Kraken

Tezosとは何ですか?(XTZ)

初心者ガイド


Tezosは、2014年に「自己完結型ブロックチェーン」と呼ばれるものを作成するために設立されました。

実装が複雑ですが、その中心となるコンセプトはシンプルでした。Tezosは、XTZ暗号資産を保有している全ユーザーが、ルールに加えられるかもしれない変更に投票できるようにし、いったん決定するとソフトウェアが自動更新され、確実に変更が実施されました。 

このシステムを使用することで、Tezosはブロックチェーンが分岐する可能性を減らすことをねらい、価格が異なる2つの独立した暗号資産を作成しました。 

しかし、暗号資産が自社のソフトウェア内でアップグレードされる可能性があるという考えは、「ブロックチェーンガバナンス」と呼ばれるものについて話し合いを始めるというより幅広い意味を持っていました。 

Tezosが登場すると、ブロックチェーンの分類法が変わり、実質上、暗号資産が「オフチェーンガバナンス」の陣営と「オンチェーンガバナンス」の陣営に分割されました。

システムを機能させるために、Tezosのユーザーは、「ベーキング」と呼ばれるプロセスを通じて投票でき、さらにこのプロセスにおいては、特別なコントラクトによる所有XTZをロックすることに同意していました。ユーザーは、ベーカーになるか、XTZを他のベーカーに委任して、プロトコルから新たに生産されたXTZを獲得することができます。 

この斬新な設計のために、Tezosは、2018年のライブブロックチェーンの一般発売の前に、2017年の時点で記録的な資金調達を実現できました。 

Tezos Mediumブログをブックマークして、ネットワークのヒントやチュートリアル、進化を続けるテクノロジーについてTezosチームからの最新情報を定期的に受け取ることができます。 

What is Tezos xtz


Tezosの創始者は誰でしょうか?

Tezosブロックチェーンは、2014年にTezosの開発を開始したDynamic Ledger Solutions社を通じて、アーサーとキャサリンのブレイトマン夫妻によって作成されました。

Tezosチームは、2017年7月にイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を開始し、当時最大のICOとして、2兆3,200万ドル相当額(66,000BTCおよび361,000ETH)を調達しました。ICOに続いて、プロトコルの立ち上げのため、スイスを拠点にTezos Foundation(財団)が設立されました。

この財団は、ICOコントラクトに従い、Tezosブロックチェーンに対する知的財産権すべてを含むDynamic Ledger Solutionsの購入にも取り組んでいます。

Tezosはどのように機能しますか?


Tezosブロックチェーンは、暗号資産に共通する多くの機能を可能にします。

開発者は、自社のソフトウェアを使用して、カスタムプログラミングロジック(スマートコントラクト)を実行し、製品やサービスを複製するための新しいプログラム(分散型アプリケーション)を設計できます。 

しかし、投票機能には別の設計が必要でした。

具体的に言うと、Tezosブロックチェーンは次の2つの部分に分割されます。

  • シェル-ユーザーの投票に基づいて自己を修正するコードで、トランザクションや管理操作の解釈も担当します。
  • プロトコル-確認のためにシェルに提案を送信するコードです。 

Tezos LPoSブロックチェーン

ネットワークの同期を維持するために、Tezosでは、従来のプルーフ・オブ・ステーク(PoS)コンセンサスのバリエーション、リキッド・プルーフ・オブ・ステーク(LPoS)を使用しています。 

LPoSは、従来のPoSメカニズムと同様に、Tezosソフトウェアを実行中のコンピューターがネットワークのセキュリティを確保し、トランザクションを検証し、新規に作成したXTZを配布するために使用するアルゴリズムです。

参加者(「ノード」)がガバナンスに参加するには、Tezosで「ベーキング」と呼ばれるプロセスでXTZをステークする必要があります。ベーカーになるには、ノードに8,000XTZ(ロールとも呼ばれます)が必要です。 

また、ユーザーはトークンを他のベーカーに委任し、他のユーザーに投票を割り当てて、ライブブロックチェーンでXTZのリワードを獲得することもできます。

ベーカーは、真面目に実行するように奨励されています。ユーザーが、投票設定に応じて、XTZの委任先のベーカーを簡単に切り替えることができる柔軟性を持つからです。

Tezosのアップグレード

ベーカーは、提案されたコード変更に投票して、ブロックチェーンのガバナンスに参加します。 
投票プロセスは、4つの異なる投票期間で構成され、それぞれ約23日の間隔があります。

  • 提案期間-どのベーカーも、Tezosブロックチェーンを修正またはアップグレードする提案を提出できます。投票数が最も多い提案は、次の期間に移ります。
  • 調査投票期間-過半数(提案への賛成票の80%)に達した提案が次の期間に移ります
  • テスト期間-提案は、変更が機能し、ネットワークが安全に導入できるかどうかを検証するために作成された一時的なテストチェーン(48時間のフォーク)に移動します。 
  • プロモーション投票期間-提案が実施されるかどうかを決定するために、ベーカーが投票します。賛成票が過半数に達した場合は提案が承認されます。 

また、ベーカーは提案書に請求書を添付することもできます。4つの投票期間後に提案が承認された場合、プロトコルは請求書に記載された金額をミントし、それをベーカーに支払います。 


なぜXTZに価値があるのか?

XTZ暗号資産は、Tezosネットワークの維持と運用において重要な役割を果たし、保存、支出、送付、またはベーキングに使用できます。 

XTZを所有して作成することで、ユーザーはネットワークのアップグレードに投票することができます。各回の票数はベークするXTZの暗号資産の総数に比例します。 

Tezosは、XTZを使用している参加者に、自身が作成しているトークンの数に基づいてリワードを与えます。その際、ベーカーはXTZの委任者に割り当てられたリワードのごく一部を受け取ります。


Tezosを使用するのはなぜでしょうか?

ユーザーは、斬新な投票機能によってTezosに魅力を感じるかもしれません。 

Tezosブロックチェーンは、分散型アプリケーションの立ち上げを検討している開発者にとっても興味深いかもしれません。これまでに、プラットフォーム上に構築されたさまざまなプロジェクトが存在しています。たとえば、tzBTCはビットコインをトークン化する分散型ファイナンスアプリケーションで、Tezsureは分散型保険マーケットプレイスです。

いつか市場が暗号資産を簡単に獲得できるブロックチェーンを支持すると考える投資家も、XTZを購入してポートフォリオに追加するかもしれません。 

クラーケンは、当社のステーキングウォレットの1つでXTZをロックしてくれるクライアントのために、ベーカーとして行動しています。XTZをクラーケンでステークしているお客様には、年6%のリワードが提供され、支払いは週に2回行われます。 

ユーザーはここでクラーケンを使用するステーキングの詳細を確認できます。 

Tezosを購入してみる


それでは次のステップに進み、XTZを購入してみましょう。