Kraken

What is Loot?

Loot(ルート) とは

  • Lootは、Loot(for Adventure)とも呼ばれ、トークン所有者が作成したファンタジーゲームで使用可能なアイテムを表すテキストベースのNFT(ノンファンジブル・トークン)コレクションです。
  • CryptoPunks(クリプトパンクス) と同様に、Lootのオリジナルバッグのミンティングは無料でしたし、NFT の用途は決まっていませんでした。その代わりに、Lootホルダーは引き続き創造性を発揮し、協力してプロジェクトの方向性を決めていきます。
  • Loot の価値は、その斬新さ、その起源、およびその活動的で創造的なコミュニティによって生成されるアプリケーションの無限に近い可能性から生まれています。
Two Loot NFTs and text "What is Loot?"

Lootは、Loot(for Adventures)とも呼ばれ、黒い背景に白いテキストのイメージとして表現される 8,000 種類のNFT(ノンファンジブル・トークン)コレクションです。個々の NFT は、ファンタジー系のアドベンチャーゲームを思わせる Lootの「バッグ」を表しています。

Lootは、統計情報やイラストではなく、アイテムを一覧表示する単純な画像です。各 Lootには、武器や装甲など、中世の英雄が放浪する際に手に入れたような、8種類の冒険アイテムが無作為に含まれています。例えば、「身を守る聖なるローブ(Divine Robe of Protection)」または「怒りのシルバーリング(Silver Ring of Anger)」のようなアイテムもこの Lootバッグには含まれています。

2021 年 8 月にリリースされたとき、Lootには、ゲームのプレイ方法を規定するような、事前に定義された目的やルールのセットは1つもありませんでした。リスト上のさまざまなアイテムに関連する統計や画像がないため、アイテム名以外はすべて想像力に委ねられます。これにより、Lootコミュニティは、これらのアイテムを中心に構築されるゲームシステムを完全にコントロールできます。彼らの創造性は、オリジナルの Loot(for Adventure)コレクションを補完するツール、地図、キャラクタ、その他の NFT を多数生み出しています。

Five Loot NFTs

クリエイターについて


Loot(for Adventure)は、ビデオ共有プラットフォーム Vine(バイン)の共同設立で知られているプログラマ兼起業家であるDom Hofmann(ドム・ホフマン)によって生み出されました。彼は、「Loot(for Adventure)は、ゲーム世界の境界を超えて移植できる SFファンタジーゲームへの渇望からインスピレーションを得た実験である」と述べています。Loot以前、Hofmann は、SFファンタジーのピクセルアートプロジェクト、Blitmap(ブリトマップ)を開発しました。

このプロジェクトの神秘性を高めるために、8,000 種類の Lootのコレクションは一切のマーケティングなしでリリースされました。クリプトコミュニティの人々は、2021 年 8 月、Hofmann 自身が発信した 1 件の ツイートによって、Loot(for Adventurers)の存在を知ることになりました。そしてわずか数時間後には、7,777 点のすべてのバッグの所有者が決まりました。さらに驚くべきことに、Lootのコレクターにはミンティング費用が無料であり、バッグを請求する人が支払ったのは、イーサリアム のガス代だけでした。#7778 ~#8000 の残りのバッグは、Hofmann が取り置きました。

Loot(for Adventures)の背後には会社やチームは存在しないので、このプロジェクトの未来は完全にLootホルダーの手の中にあると言えます。Hofmann はこのコミュニティのバックシートに座り、プロジェクトの方向性をファンの手に委ねたいと希望しています。これにより、Lootからインスピレーションを得て Lootの想像世界を広げたプロジェクトなど、いくつかの派生プロジェクトが生まれました。

Loot(ルート)の特徴


Lootプロジェクトの伝承は、コミュニティがその構築を進めるにつれて、絶えず進化し、Loot(for Adventure)は他に類のないプロジェクトになっています。

他の多くの NFT コレクションとは異なり、Lootは意図的に正規のバックストーリーなしで作成されました。その結果、NFT の使用方法の多様な解釈や、たくさんのスピンオフプロジェクト生まれました。

Loot(for Adventure)コレクションから生まれたプロジェクトは多数あります。オリジナルの Lootを視覚的に解釈するものもあれば、新しい領域にコレクションを拡張するものもあります。 

その多くは Bibliotecha(for Adventure)(ビブリオティーチャー・フォー・アドベンチャー) や、  Loot Watcher(ルート・ウォッチャー) などのサイトにインデックスが作成されています。最も注目すべきプロジェクトをいくつか紹介しましょう。

Adventure Gold(アドベンチャー・ゴールド):Lootの1週間後にリリースされた Adventure Gold(AGLD)は、Loot のNFT ワールドで使用できる通貨として設計されています。Adventure Goldは、貨幣機能に加え、ガバナンストークンとして機能しているため、Lootホルダーはエコシステムに対して提案された変更について投票することができます。また、今後Lootに触発されたエコシステムにおいても通貨として機能することが期待されています。

