Kraken

Phala Networkとは?(PHA)

phala network pha

Phala Networkとは?(PHA)


By The Phala Network Team

「Phala Networkは、分断型クラウドコンピューティングプロトコルで、Amazon AWSやGoogle Cloudといった従来のクラウドコンピューティングサービスに対抗することを目指しています。」

クラウドコンピューティングとは、大規模なウェブベースのデータレポジトリを維持することによって、エンドユーザーにデータストレージやコンピューティングパワーなどの計算リソースを提供することです。Phalaネットワークによって、日常使用しているコンピューターの余剰能力を作業に使うことができ、クラウドコンピューティングとストレージの手法をより分散的にすることができます。

Phalaは、計算リソースの世界規模の分散型ネットワークを通して、機密保護とセキュリティを最適化しつつ、こうしたサービスにパフォーマンス測定能力を提供することを目指しています。

これを実現するために、ネットワークによる下記の運用を可能にする2種の「ワーカーノード」参加者を使用します。

  • ゲートキーパーノードは、Phalaネットワークユーザー間の対話に加えて、他のブロックチェーンとの対話を組織化します。ゲートキーパーノードは、ブロックチェーンの状態とコンセンサスルールの維持を担当します。 
  • マイナーノードは、コンピューターパワーをネットワークに貸し出して、CPUネットワークを運用し、各種計算業務を遂行します。 

Phalaネットワークで2種のノードを使用するで、ネットワークでのコンセンサスの責任と計算の責任を分離できます。

Phalaチームが、プラットフォーム上でクラウドコンピューティングネットワークを提供するために、Kusamaネットワーク上でKhala(PHA)を立ち上げたことは注目に値します。Khalaは、2021年7月の第4回パラチェーンスロットオークションの開催を保証しています。

pha coin phala crypto

Phalaの開発者とは?


Phalaは、2018年にPhala Network Foundationによって創設され、Googleのソフトウェアエンジニアだったハン・イン、Tencentのプロダクトマネージャーだったマーヴィン・トン他によって率いられています。

Phala Network Foundationが、2019年以降、2ラウンドの非公開トークン販売で168万ドルを調達した結果、トークンの当初発行量の15%が投資家に分配されています。また、このプロジェクトは、Web3 Foundationから3件の助成金を受けています。

PHA暗号資産トークンは2020年9月にイーサリアムトークンとして、2021年にはKusamaトークンとしてローンチされました。

Phalaの仕組みは?


Phalaは、Polkadotパラチェーンとして開発されており、リレーチェーンと呼ばれるメインのPolkadotブロックチェーンに送り込まれるカスタムブロックチェーンです。リレーチェーンは、Polkadotの共有セキュリティ、取引決済、さらにコンセンサスを担当しています。Phalaは、リレーチェーンとの統合を通して、Polkadotの基本的機能の恩恵を受けます。 

さらに、パラチェーンであるため、Polkadotエコシステムに組み込まれた別のパラチェーンとの接続も迅速になると、Phalaは確信しています。Phalaの参加者は、取引時にネットワークとマイナーノードにリクエストを送り、取引の有効性とネットワークの健全性を保証するために必要な計算を実行します。

機密保護のため、マイナーノードのCPUの作業は、TEE(Trusted Execution Environment)と呼ばれるセキュアなエンクレーブ内で実行されます。最新のコンピューターのプロセッサー内のこの暗号化領域により、たとえマイニングコンピューターのオーナーでもコンピューターのエンクレーブ内に保存されたものを見たり改ざんしたりできないということが保証されます。

Phalaのゲートキーパーノードがブローカーの役割を果たし、常に取引の秘匿性を確保しながら、ユーザーとCPUマイナー間にエンドツーエンド暗号化を作り出します。情報は、キュアなエンクレーブに到達すると、複合化されて実行されます。この情報リクエストの実行結果は、エンクレーブから送り出される前に、再度暗号化されます。

Phalaは、企業向けの機械学習データであれDeFiアプリのスマートコントラクトの実行であれ、プラットフォームで実行されるあらゆる計算にはあらゆるユースケースを通じて秘匿性とり多用途性があると言明しています。 
たとえば、Phalaはその技術を活用して、秘匿性の高いやり方で個人データの収集と処理を行うプラットフォームであるWeb3アナリティクスを作成します。秘匿性の高いスマートコントラクトでも、個人データのデータ解析を実行するには必ずユーザーの許可が必要なため、ユーザーは自身のデータを全面的に管理できます。

なぜPHAに価値があるのか?


PHAはPhala Networkのネイティブユーティリティトークンで、そのクラウドベースのエコノミーに使用されます。PHAトークンの最大供給量は10億PHAで、ネットワークの安全確保とガバナンスメカニズムに役立っています。

参加者は、リソースの追加が必要な外部ブロックチェーンでもデータを秘密に保存したい個人でも同じように、計算リソースとサービスの購入にPHAを使用できます。一方、リソースを提供してネットワークの安全を確保するユーザーは、報酬をPHAで受け取ることができます。

また、ゲートキーパーノードやマイナーノードもPHAを使います。両者とも、任務遂行のためPHAをステーキングしなければなりません。仮に両ノードが悪意のある人物だった場合でも、ステーキングによって、PHA削除というペナルティが保証されます。最後に、PHAを取得したユーザーは誰でも、ステークホルダーとしてパラチェーンのオンチェーンガバナンスに参加できます。つまり、Phalaネットワークの変更提案に対して投票できるのです。

PHAを購入してみる


次のステップに進む用意ができましたか?Phala PHAを購入したい方は、下のボタンをクリックしてください。

 


The Phala Network Team
作成者
The Phala Network Team

Phalaチームは、DAppsとDeFiのための秘匿性の高い汎用スマートコントラクトの実現を目指しています。

次もご覧ください:

Phala Price

Phalaを利用する理由

 

クラウドコンピューティングサービスにプライベート重視の匿名性の高い方法でアクセスしたいと考えている参加者なら、Phalaの価値を認めるでしょう。

プライバシー規則に準拠し、データ侵害のリスクを緩和する技術的ソリューションを探している企業も、Phalaのプラットフォームを使用したいと考えるかもしれません。

さらに、機密保持機能やオンチェーンでのデータ計算を追加したいと考えている分散型金融(DeFi)も、Phalaネットワークを使用してその実現を図る可能性があります。