Kraken

Stellarとは何でしょうか?(XLM)

初心者ガイド


Stellarは、支払いレールから取引所まで、あらゆるものが説明されている分散化ネットワークを構築することで、通貨と資産の移転の市場を再考しようとするものです。 

それで「Stellarとは何でしょうか?」という質問への答えは、誰に頼むかによって変わることがあり、それはテクノロジーの欠陥ではありません。Stellarは、2014年の発売時と同様に、今日のユーザーが、従来は支払いプロバイダーの領域だった方法でお金と資産の送付を可能にしています。

相違点は、Stellarが共通のソフトウェアを実行するようにコンピュータの分散ネットワークを動機づけることで、これらのサービスを可能にすることです。

Stellarが提供するサービスを利用している人は誰でも、すべてを従来の通貨から新しい資産や既存の資産を表すトークンに移すことができます。その後、これらの資産は暗号資産lumen(XLM)を使用して摩擦を減らしながら、(国境を越えて)ユーザー間の取引ができます。

このように、Stellarは、XRP Ledger(およびその暗号資産XRP)との間に類似点があります。支払プロバイダーや金融機関にもプロトコルを提供することを意図しているという点です。

しかし、Stellarには、実質的にはStellarアセットの所有権を追跡するビルトインのオーダーブックがあるため、分散型取引所の一種としての位置を維持しようと努めてきました。 

開発者たちは、ユーザーが売買注文を管理して取引の決済時に優先資産の設定機能を持つStellarを、自社のプロトコルで発行された資産のマーケットプレイスにしようとする傾向がますます強まっています。

What is stellar lumens xlm


Lumen(XLM)の創設者は誰でしょうか?

Stellarは、取引の送付に必要な暗号資産をLumenとする分散型コンピューターネットワークの名前です。Lumenは現在、クラーケンなどの取引所でティッカーシンボルXLMによって取引されているため、短縮してXLMと呼ばれることがよくあります。 

Lumenの作成について信頼される個人は、Stellar共同創設者(そしてStellar Development Foundationの創設者)のジェド・マカラブです。マカラブは、最初に成功したビットコイン取引所Mt Goxを設立し、XRPの明細を設計しました。

マカラブは、現在はXRPの明細の開発を縮小している企業Ripple社のCTO(最高技術責任者)として、2013年にStellar社を退職するまで勤務していました。 

XLMのテクノロジーとエコシステムに貢献した別の人物には、次のような人がいます。

  • デビッド・マシエレス(Stellarコンセンサスプロトコルの著者)

  • デネル・ディクソン(SDF社のエグゼクティブディレクター兼CEO)

  • ジョイス・キム(Stellarの創設者であり、元SDFエグゼクティブディレクター) 

Stellar Development Foundationのリーダーシップチームの詳細については、プロジェクトの公式Webサイトを参照してください。

Stellarはどのように働くのでしょうか?


Stellarは、発売時に、XRP Ledgerを動作させるために使用されたコードをコピーしました。これは、そのデザインと機能の多くを継承したことを意味します。 

しかし、Stellarはその後、製品を差別化する技術的な変更を行っています。

Stellar Consensus Protocol 

Stellar最大の更新は、ソフトウェアを実行中のコンピュータを明細の状態に合わせてカスタムビルドの代替システムに置き換える作業で、2015年に実施されました。

Stellar Consensus Protocolは、Bitcoin(BTC)用に設計されたものを前提とするコンセンサス方式の一種である連合ビザンチン契約と呼ばれる概念に基づいて、ノードが、定数に達するまでトランザクションに投票できるようにします。 

詳細については、Stellarのメディアまたはこの技術説明で確認できます。 

ノードの実行

Stellarネットワークを強化するために使用するソフトウェアはStellar Coreと呼ばれ、ユーザーのニーズに応じて異なる方法で実行できます。具体的には、ウォッチャー、アーカイブ、ベーシックバリデータ、またはフルバリデータとして機能するようにノードを設定できます。

ウォッチャーはトランザクションの送信専用です。一方、フルバリデータはStellar Consensus Protocolに参加し、トランザクションが有効と見なされるべき投票を行い、他のノードのためにこの履歴のアーカイブを維持します。 

各ノードの詳細については、Stellar.orgを参照してください。

資産の発行

もう1つの重要なネットワーク機能がStellarアンカー(もとはゲートウェイと呼ばれていました)によって実行されます。

これらのエンティティは通貨と資産の預金を受け入れ、Stellarでのこれらの資産の新しい表現を発行します。次に、Anchorが、Stellarユーザーがアセットの保有のために満たす必要がある要件を確立します。また、アセットへのユーザーアクセスを無効にすることもできます。 

Stellarでの資産発行方法の詳細についてはこちらをご覧ください。


「なぜXLMに価値があるのでしょうか?」

Stellarは、長年にわたる経済の多数の変化を見てきました。 

発売時に、1,000億枚のLumen(XLM)の供給量が創設されましたが、これはネットワーク運用の最初の5年間で年間1%ずつ増加して、合計1,050億枚が循環するに至りました。 

しかし、2019年後半現在、この補助金は無効となっており、Stellarユーザーはプログラムによる供給増加の終了に投票しています。同年、Stellar Development FoundationはXLM経済を規制するための対策も講じ、XLM供給におけるシェアを削減することを選択しました。 

これにより、使用可能なLumenの数が1,050億枚から500億枚以上減少しました。 

XLMは、有限の供給とは別に、取引が行われるたびに手数料としてごく少量のLumenすなわち100Stroop(0.00001XLM)を控除するという形でネットワーク上の取引の促進剤とし、そこから価値を得ています。これは、悪意のある人物がブロックチェーンにスパムを送るのを防止するのに役立ちます。


Lumens(XLM)を使用すべき理由は何でしょうか?

現在、XLMの用途はさまざまです。たとえば、金融機関が暗号ネットワークを探索して、自社発行の資産を使用してアクセスするユーザーをより強力にコントロールできると判断した場合、ユーザーにとってXLMのポートフォリオへの追加が重要になる場合があります。 

これまでのところ、この技術の最大のテストはソフトウェア大手のIBMによるもので、2018年にStellarを使用して、World Wireと呼ばれる国境を越えた支払いソリューションを作成し、発売したものです。 

開発者は、新しいタイプの資産を発行したい場合にXLMが有用だと考えているかもしれません。また、起業家がこのネットワークを使って新しい暗号資産をすでに立ち上げています。 

しかし、2020年の時点で、Stellarがこうした数多い実験的なユースケースで牽引力を得るか、競合他社の支払い市場のシェアを獲得するかという疑問は依然として未解決のままです。 

始める


それでは次のステップに進み、Lumenを購入してみましょう。