Kraken
keep

KEEP Networkとは?(KEEP)

初心者ガイド


Keep Networkは、コンピューターのグローバルネットワークがスマートコントラクトを介して、一般向けブロックチェーンに個人情報を保存できるようにすることを目指しているソフトウェアです。 

イーサリアム,のような一般向けブロックチェーンで実装されている、たくさんの分散型アプリケーション(dApp)は、運営のために個人情報(医療記録や信用スコア、財務情報)といったを使用する必要があります。 

個人ユーザーのプライバシーを保護するために、Keep Networkはプライベートデータがブロックチェーンの外側にある「キープ(Keep)」での保存を可能にしています。キープはコンテナで、これによって一般向けのブロックチェーンから見えないようになかたちで、保存されている、さまざまなデータを、スマートコントラクトを通じて管理および使用することができます。

keepの運営のために、ノードは、Keep Networkネイティブの暗号資産であるKEEPトークンをステーキングして、Keep Networkから選ばれる必要があります。これらのノードは、keepをうまく維持することでKEEPを受け取ります。 

Keep Networkで最初に構築されたアプリケーションは、ビットコインとイーサリアムの橋渡しの役割をするtBTCです。ビットコイン保有者は自身のビットコイン資金をスマートコントラクトに預け入れ、BTCと同価値のトークンで、イーサリアムブロックチェーン上でさまざまなdAppにアクセスするのに使用される、tBTCを受け取ります。

Keep Networkの発展に合わせた、最新情報をお求めのユーザーは、ブログをブックマークしてください。tBTCについての詳しい情報は、クラーケンの学習センターにある「とは何ですか?」ガイドでお読みいただけます。
 

what is keep network

keep

KEEP Networkの開発者とは

Keep Networkネットワークは、2017年にマット・ルアンゴとコルビン・ポンによって設立されました。2人はそれ以前の2014年、ビットコインのショッピングアプリであるFoldを共同設立していました。 

Keep Networkは2回にわたるプライベートセールで2,000万ドル相当のKEEPトークンを投資家に売却しました。これらの投資家には著名なベンチャーキャピタル会社のAndreessen Horowitzや、暗号資産投資家として有名なPolychain CapitalやFenbushi Capital、Paradigmなどが含まれていました。 

keep

「Keepネットワークの仕組み」


Keep Networkの主な特徴は、秘密とも呼ばれる個人情報をブロックチェーンの外側にあるkeepに保存できるところにあります。 

keepによって、ブロックチェーンベースのアプリケーションはスマートコントラクトを通じて、内容を完全に知られることなく秘密とつながることが可能になります。このとき、スマートコントラクトは特定の基準が満たされると、ユーザーの身元に関するデータ、暗号化されたファイルあるいは確認をアプリケーションに提供することができます。

コンピューター、あるいはkeepを維持するノードはkeepプロバイダーと呼ばれており、これらコンピューターあるいはノードには、管理者なしのランダム化を可能にする、先進の暗号手法であるランダムネスビーコンプロトコルによって、秘密の細片が割り振られます。 

ユーザーがkeepの購入を希望している場合、コンピューターまたはノードはKeep Networkにリクエストを発出します。それに対して、ネットワークは秘密を分割または混合して、その一部をさまざまなkeepプロバイダーに送り、その後、必要なときにkeepの中身にアクセスするための鍵をユーザーに送り返します。  

keepプロバイダーは、信用できない、あるいはkeepの取り扱いに問題がある場合にプロトコルが回収できるように、一定の額をステーキングしなければなりません。ただし、暗号化、計算およびストレージといったプロバイダーのサービスに対しては、KEEPを通じてリワードが与えられます。

keep

なぜKEEPに価値があるのか?

KEEP暗号資産の価値は、プライベートデータを保管できる能力から生まれています。 

とりわけKEEPはネットワークそのもののなかに構築されており、主要なネットワーク操作に使用できるのは暗号資産に限られています。

例えば、プロバイダーになりたいユーザーは、最初にスマートコントラクトでKEEPトークンを入手およびステーキングしなければならず、正直に行動し、十分な品質のサービスを提供すれば、トークンを回収することができます。 

KEEPをステーキングすることにより、ネットワークによってランダムに選別されたユーザーはkeepを操作できるようになります。選別されたユーザーは、操作に携わるkeepが増えるごとに追加のKEEPを預け入れなければなりません。その後、プロバイダーがタスクを満足できる状態で果たした場合、追加のKEEPトークンが補償として付与されます。 

ちなみに、keepでのデータ保存を望むユーザーは、KEEPトークン、ETHあるいはイーサリアムのネイティブ暗号資産のいずれかサービスに対する支払いを行うことができます。 

他の多くの暗号資産と同様、KEEPトークンの供給量は制限されています。ソフトウェアのルールに従い、流通するKEEPトークンの量は10億個のみとなります。

keep

KEEPを使用すべき理由

Keep Networkは、個人データへのアクセスが必要なブロックチェーンベースのアプリケーションを作りたいと考えている開発者には魅力的に見えるかもしれません。 

そのため、個人情報を秘密に保存したいと望むユーザーも、Keep Networkのサービスに興味を抱くかもしれません。 

スマートコントラクトでのアクセスによって、ブロックチェーン上での計算を安全かつプライベートに行えるようになる、データストレージの未来を信じる投資家であれば、KEEPを自身のポートフォリオに加えたいと思うかもしれません。 

保有するビットコインでイーサリアムの分散型金融(DeFi)ツールを使えるようになりたいと考えるもユーザーも、KEEPに興味を持つかもしれません。 

keep

暗号資産を購入してみる


それでは次のステップに進み、KEEPを購入してみましょう。

 

Buy KEEP
keep

Kraken

(3k)
Get the App