Kraken

Kavaとは何でしょうか?(KAVA)

初心者ガイド


Kavaは、複数の暗号資産を使用して、ユーザーが従来の金融仲介業者を必要とせずに資産を借用したり融資したりできるようにするソフトウェアプロトコルです。

Kavaは、このように、複数ある分散型ファイナンス(DeFi)プロジェクトの1つとみなされています。しかし、ほとんどのDeFiプロジェクトがEthereum上で実行されるのに対して、KavaはCosmosで構築されており、チームの議論による設計上の決定により、補足機能が追加されます。

プラットフォームのユーザーは、米ドルに紐付けられた暗号資産であるUSDX建てのローンが利用できるように、暗号資産をCosmosのスマートコントラクトにロックします。

Kavaは、Cosmosのゾーンと呼ばれる機能を活かして、受け取る暗号資産を管理します。暗号資産は次に、独立したネットワークのプログラムに流入します。これにより、XRP、BnB、およびBTCなどを含めるために、借り手が使用できる暗号資産の数を拡大できます。

USDXをミントするために暗号資産を担保化することで、ユーザーはKavaの暗号資産であるKAVAの形で、毎週の報酬を受け取ることができます。

Kavaユーザーが受け取る合計金額は、使用される担保の種類とユーザーがミントするUSDXの量によって変わります。たとえば、BNBを担保として使用するミンターは、プラットフォームが毎週発行する74,000KAVAのシェアを受け取ります。

新しくリストされた資産のお知らせを含め、Kavaチームから定期的に最新情報を受け取りたい場合は、Kavaブログをブックマークしてください。

What is kava


Kavaの創始者は誰でしょうか?

Kavaは、2018年にブライアン・カー、ルアリド・オドネル、スコット・スチュアートにより共同設立されました。

このとき、創業者達はKava Labsを設立しました。Kava Labsは、Kavaプラットフォームの開発と構築推進を目的とした営利企業です。

次いで、Kavaチームは、2019年に暗号資産取引所のBinanceでトークン販売を行い、Kava発行総量の6.5を売却して300万ドルを調達しました。

Kavaの分散型貸出プラットフォームは、2020年6月に正式にローンチしました。その時点でBnBはUSDXの借り入れ担保として使用できました。2020年8月現在、2,400万ドル相当のBnBがコントラクトにロックされ、借り入れは800万米ドル相当のUSDXでした。
 

Kavaはどのように働くのでしょうか?


Kavaでは、ユーザーは資産を特別なスマートコントラクトにロックし、USDXの借入ができます。

これにより、バックエンドでは、USDXの価値が確実に米ドルに紐付けられるようにするコントラクトである担保付き債務ポジション(CDP)というものが作成されます。

CDPを設定するには、次の手順を実行します。

  • 暗号資産を入金-ユーザーは自分のウォレットを接続して暗号資産を預金できます。
  • CDPの作成-  Kavaは、預金された暗号資産をスマートコントラクトにロックします。
  • USDXの作成-ユーザーはCDPの価値に基づいてUSDXローンを発行します。
  • CDPを閉じる-ユーザーが債務を返済して手数料を支払うと、担保付き暗号資産のロックが解除されます。
  • 暗号資産の出庫-暗号資産がユーザーに戻されると、KavaはUSDXをバーンします。

担保比率

担保比率は、担保の価値を低下させる変動からプロトコルを保護するメカニズムと考えることができます。

Kavaでは、しばしばUSDXが過剰担保であるため、借り手は、通常、プロトコルでミントされたUSDXの価値よりも高い金額を入金する必要があります。

次に、借入と担保の比率を清算価格の計算に用います。

たとえば、担保比率が200%の場合、プロトコルにロックされている暗号資産金額が借入済みUSDXの2倍を下回った場合、ユーザーは清算されます。

借入と担保の比率が指定のしきい値を下回った場合、スマートコントラクトに保持されている担保が自動的に清算され、バーンされます。
 


なぜKAVAに価値があるのでしょうか?

Kava暗号資産は、USDXをミントするユーザーに報酬を与えるために使用され、Kavaネットワークのガバナンスにおいて重要な役割を果たします。

具体的には、KAVAによってネットワークの運用管理が分散され、暗号資産を保有しステークしている者は誰でもソフトウェアポリシーと規則に投票できるようになります。

つまり、KAVAを保有してステークすることで、ユーザーはソフトウェアの特定のパラメータの変更に投票できます。これには、プロトコルが担保として受け入れる資産、必要とされる担保比率、借り手が支払う手数料などが含まれますが、これらに限定されません。

また、Kavaユーザーは、ブロックチェーンを管理して新規ミントのKAVAと競合するバリデータにKAVAを委任することもできます。これにより、CDPを閉じる際にユーザーが支払う安定性手数料の一部を獲得できるように、バリデータに投票を割り当てます。


KAVAを利用する理由

暗号資産所有者に分散型貸出サービスへのアクセスを提供する能力を持たせるKavaは、魅力的でしょう。

ユーザーは、暗号資産に対する借入により、資産の所有権を保持しながら、商品やサービスの購入に使用できる他の担保を受け取ることができます。

また、DeFiの可能性と、伝統的な金融サービスを崩壊させるこれらのプロトコルの能力を信じる投資家が、KAVAの購入を模索することもあるでしょう。
 

Kavaを購入してみる


それでは次のステップに進み、KAVAを購入してみましょう。