Kraken

Originとは?(OGN)

Originプロトコル(OGN)の説明


Origin Protocolイーサリアムを基盤とするプラットフォームで、大衆にNFT(ノンファンジブル・トークン)DeFi(分散型金融)を提供することを目指しています。 
 
分散型eコマースプラットフォームの開発に数年掛けたあと、Originはプラットフォームの軸足をNFTとNFTが可能にする特有の体験に移しました。OriginはNFT Launchpadと呼ばれるマーケットプレイスを開発して、NFTの発行を簡単にし、クリエイターが管理する部分を増やしました。Originは、電子音楽のプロデューサー3LAUのアルバムとオリジナルのバイラルビデオ「Charlie Bit My Finger」を含む記録的な量のNFTドロップをホストしました。
 
また、独自のステーブルコインOrigin Dollar(OUSD)で、DeFiにも参入しています。Originは、ユーザーがプロトコルに資産をステーキングしたりロックしたりするのとは逆に、ウォレットに保管しているOUSDから不労所得として利回りを得ることをサポートする方針です。
 
OriginのNFTおよびDeFiエコシステムは、OGNトークンによって管理されます。これによって、所有者は、Originプラットフォームの透過的な監視と開発を確実に行うことができます。

origin protocol OGN


Originの開発者とは?

Originは、ジョッシュ・フレイザーとマシュー・リウによって創業されました。フレイザーはそれ以前に、後にWalmart Labsに買収されたTorbitを含む複数のテクノロジー企業の共同設立者でした。リウは、早くにYouTubeに採用され、Bonobosや、後にYahooに買収されたQwikiなどの複数のスタートアップで勤務していました。 
 
Originは、2018年に非公開と公開でOGNを販売し、多数の機関投資家や個人投資家から約3,800万ドルを調達しました。このときの投資家には、Pantera Capital、Blockchain.com、YouTubeの創業者スティーブ・チェン、Redditの創業者アレクシス・オハニアンが含まれています。

Originの仕組みは?


Originプラットフォームは、2つの主な構成要素に分解できます。すなわち、NFT LaunchpadOrigin Dollar(OUSD)です。


OriginのNFT Launchpad

Originは、NFTは単なる希少なデジタルアートではなく、全く新しい資産クラスであり、デジタルと実世界の商品からコレクティブルや体験に至るあらゆるものに対応できると見なしています。Originは、あらゆるタイプのNFTに対応する体験重視のオンラインショッピングプラットフォームの開発を目指していましたが、これがNFT Launchpadと呼ばれるものです。

デジタルクリエイターやインフルエンサーを念頭に、OriginはNFT Launchpadを使用して、他のNFTマーケットプレイスでは見られないブランディング、価格設定モデル、コンテンツ、そして製品を提供しています。 

NFTクリエイターは製品を、ユニークな音声やビデオコンテンツ付きでカスタム制作された店舗スペースで販売できます。NFT Launchpadは、ブランドのウェブサイトでのNFTの直接販売もサポートします。

Originは、他のプラットフォームとの差別化を図るため、購入に暗号通貨だけでなくクレジットカードやデビットカードを使用できるようにしています。


Origin Dollar(OUSD)

Origin Dollar(OUSD)は、OriginチームのDeFiエコシステムへの参入を示すものです。

OUSDは、イーサリアムベースのステーブルコインで、ドルペッグの価値を持ちます。OUSDは、保有者が、絶えずステーキングやその解除をしたり資産を流動性プールにロックしたりすることなく、ウォレットから直接利回りを得られる点で、他のステーブルコインと一線を画しています。Originは、OUSDは取引実行のために常にアクセスでき、保有者はウォレットからこの不労所得を得られるということを明言しています。

OUSDスマートコントラクトは、一般にイールドファーミングと呼ばれる手法で、AaveCompoundCurveなどの一連のレンディングプロトコル内のファンドを自動的にリバランスします。


なぜOGNに価値があるのか?

Originのネイティブ暗号資産OGNは、主にプラットフォームのガバナンストークンとして使用されます。OGNの保有者は、手数料や各種プロジェクトへの資金の割り当て方法の変更など、基盤となるプロトコルの変更または修正のための提案と、そうした提案への投票ができます。 

また、OGNは、価値発生トークンとしても働きます。つまり、OGN保有者はNFTマーケットプレイスでの販売から生じた収益や手数料の一部を獲得できるのです。

OGNトークンの総供給量は制限されており、循環の中のOGNコインは常に10億OGNに限られます。Originの開発者は以前、OGNの供給量管理と市場価格の安定のためにトークン買い戻しのプラットフォームで生じた利益を使用していました。


OGNを利用する理由

OGNは、NFTマーケットプレイスからよりユニークな販売形態と購入体験を引き出したい投資家の関心を引きつけることでしょう。
 
さらに、NFTマーケットプレイスの収益の一部を獲得しながら、その将来の開発に直接の発言権を持ちたいと考えているNFT投資家も、OGNトークンに価値を見いだす可能性があります。
 
最後に、イールドファーミングプロセスを管理することなくウォレットから直接OUSDステーブルコインで不労所得を得ることに価値を見いだす投資家が、ポートフォリオにOGNを加えたいと考えるかもしれません。

OGNを購入してみる


今すぐ、クラーケンでOriginプロトコルの購入を始めましょう!