Kraken
orca

Orcaとは?(ORCA)

Orcaの概要

 

  • Orcaは、Solanaベースの取引所AMMであり、強力な環境文化を持つ暗号資産価格アグリゲータです。
  • このプラットフォームの独特の機能には、CoinGeckoのレートの上下1%以内の価格を確認するFair Price Indicator、ユーザーの残高を明確に表示する「Your Tokens」パネル、そして既存の取引ペアの識別に役立つMagic Barなどがあります。
  • Solanaの高まる人気とOrcaの使いやすさには、近い将来にこのプロトコルへの参加を推進する可能性があります。 

Orcaは、自動マーケットメイカー(AMM)をベースにSolanaブロックチェーン上に構築された分散型取引所(DEX)です。 

Solanaの迅速な取引と低額の手数料をフル活用するOrcaは、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)プラットフォーム上でローンチされた最初のAMMの1つです。直観的に操作できるインターフェイスにより、Solana上で暗号資産を交換するための使いやすい場所を提供します。

Orcaでは、持続的なフィードバックループを利用してユーザーの懸念事項が聞き取られ、このフィードバックに関連するプロトコルがアップデートされます。このようにして、Orcaは、投資初心者にも経験豊富なトレーダーにも同様に、単純ですが強力なエクスペリエンスを提供する、直観的に操作できるDEXを開発しました。

ガバナンストークンのORCAは、Orca分散型取引所のネイティブ暗号資産で、DEX自体の取引活動にリンクされています。 

 

what is orca

orca

Orcaの開発者とは?

Orcaは、2021年に森優太郎(別名rawfalafel)とグレース・クワン(別名Ori)によって共同創業され、Solana上に構築されて、しばしばEthereumベースのアプリケーションでの取引にしばしば伴う高額の手数料による摩擦を減少させています。

森は、暗号化技術と経済学に深く関与するソフトウェアエンジニアです。一方、クワンは、ソフトウェアエンジニア兼インタラクションデザイナーとして活動しています。 

Orcaプラットフォームは、Solana Foundationからの助成金を受けて創設され、当初はネイティブトークンなしでローンチされました。2021年8月にガバナンストークンが採用され、それ以降、Orca DEXの価格と採用率を向上させてきました。 

ORCAトークンは、遡及的な分配を伴う形でリリースされました。すなわち、このプラットフォームの過去のユーザーが、ORCAトークンでリワードを受け取ったのです。ローンチ時点で、このリワードの最大部分、合計400万ORCAが流動性提供者に与えられました。100万ORCAがトレーダーに分配され、25万ORCAがアドバイザーに割り振られました。

orca

「Orcaの仕組みは?"


Orcaは、トークンを交換し、このプラットフォームの取引プールであるアクアファームを介して取引手数料の取り分を稼ぐ方法を参加者に提供することで機能します。後に取引に使用する資産流動性をプールするこの手法は、まず、Uniswapのような、Ethereumネットワーク上の分散型取引所で人気が出ました。Orcaの基本的機能は、Solanaエコシステム内で見いだせる他の取引所と類似しているかもしれませんが、このAMMは、若干の重要な機能により、最もよく似た競争相手からも差別化されています。 

創設者のトレーダー重視の設計目標を維持しているOrcaのインターフェイスには、Fair Price Indicatorが組み込まれています。この機能は、暗号資産の価格がCoinGeckoによる取引所間の価格の集約リストの上下1%以内であることをトレーダーが確認する際に役立ちます。これにより、Orcaのトレーダーは、単一の取引インターフェイスを使用しつつ、暗号資産市場の完備した概要を入手できます。

さらに、このプラットフォームには、ユーザーの残高を明確に表示する独特のパネルが用意されていますが、独立したブラウザエクステンションを開く必要はありません。 

Orcaプラットフォームの直観的に操作できる機能として、ユーザーに優しいMagic Barもあります。これはシンプルな検索機能で、ユーザーが入手したいトークンのティッカーをタイプして既存の取引ペアを簡単に発見できるようにします。

orca

なぜORCAに価値があるのですか?

DeFiプラットフォームが拡大を続けているなか、急速な革新がスペースでの参加促進に役立っています。Orcaプラットフォームの有用性が、その使いやすさと相まって、最近のプラットフォームの活動を加速してきました。

ORCAトークンの価値が、Orcaプロトコルの成長をサポートするために使用されるDAO(分散自律型組織)であるOrcaトレジャリーを通じて、プラットフォームの取引活動に直接結びついていることに注意することが重要です。 

ORCAの総供給量は1億トークンに設定されており、Orcaはトークンを流動性提供者に分配します。こうした市場参加者は、通常はイールドファーミングと呼ばれる手法で暗号資産を分散型取引所の流動性プールに割り振ることでリワードを得ます。新規にミントされたトークンは、排出率と呼ばれるプロセスを通じて慎重にリリースされ分配されます。ある決まったアクアファームからの個々の排出率は、2週間ごとに調整されます。この定常的な調整は、Orcaプロトコルが、最も必要としているアクアファームに流動性を仕向けるのに役立ちます。 

最後に、OrcaのガバナンストークンORCAは、参加者が会社の行う決定に直接発言する権利を持たせます。一例を挙げれば、ORCA保有者は、最近、プラットフォームの慈善のための寄付の管理を助ける投票を行いました。

orca

なぜORCAを購入するのでしょうか?

分散型金融取引所(DEX)に暗号資産を入れてポートフォリオを多角化したいと考えている投資家なら、Orcaプロトコルの低いガス代と迅速な取引により利益が得られる可能性があります。

また、環境意識の高い消費者なら、このプラットフォームのグリーンイニシアチブへの貢献に引きつけられるかもしれません。慈善のための寄付はOrcaのエートスの前面に位置するものであり、気候変動問題に取り組む慈善団体に定常的に寛大な寄付が行われています。

orca

ORCAを購入してみる


次のステップに進む用意はでき、Orcaの購入を進めたい方は、下のボタンをクリックしてください。

 

Buy ORCA
orca