Kraken
oxy

Oxygen(OXY)とは?

Oxygen(OXY)の説明


Oxygen Protocolは、Solana上のDeFiユーザーに各種金融ツールを提供する、ノンカストディアルのプライム仲介プラットフォームです。
 
在来型の金融では、プライム仲介サービスは、ヘッジファンドのような資格十分で資金力豊富な投資家がさまざまな取引機会を外部委託するために、大規模金融機関が提供します。
 
こうしたサービスには、現金管理、リスク管理、レンディングとボローイング、レバレッジの融資などが含まれることがあります。プライム仲介業者は、クライアントに提供したサービスのリワード(報酬)として、コミッションと手数料を請求します。
 
Oxygenは、このプライム仲介モデルをDeFiに持ち込みます。Oxygenは、Solanaネットワーク上のスマートコントラクトの使用を通して、他のブロックチェーンプラットフォームと比較して改善されたアクセシビリティ、効率性、スケーラビリティをユーザーに提供することを目指しています。このプラットフォームの強い分散性により、プライム仲介サービスはもはや大富豪のためのものではなく、透明度を高めつつ、在来型の機関仲介業者と比較して低い手数料を提供しています。
 
Oxygenは、OXYトークンによって動かされます。このトークンが、エコシステムで発生するあらゆる手数料の決済媒体として使用されます。また、OXYは、レンディング/ボローイングの値引きを提供する業者へのリワードとしても分配されます。OXYトークンには、決済能力に加えて、ガバナンストークンの役割もあり、ホルダーが、プラットフォームの将来の発展についての投票権を獲得することを可能にします。

 

what is oxygen oxy

oxy

Oxygen(OXY)の開発者とは?

Oxygenは、ロンドンを拠点とする二人組、アレックス・グレブネフとヴィクトル・マンガゼエフが創設しました。
 
グレブネフは、Goldman SachsやMerrill Lynchなどのトップクラスの金融機関で専門家としての経験を積んでいます。2016年以来、グレブネフは、Eコマースとモバイルアプリ決済を円滑化する企業Moonshot CapitalのCEOを務めてきました。
 
マンガゼエフは、シリアルテクノロジーアントレプレナーと自称しています。モスクワの国立原子力研究大学(MEPhI)で学んだ後、デイリーファンタジースポーツ(DIS)プラットフォームmyDFSを共同創業し、CEOを務めました。
 
グレブネフとマンガゼエフの下で、金融とソフトウェア開発でさまざまな経験を持つ全世界からの従業員のチームが働いています。Oxygen AG(LLCと同義)は、歴史的に暗号資産に友好的なスイスを本拠としています。
 
Oxygenは、J.P. MorganやGoldman Sachsといった大規模な金融機関との提携を誇り、その投資家にはFTXやAlameda Researchのような評価の高いバッカーが含まれています。

oxy

Oxygen(OXY)の仕組み


Oxygenは、Poolsによってレンディングサービスとボローイングサービスを提供することから始まりました。Poolsは、Oxygenプラットフォームで多種のアクションを円滑化する暗号資産のコレクションです。
 
ユーザーは資産をPoolsに入金/入庫し、希望の利益率を設定します。次に、こうした貸し手が設定した契約条件に同意する借り手が資産にアクセスして、希望の方法で利用します。貸し手と借り手の市場は、資本の借入を考えている者と貸したいと考えている者をマッチングするオーダーブックで円滑化されます。Oxygenでは同じ資金の複数用途での使用を考慮してあるので、ユーザーは担保としてシステムに入金/入庫した資産を引き続いて利用できます。
 
OxygenがDeFiの世界で優位に立っているのは、2つの重要なパートナーシップがあるためです。

  • Serum:Oxygenは借り手と貸し手をペアリングするため、Serumの分散型オンチェーンオーダーブックで運営されています。また、ユーザーはOxygen内の自分のPoolsから直接、Serumの分散型取引所(DEX)サービスとやりとりできます。Oxygenのアルファ版は価格決定、注文実行、リスク管理(流動性など)をSerumに依存しています。
  • Maps.me:オフラインのマップサービスMaps.meは、Oxygen上で最初に開発されたアプリケーションの1つです。Maps.meの最新版には、デジタルウォレットサービスが組み込まれており、ユーザーは通貨の交換、マネーの転送、さらにはアプリ内に保管されたマネーで利回りを稼ぐことまでできます。この機能はOxygenで可能になったもので、Maps.meユーザーの資金をエコシステム内でのレンディングを目的としてプールします。その結果、Maps.meユーザーがその預金から利息を得ることができる一方、Oxygenユーザーは追加の流動性から利益を得ます。

Oxygenはその開発とともに、合成資産製品、デリバディブのような非線形資産、ボラティリティ取引などを含め、他の仲介サービスのサポートも計画しています。

oxy

なぜOXYに価値があるのですか?

DeFiプロトコルのネイティブトークンには通常、少数の標準的用途があります。OXYトークンも全く同じです。OXYはこのプロジェクトのユーティリティー・トークンで、取引手数料とレンディングプールのリワードに加えてプロトコルのガバナンスにも使用されます。
 
しかし、Oxygenのトークンは、ユーザーがOXYトークンを貯めるにつれてより安価な手数料体系を提供することによって差別化されています。トークンのホルダーは、保有するOXYの数量に基づいてレベル分けされます(たとえば0から99、100から999など)各レベルの手数料率はレンディングとボローイングの両方について徐々に良くなるため、トークンの採用と利用の動機付けとなります。
 
合計100億OXYトークンがあります。トークンは、当初次のようにして分配されました。製品と技術の成長のために25%、コミュニティファンドに20%、Serumエコシステムのインセンティブとして15%、そしてプライベートセール、Maps.meエコシステムのインセンティブ、IEO/パートナー、開発チームへのリワードにそれぞれ10%。
 
プロジェクトのホワイトペーパーによれば、トークンの88%が6年間にわたる受給権確定スケジュールでロックアップされました。

rmrk

OXYを利用する理由

Oxygenは、過去において投資銀行が極めて裕福な投資家に限って提供してきたのと同様の一連のサービスを再現することによって、Solana上のDeFiに的を絞ったアプローチを取ってきました。
 
このプロジェクトは、ユーザーに取引とレンディング/ボローイングのサービスを提供することからスタートしました。しかし、ボラティリティ取引、構造的な製品機能、およびその他のトレーダー向け金融ツールなどの補足的機能を分散型のアクセスしやすい方法で提供することを計画しています。Serumで動かされ、Maps.meの1億を超えるユーザーにさらに深く影響を及ぼす可能性があることから、Oxygenの開発者はこのプラットフォームの未来は明るいと感じています。
 
暗号資産ユーザーは、長い間伝統的な金融界で役割を果たしてきたモデルの利点を引き継ぐという希望を持って、Oxygenの完備した金融製品に引きつけられることでしょう。Oxygenは、Solana上に構築されていることから、迅速で費用対効果の高い取引に役立ち、ユーザーのために幅広いDeFi機能を創造する見込みがあります。
 
ユーザーは、OXYを保有することによりエコシステムのガバナンスにおける有用性が得られるほか、低額の手数料で資本効率を最大化することができます。また、SolanaのDeFiユーザーに対して幅広い魅力を獲得すると考えるトレーダーなら、OXYの保有に興味を抱く可能性があります。

oxy

Oxygen(OXY)を購入してみる


次のステップに進む用意ができており、Oxygen(OXY)の購入を進めたい方は、下のボタンをクリックしてください。

 

Buy OXY
oxy

Kraken

(3k)
Get the App