Kraken

Neoとは?(NEO)

初心者ガイド


Neoは、誰もが取引し、分散型の製品とサービスを作成することができるプラットフォームになることを目指したソフトウェアネットワークです。

Neoは、より人気のあるカウンターパートであるイーサリアムと多くの機能が共通しているために、ときに「中国のイーサリアム」と呼ばれます。そうした機能には、数ある中でも、分散型取引所用のDAppsの作成能力、予測市場、そしてソーシャルネットワーク機能があります。

さらに、Neoネットワークはユーザーに対して他にも多数の機能を提供します。それには、分散型ファイルストレージシステム、身元確認システム、そして外部情報(価格データなど)を供給するためのオラクルシステムなどがあります。 

Neoは、ソフトウェアを動作させるコンピューターのためのコンセンサスの仕組みとして、デレゲーテッドビザンチンフォールトトレラント(dBFT)と呼ばれる独特のガバナンスシステムを使用しています。

ブロックチェーン上でオペレーションを実行するための中枢は、NEOとGASという2種のネイティブ暗号資産で、前者はプロトコル変更についての投票に、後者はネットワークでの消費の決済に使用されます。

Neoの現在の開発状況を常に把握したいユーザーは、公式ブログで最新の詳細情報を確認できます。

What is neo


Neoの開発者とは?

当初2014年にAntsharesとして、ダ・ホンフェイとエリック・ツァンによりローンチされたNeoは、2017年、Neoにリブランドされました。 

Antsharesチームは2014年のトークン販売で暗号資産としてANSを初期分配し、6,100ビットコインを超える資金を調達しました。その後、2016年にANSトークンがNEOに転換され、チームは2回目のトークン販売を実施してNEOコインの総供給量をリリースし、800万ドル以上を調達しました。 

NEO供給量の半分はトークン販売の参加者にリリースされましたが、残りの半分はNeo開発者、コミュニティファンド、他プロジェクトへの投資のために留保されました。 

Neoの仕組み


Neoのプラットフォームでは、開発者がそのソフトウェアを使用してスマートコントラクト(NeoContractsと呼ばれます)を実行し、実世界の製品やサービスを再現する新しいプログラム(DApps)を設計できます。 

NeoContractsは、開発者が新しい言語を学ぶ必要のある他のスマートコントラクトベースのプロトコルと異なり、広く使われているさまざまな既存言語(C#やJavaなど)を使ってアプリケーションを開発できます。

したがって、NeoContractsの、さまざまなプログラミング言語を通じて働く能力が、DAppsの開発や既存のDAppsのサポートを考えている開発者の大集団にとって魅力的である可能性があります。

デレゲーテッドビザンチンフォールトトレラント

Neoは、ブロックチェーンの安全を確保し、コンピューターの分散型ネットワークの同期を保つため、デレゲーテッドビザンチンフォールトトレラント(dBFT)と呼ばれるコンセンサスの仕組みを採用しています。 

dBFTは、デレゲーテッドプルーフオブステート(DPoS)と同様に働きます。そして、ソフトウェアを走らせているコンピューターのどれがNeoブロックチェーンに次のブロックを作成できるかを判断するため、リアルタイムの投票システムを利用します。つまり、NEOの所有者なら誰でも、ネットワークの運用を助けることができるのです。 

各NEOトークン(しばしばNeoコインと呼ばれます)はロック、すなわち「ステーク」して、票に替えることが可能です(ステークするNEOが多いほど、投票できる票数が多くなります)。NEOをステークした所有者は全員、ブロック作成の責任を負うコンセンサスノードに投票します。 

Neoブロックチェーンに新しいブロックを提案し追加するために、コンセンサスノードがネットワークの取引手数料を受け取ります(GAS暗号資産での支払い)。 


なぜNEOに価値があるのですか?

NEOはNeoブロックチェーンを動かすメインの暗号資産で、保持、送付、支出、ステーキングに使用できます。

NEOの主なユースケースは、NEOをステークした人物に、ネットワークのパラメータのアップグレードへの投票権を持たせることです。 

NEOのステーキングにより、ユーザーはGASで支払われるブロックリワードの一部が与えられます。ネットワークのトークン発行量が1億枚に達するまで、作成された新規ブロックごとにGASが生成されます。 

NEOの最小単位は1NEOで、それ以上分割することはできませんが、GAS暗号資産の最小単位は0.00000001です。

他の多くの暗号資産と同様に、NEOトークンとGASトークンの供給量は限られています。すなわち、ソフトウェアのルールによれば、それぞれについて発行量1億枚が必ず厳守されます。


NEOコインを使用する理由

このプロトコルが自身のプログラム言語に依存するのではなく、開発者が精通した言語を使用して開発できるようにするという技術的設計になっていることから、開発者はNEOに引きつけられる可能性があります。

いつの日か、カスタムトークンとDAppsを推進するために構築されたプロトコルが将来的に市場に好まれるようになると信じる投資家なら、NEOをポートフォリオに加えることに関心を持つかもしれません。

暗号資産を購入してみる


クラーケンではまだNEOを提供していませんが、こちらで当社の全セレクションを確認して、アカウント登録を行ってください。