSによる破壊を一気に進めようとしたことには注意が必要です。 

HNSトークンの約15%を開発者と投資家のために取りのけたあと、チームは初期供給量の残りの68%をオープンソースの開発者にプレゼントしました。 

ドメイン名から利益を得ているあらゆる当事者がこの新しいシステムを採用するにはインセンティブが必要だとHandshakeの開発者たちが判断したため、HMSの残りは、ウェブのトップウェブサイトのオーナーであるICANNとCAに割り当てられました。 

Handshakeは、2020年2月3日に公式にローンチしました。 
 

Handshakeの仕組みは?


簡単に言うと、Handshakeはオークションを通じてウェブサイトアドレスを配信するシステムです。 

Handshakeでは、トップレベルドメイン名のオークションが2週間ごとに開催されます。オークションに参加するためには、ユーザーは、Handshakeの暗号資産HNSで入札しなければなりません。

落札者はVickreyオークションとして知られるフォーマットで、2番目に高い価格を支払います。こうしたオークションはすべて、Handshakeソフトウェアによって自動処理されます。 

Handshakeブロックチェーン

Handshakeブロックチェーンには、ビットコインブロックチェーンとの類似点が複数あります。たとえば、Handshakeソフトウェアを実行中のマイナーは、数学的パズルを解いてHandshakeブロックチェーンにブロックを追加することによって新たにミントされたHNSトークンをアンロックしようと競い合います。 

ビットコインと同じく、新しいブロックは10分ごとにブロックチェーンに追加されます。さらに、これもビットコインと同様に、Handshakeでは発行可能なHNSの供給量が固定されており、20億4,000万枚に制限されています。

Handshakeのマイナーには、マイニング作業10分あたり2,000HNSが支払われます。 

Handshakeドメイン名の新規作成

Handshake名は、オークションで請求する必要があります。使用できるHandshake名はすべて、Handshakeネットワークの立ち上げ後1年以内に入札可能になります。 

Handshake名の新規作成を希望するユーザーは、その名前が使用可能であるか確認してから、オークションを開催するネットワークに特別な取引を送付する必要があります。 

次に、ネットワークのアルゴリズムがオークションの開催日時を決定します。 

Handshake名はさまざまな方法で使用できます。たとえば、あるウェブサイトを指し示すために使用できますが、暗号資産ウォレットのアドレスとしても使用できます。

名前の請求と名前のオークション 

Alexaの測定で最もトラフィックの多いウェブアドレス100,000件は、システム侵害を避けるため、現在のオーナーのためにHandshake上で取りのけられます。 

こうしたウェブサイトのオーナーは、暗号の証拠を発行することにより、Handshake名を請求できます。 

Handshake名取得のメインの方法はオークションです。ユーザーは、大体14日おきに名前に入札できます。入札は非公開で、最高入札額を入れた参加者が落札します。 


なぜHNSに価値があるのか?

Handshakeネットワークの公式通貨はHNSです。そのため、ドメイン名のオークションに参加および既存アドレスの更新料金の支払を希望するユーザーは、HNSを購入する必要があります。 

Handshakeユーザーは希望すればどのようなトップレベルドメインも作成できるため、ドメイン名の供給が急激に増加する可能性があります。新しいトップレベルドメインは、ユーザーの間で人気を獲得する可能性があることから、ドメイン名の需要がさらに増大するかもしれません。 

2020年現在、3億6,600万件以上のドメイン名が、平均コスト10ドルから15ドルで登録済みです。全世界のドメイン名登録市場は年間30億ドルを超える規模だということになります。

そのため、Handshakeのビジネスチャンスは、30億ドル規模のドメイン名登録ビジネスを中断させて、より信頼性の高い代替システムに切り替えることにあります。


HNSを利用する理由

あなたが、インターネットの基本インフラストラクチャは分散型の代替システムによってよりうまく管理できる可能性があると信じるのなら、HNSに関心を持つことでしょう。 

Handshakeのネットワークが幅広く採用される可能性があるとすれば、その暗号資産とドメインの価値が上がる可能性が高いので、投資家やトレーダーの注目を集めるかもしれません。 

暗号資産を購入してみる


クラーケンではまだHNSを提供していませんが、ここ で弊社の全セレクションをチェックして、アカウント登録を行ってください。