Kraken

What is the MekaVerse?

MekaVerse(メカバース)とは

  • MekaVerseは、日本のメカストーリーの伝統からインスピレーションを得たアルゴリズムアートロボットの NFT コレクションです。
  • 当初から、MekaVerseに深く関わっているコミュニティが、プロジェクトの方向性と個々の NFT の価値を推進してきました。
  • MekaVerseの開発チームは、オリジナルのコレクションと MetaVerse を充実させるスピンオフのアイデアの両方について、プロジェクトを拡大するという野心的なビジョンを持っています。
mekaverse NFT

MekaVerseは、アルゴリズムで生成された8,888 個のロボット戦士のNFT(ノンファンジブル・トークン)プロジェクトです。

MekaVerse それぞれのNFT は、Meka(メカ) と呼ばれます。この名前は、日本の"メカ"、つまり、人間が操縦する巨大な戦闘マシンロボットの概念に由来しています。MekaVerse のクリエイターは、この豊かなコンセプトにインスピレーションを受け、ポップカルチャーで普及している"メカ"に似た "Meka" を生み出しました。

Meka の特性は、コンピュータコードによってアルゴリズムで生成され、一つひとつユニークな Meka からコレクション全体が構成されています。チームのアーティストは、細心の注意を払って各 Meka を仕上げています。これにより、各NFTの多様性と独自性を全体で維持しながら、統一された美しさをNFTコレクションにもたらしています。

チームの MekaVerseコレクションの計画は、NFT の枠に留まりません。MekaVerseロードマップには、アパレルや、3Dモデル、短編映画などの Meka から着想を得たさまざまな計画が含まれています。

mekaverse NFT

クリエイターについて


MekaVerseは、Matthieu Braccini(マシュー・ブラッチニ)と、彼のパートナーであるMattey(マティー)によって作成されました。2人はフリーランスのグラフィックデザイナーとして働いていましたが、最終的に小さなチームと一緒に MekaLabs(メカラボ)を結成しました。

チームは、MekaVerseのコンセプトを練り、アジアを旅しながら、日本の文化とアニメやマンガの芸術的品質からインスピレーションを得ました。そしてわずか 1か月あまりで 8,888 個の Meka を設計して作成しました。

MekaVerseコレクションは、Meka あたり 0.2 ETH のミント価格で 2021 年 10 月に発売されました。その立ち上げは、Pudgy Penguins(パジー・ペンギン)などの他の著名な NFT プロジェクトと協力してきたフランスの開発スタジオである Miinded(ミーンディッド)によって進められました。

MekaVerse(メカバース)の注目ポイント


Meka は次の4つの派閥に分かれています:Originals(オリジナルズ:OG)、Mirage(ミラージュ:MI)、Gadians(ガーディアンズ:GAI)、F-Nine(エフ・ナイン:F9)です。OG は最大の派閥であり、4,500個 近くの Meka が含まれています。プロジェクトの裏話によると、MekaVerseの異なる派閥には、工場によってマークされた独自の領域があります。各派閥のメンバーの最終的な目標は、「Great Gate(グレート・ゲート)」を開くことです。

OG Meka は重装甲の装備とストイックな顔つきで見分けることができ、 MI Meka はより洗練された航空力学的な顔つきで見分けることができます。また、GAI Mekaは、流線型の外観を持ち、大きな円錐形のヘルメットを装備しています。4つの派閥の中で最も希少な F9 Meka は、丸いヘルメットと精密な甲冑で見分けることができます。

各 Meka には人間のパイロットが必要であることから、MekaVerseの所有者は"ドライバー"と呼ばれます。MekaVerseの伝承は絶えず進化しており、それを主に促進しているのは、プロジェクトをサポートするコミュニティです。

MekaVerseコレクションの注目すべき点は、最初の発表からすぐにコミュニティがプロジェクトに関心を持ったことです。公開から 24 時間以内に、MekaVerseの Discord サーバーには 2万人を超えるメンバーが存在し、その後すぐに数十万に増加しました。これにより、MekaVerseは、2021年に最も期待される NFTコレクション の1つになりました。

こんな人にオススメ


MekaVerse は、ジェネレーティブアートのコレクターや日本のメカストーリーを愛する人々にとって魅力的なプロジェクトです。その 3D アートはスタイルがユニークで、経験豊富なデジタルアーティストによってしっかり設計されています。 

NFT コレクターは、MekaVerseを取り巻くより大きなコミュニティとバックストリーの構築に参加するために、Meka を保有することを求めています。この活発なコミュニティは、MekaVerseの伝承を強化し続けながら、オリジナルのプロジェクトから派生した将来のチャレンジに活用することを目指しています。開発チームは野心的なビジョンとロードマップを持っているため、プロジェクトの方向性はほぼ無限です。

 MekaVerse(メカバース) の注目ポイント


MekaVerseは、"ジェネレーティブアート"という幅広い芸術的メディアに該当します。これは"アルゴリズムアート"とも呼ばれ、コンピュータプログラムを使用して、各キャラクターを構成する特性のさまざまな組み合わせを決めるアートの表現スタイルです。MekaVerseは、その作成にインスピレーションを与えたアニメやマンガの文化に情熱を注ぐ人々の間でも盛り上がりを見せています。 

MekaVerseを取り巻く巨大なコミュニティは、どの Meka がミントされたかをユーザーたちが知る前に、Meka のフロアプライス(最低価格)を 6.4ETH に引き上げたのです。取引開始から3か月で、数十万ドル相当の Meka が取引されました。

チームは、MekaVerseを拡張することを計画しています。まずは、MekaBots や 3D アバタードライバーなどのMekaVerse内での NFT ドロップといったユニークな試みを実施する予定です。これにより、Meka を所有することの価値が、Meka 自体の価値よりも拡大する可能性があります。この現象は、Larva Labs(ラーバ・ラボ)の Mutant Ape Yacht Club (ミュータント・エイプ・ヨット・クラブ)などの他の拡張プロジェクトによって証明されています。

MekaVerse(メカバース)を購入する


Kraken NFTは近日公開予定です。