Kraken

Hedera Hashgraphとは?(HBAR)

初心者ガイド


Hedera Hashgraphは、誰でもアプリケーションのトランザクションと展開ができる一方で、企業のグループがソフトウェアを監視するプラットフォームとして機能することを目指す暗号資産ネットワークです。 

この目標に向けて、Hederaでは顕著な設計トレードオフを構築して、他のプラットフォームと差別化しています。例えば、ネットワークはHBAR暗号資産の高速トランザクションをサポートしていますが、トランザクション履歴の判定に参加できるのは承認済みノードのみです。

タイムスタンプやトランザクション順序などの主要機能に関与するノード数を制限することで、Hedera Hashgraphでは最終段階に迅速に到達し、後でトランザクションの状態が変化する可能性を軽減できます。

Hederaチームでは、こうしたデータにより意思決定に自信が持てるようになるため、必要な保証が企業にもたらされると言われています。

2020年時点で、アイデアには影響力があったように見受けられ、モデルはLG、IBM、Boeingなど数多くの大手企業の注目を集めることに成功し、ネットワーク内のノードとして活動できるようになりました。 

このプロジェクトに関する詳細情報については、公式ブログをブックマークしておくとよいでしょう。このブログでは、ネットワークと進化し続けるテクノロジーの状況に関する最新情報をご覧いただけます。 

What is hedera hashgraph hbar


Hedera Hashgraphの創始者とは?

Hedera Hashgraphは、コンピュータサイエンティストのLeemon Bairdおよび技術責任者のMance Harmonによって構築されました。2015年、BairdとHarmonはSwirldsという会社を設立しました。

やがて、SwirldsはHederaという組織をスピンアウトして、Hedera Hashgraphに改名し、そのテクノロジーを活用してライブネットワーク「Hedera」を開発し、管理するようになりました。

2018年以降、Hedera HashgraphはSAFT(Simple Agreement for Future Token)を利用して、HBAR暗号資産の売上から1億2,400万ドルの資金を調達しました。 

プライベートネットワークとして始まったHedera Hashgraphですが、徐々に多くのエンティティが組織に参加できるようして、最終的にはパブリックネットワークにする予定です

Hedera Hashgraphの仕組み


Hedera Hashgraphの最も独自的な特徴は、Hashgraph(ハッシュグラフ)と呼ばれるトランザクションをグループ化するためのデータ構造です。これは既存のブロックチェーンよりも多くのトランザクションを処理できると言われています。 

Hashgraphは特許取得済みのアルゴリズムであり、すべてのノードが常に情報を相互伝達しています。当初、これは私的な使用向けに設計されたものでした。 

Hedera Hashgraphは、パブリックネットワークで使用されているアルゴリズムの最初のバージョンです。 

Hashgraphコンセンサスサービス 

分散ネットワーク内のすべてのコンピュータがトランザクション履歴において一致するように、Hedera Hashgraphでは、2種類のノードによるHashgraphコンセンサスメカニズムが使用されています。 

コンセンサスノードはトランザクションの順序と履歴を判定し、ミラーノードはこの情報をネットワーク全体の他の関係者にリレーします。 

Hederaモデルでは、限られた数のノードを使用して履歴を判定することで、トランザクションが後で取り消されないようにしています。ブロックチェーンの状態に関する判定は、ブロックチェーンがコンセンサスを達成する従来の方法とは異なり、誰でも参加できる市場競争のチェーンにブロックの追加を提案するユーザーによって行われます。 

その結果、Hedera Hashgraphでは、パブリックとプライベートの両ブロックチェーンネットワークのメリットが融合された機能を利用できると言われています。 

Hederaガバナンス

Hedera Hashgraphは、Hedera Governing Council(Hedera運営審議会)と呼ばれる団体によって管理されています。この団体は、トランザクションの順序を判定するコンセンサスノードの実行を担っています。 

2020年現在、この審議会はGoogle、IBM、Boeingなど計39のメンバーで構成されています。この審議会の役割は、ソフトウェアの管理、変更に関する投票、資金の適切な割り当て、さまざまな管轄区域におけるネットワークの法的地位の保護です。 

注目すべきは、審議会の在任期間が限られていることです。各メンバーの在任期間は、最長3年連続です。この間、メンバーはネットワークとプラットフォームの決定について平等に投票を行います。 

現在、Governing Councilメンバーがメインネットワークのノードを運営していますが、Hederaチームでは、将来的に、ノードを運用したいと考えている人であれば誰でも参加できるようにする意向です。


なぜHBARに価値があるのか?

HBAR暗号資産は、Hedera Hashgraphネットワークを機能させる目的で使用されます。つまり、トランザクションを実行し、アプリケーションを操作するには、この資産を購入する必要があります。

なお、投資家の方に注意事項があります。HBARトークンの供給量は500億に固定されており、この全体の供給量は、2018年にネットワークが立ち上げられたときに設定されたものです。 

一部のHBARトークンは、「プロキシステーキング」と呼ばれるプロセスを通じて配布されます。このとき、HBAR保有者は、専用のコントラクトで暗号資産をロックして、資金をネットワーク上の承認済みノードの1つに割り当てることができます

HBARを他のノードでステーキングすることで、ユーザーは、Hedera Hashgraphでのトランザクション処理からこれらのコンピュータが受け取るリワードや手数料の一部を獲得することができるようになります。

最後に、HBARの暗号資産を使用して、ネットワークでのトランザクションの手数料を支払います。 


HBARを利用する理由

大手企業がブロックチェーンアプリケーションを構築可能な、安全性と安定性に優れた効率的なプラットフォームを利用できると考える方にとって、Hedera Hashgraphは関心の対象になり得るでしょう。 

しかし、Hederaは、企業の注目を集めるソフトウェア開発を目指しているだけではなく、市場ではイーサリアム(ETH)、Algorand(ALGO)、Ripple(XRP)などと競い合っています。

HBARトークンの所有者は、ネットワークで提供されるトランザクションの手数料やリワードの恩恵を受けることができることに、投資家は関心を寄せています。その結果、利用や需要に応じて価値が高まるかもしれません。
 

暗号資産を購入してみる


クラーケンではまだHBARを提供していませんが、すべての商品をこちらでチェックして、アカウント登録を行ってください。