Realms(レオムス):8,000 個の Lootがあるのと同じように、Realms(レオムス) と呼ばれる手続き的に生成されるマップ NFT が 8,000 個あります。各 Realmsには、階級、都市、資源(金や森林など)などのプロパティがあり、一般的なメタバースプロジェクトの NFT Worlds(NFT ワールド) と同様です。これらの Realmsは、「Settling of the Realms」と呼ばれる別のゲームに進化しました。

Genesis Project(ジェネシス・プロジェクト):好奇心旺盛なユーザーのコミュニティが、Lootのスマートコントラクトを深く掘り下げて、16個の冒険家の階級があることを発見しました。例えば、War Belt of Brilliance(ウォー・ベルト・オブ・ブリリアンス)は、Order of Brilliance(オーダー・オブ・ブリリアンス)と関連付けられています。Genesis Project(ジェネシス・プロジェクト) の目的の 1つは、協力とネットワーク構築をテーマにした「人間的なゲーム」を作成することです。このゲームでは、同じ階級のメンバーが集まって新しい NFT を作成できます。

Loot Character(ルート・キャラクター):Loot Characterのスマートコントラクトは、バッグのアイテムに応じて、ピクセル描写の冒険家を生成します。これは、テキストベースの NFT をグラフィック表現に変換する、数多くの LootNFTのビジュアライザの1つです。これらのキャラクタは、Lootの個別バッグに結び付けられている NFT で、バッグが移譲されてもそのつながった状態は維持されます。 

Loot(for Adventure)は、想像力を発揮してゲームに参加したい人なら誰でも楽しめることを目的としています。オリジナルの Lootバッグは有限で非常に価値がありますが、イーサリアム ウォレットを持っている人なら誰でも Synthetic Loot(シンセティック・ルート) のスマートコントラクトを使用して、ミンティングや移譲が不可能な「仮想」Lootを生成できます。最後に、More Loot(モア・ルート)(mLoot)では、年間約 25 万点の新規バッグが生成され、Loot(for Adventure)をプレイしたいと思っていながらオリジナルの Loot バッグが高額で購入できない人も請求できます。

こんな人にオススメ


Loot(for Adventure)は、新たに生まれたオープンソースプロジェクトを成長させるコミュニティ、その創造性や喜びを重視する NFT所有者のユニークなグループに参加したいと考える人たちを魅了しています。このプロジェクトのシンプルさとノスタルジックな要素は、極めてユニークな方法でNFTスペースを刺激しています。

Lootのフロアプライス(最低価格)は、当初より大幅に上昇していますが、それは当初無料だったためだけではありません。NFT愛好家は、Lootの目新しさと無限に近い可能性を受け入れました。

Lootは RPG というゲームジャンルの共通項(アイテムバッグ)を採り入れたもので、残りの部分をファンが埋められるようにしています。コミュニティが構築するファンタジーの世界に参加したい人なら誰でも、自分の Lootを手に入れて、参加することができます。

Loot(ルート) の注目ポイント


LootのNFTコレクションのフロアプライス(最低価格)の高騰ぶりを見ていると、オリジナルの Loot NFTのミンティングが、ガス代を差し引けば無料だったことを忘れてしまいがちです。Lootの収集性は、Loot(for Adventure)のコミュニティに参加することを望む人々の欲求の産物であり、この点については、特定のアイテム(王冠や刀など)の所有やバッグに含まれる属性に基づいてユーザーを認める「ギルド」を Lootホルダーが作ったことによって証明されています。

オリジナルの Lootホルダーになることは名誉であると同時に、ホルダーにはステータスだけでなく、コレクションの多くの分派や派生プロジェクトに参加する機会が与えられます。

Lootの所有者は、新しい NFT を生成したり、関連プロジェクトから新しいトークンを請求したり、Lootをベースにしたミニゲームをプレイしたりできます。

Loot(for Adventure)は、バッグに収納された 8 つのアイテムを中心にしています。一部のアイテムはありふれた冒険道具ですが、より神秘的な性質のアイテムもあります。たとえば、ペンダントネックレスは 1,905 点ありますが、「怒りのシャツ(Shirt of Anger)」の入ったバッグは 4 個だけです。「怒りの(of Anger)」や「輝きの(of Brilliance)」のような修飾語を持つアイテムは、高い希少性を表わします。

また、一部のアイテムには、「アポカリプスウィスパー:タイタン族の重いベルト(Apocalypse Whisper: Heavy Belt of Titans)」のように、「ニックネーム」が付けられ、より伝説性が強調されます。

Loot(ルート)を購入する


Kraken NFT は近日公開予定です。  

 

Kraken

(3k)
Get the App