Kraken

Moneroとは何でしょうか?(XMR)

初心者ガイド


Monero(XMR)は、暗号化を特徴とする最初の暗号資産の1つであり、利用可能な代替手段に比べてプライバシーと機能性が飛躍的に向上しました。

その主な差別化要因は、ブロックチェーンを調べている人物にデータを閲覧可能にすることなく、トランザクションの送付と受け取りが可能な能力でした。

そのため、Moneroは、しばしば、Bitcoin(BTC)のプライバシーの弱点に対処しようとするZCash(ZEC)のようなプライバシー暗号資産に分類されます。(Bitcoinでは、デフォルトで、取引において交換された金額、および送信者と受信者に関するデータが明らかにされます)。

その結果としてBitcoinは追跡可能で、たとえば、企業は犯罪への関与が疑われる企業に関係するコインを特定してブラックリストに登録できるため、Bitcoinの代替性が減退します。

しかし、ZCashのようなプロジェクトがメディアの鳴り物入りの宣伝やベンチャーキャピタリストからの支援を享受していた一方、Moneroの起源はBitcoinの起源により類似していて、プロジェクトの信頼性と市場シェアが高まったことで時間の経過とともに静かに成長した小規模なオンライン技術のコミュニティが関係しています。 

しかし、Moneroはプライバシー以外の分野でも差別化を図ってきました。 

たとえば、Moneroのソフトウェアは6か月ごとに更新するようにプログラムされています。この定期スケジュールは、多くの議論なしに新機能を積極的に追加するのに役立ってきました。

これは、Moneroがステルスアドレス(ユーザーがワンタイムアドレスを作成できます)やリングコンフィデンシャルトランザクション(トランザクション量を隠します)などの暗号資産の進歩の導入を続けることができたということを意味します。

このように進歩を開拓する意欲を持つMoneroは、暗号化技術者や研究者からの関心を引き続け、暗号資産の可能性の限界を押し拡げようとしています。

What is Monero?


Moneroの創始者は誰でしょうか?

Moneroの起源は、主要な暗号資産の中では珍しく、未知の開発者、不正行為への非難、そして最終的にはプロジェクトの複数のリブランドが関係するものです。 

物語は、開発者のニコラス・ヴァン・セイバーヘイゲンが執筆したCryptNoteホワイトペーパーの2013年の公開から始まります。このホワイトペーパーは、Bitcoin開発者として高名なグレゴリー・マクスウェルとアンドリュー・ポエストラが、クリプトグラフィの暗号資産への影響について独自の著作に取り組んでいたこともあり、クリプトグラフィコミュニティで注目を集めました。 

しかし、当初は、これが先駆的なアイデアの成功につながったわけではありませんでした。 

そのすぐ後、CryptoNoteは「Bytecoin」という新しい暗号資産の作成に使用されましたが、開発者がその供給量を不正に歪曲したという主張によってプロジェクトは崩壊します。

最終的にMoneroの基盤となるコードベースが、2014年4月に「Bitmonero」として公開されました。しかし、この暗号資産の名前を短縮してMonero(エスペラント語の「コイン」)という言葉を使ったことから、開発者たちは再び論争の渦中に投じられました。

 

Moneroはどのように働くのでしょうか?

プライバシー機能の他にも、Moneroは、他の主要な暗号資産と同様に、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のマイニングを使用してXMRの発行を管理し、マイナーがブロックをブロックチェーンに追加するよう動機づける機能が備わります。新しいブロックは、約2分ごとに追加されます。

ただし、愛好家にとって特筆すべきことに、このプロセスを制御するアルゴリズムは特殊なハードウェアの使用を防げるように設計されており、他の暗号資産よりもXMRのマイニングが容易なのです。 

これは、広く利用可能な低コストのハードウェアであるノートパソコン(CPU)またはグラフィックスカード(GPU)を使用するマイニングでXMRが生成できるということを意味します。

何がMoneroのプライバシーを強力にしているのですか?


すべてのプライバシー暗号資産が同じ方法でプライバシーを実現するわけではありません。そのため、ユーザーは同等のサービスや互換性のあるものとして考慮すべきではありません。

たとえて言えば、XMRは、正しく使用されれば、ブロックチェーン上のユーザーデータを見えにくくし、ユーザーの追跡をより困難にするツールと見なすべきです。

リングシグネチャ

この難読化を可能にする技術であるMoneroは、XMRトランザクションを行う個人のデジタル署名と他のユーザーの署名をリングシグネチャで混合してから、ブロックチェーンに記録します。このようにして、データを確認すると、トランザクションが署名者のいずれかによって送付されたかのように表示されます。

数年にわたり、Moneroはこの混合プロセスに関係するシグネチャの数を変更しようと試みてきました。一時は、ユーザーが希望の数を指定できるようにさえなりました。 

しかし、2019年現在、デフォルトのMoneroトランザクションが設定され、各トランザクショングループに10個の署名が追加されて、合計11個のシグネチャが混合しています。

ステルスアドレス

Moneroのプライバシーに貢献しているもう1つの機能がステルスアドレスで、ユーザーは、トランザクションごとに多数のワンタイムアカウントを自動作成する1つのアドレスを公開することができます。

ウォレットがブロックチェーンをスキャンして、そのキーによるトランザクションを特定できるため、所有者は秘密の「表示キー」を使用して受取資金を特定できます。 

RingCT

2017年に導入されたリングコンフィデンシャルトランザクションは、ブロックチェーンに記録されたトランザクション中のユーザーの交換金額を隠します。実質上、RingCTが上記を実現したことで、トランザクションが多くの入出力を持つことができるようになり、匿名性が維持され、二重支払からも保護されます。


XMRを利用する理由

Moneroの使用法を学ぶ大きな理由は、プライバシーのためでしょう。Moneroのブロックチェーンではトランザクションを簡単に追跡できないため、ユーザーはあらゆる種類のトランザクションにおいて暗号資産を送付し受領する能力を自在に発揮できます。

安全性と追跡不可能性に加えて、XMRは代替可能です。これは、好ましくない活動に関係していたおそれがあるという理由では、企業がXMRを拒否することはできないということを意味します。 

同様に、暗号資産ユーザーが結局より強力なプライバシーを要求すると考える投資家は、XMRをポートフォリオに加える価値があると考えるかもしれません。

さらに、暗号資産の暗号化の限界を押し拡げることを望み、世界中の個人が抑圧されずに貯蓄や支払いができるマネーシステムへの道を切り開いてほしいと思うユーザーにとって、XMRは魅力的かもしれません。


なぜXMRに価値があるのでしょうか?

主要な暗号資産の中では珍しく、Moneroには固定供給がないということにも、トレーダーは注意すべきです。つまり、わずか2,100万BitcoinをミントするBitcoinとは異なり、Moneroは常に新しいXMRを生成するようプログラムされています。 

Moneroのソフトウェア規則では、新しいブロックに対するリワードは決してゼロに落ちません。(2022年5月以降、ブロックリワードは1ブロックあたり0.6XMRに固定される予定です)。 

その時点で、約1,840万XMRが発行されると予想されています。 

ただし、XMRの供給量は既知であり、ユーザーはコインに対する所有権を保持していることを証明できるため、XMRはBTCと同様に価値の一形態として機能することができます。

それでも、投資家やトレーダーは、XMRの資金供給が今後も拡大し続けることに留意すべきです。つまり、貯蓄メカニズムとして働くにはあまり適していない可能性があるのです。

始める


それでは次のステップに進み、Moneroを購入してみましょう。