Kraken
trx

Tronとは?(TRX)

初心者ガイド


2017年の暗号資産ブームの真っ只中に発表されたTronは、それ以降、暗号資産がインターネットをどのように変革するかというビジョンに関連して、グローバルな投資家や開発者のグループを活性化してきました。 

しかし、ブロックチェーンを使用して分散型Webを作成するという目標が、その時点で開始されたプロジェクトに共通していたにしても、Tronは、その技術に関する批判が続いていたにもかかわらず、共感を呼ぶコミュニケーションによってサービスを差別化しました。 

例えば、2017年に開始された暗号資産の中で、暗号化やネットワーク設計の進歩を宣伝しようとしなかったという点で、Tronは稀な存在でした。 

むしろ、Tronの基本的な構成ブロックである 分散型アプリケーション、スマート契約、トークン、デリゲート・プルーフ・オブ・ステークのコンセンサスなどは、 リリース前に他のプロジェクトによって開拓されていました。Tronは、その技術のコンポーネントにイーサリアム(ETH)との互換性を持たせる方向で、これまで進化してきました(こうしたアイデアの借用が進みすぎた結果、大きな非難を招きました)。

Tronは、その作成者であるJustin Sun個人のパブリシティと、暗号資産プロジェクトが通常ターゲットにするよりも幅広い言語への技術文書の翻訳を活用した、アジア中心の市場開拓戦略で際立っていました。 

Tronでは、2018年に非営利団体が開発の最前線に立つようになり、同社はピアツーピアネットワークのパイオニアであるBitTorrentを買収しました。 

この買収は、2019年にTronブロックチェーンでBitTorrentトークンを発売する前に行われました。これにより、Tronは数百万人の既存ユーザーに新しい暗号資産を販売できるようになりました。

What is Tron? (TRX)

trx

Tronの創始者とは?

Tronは、アジアにおいてForbesの「30-under-30」アワードを2回受賞した起業家Sun Yuchen(Justin Sun)によって、2017年初頭に作成されました。

中国でプレゼンスを確立しているSunは当初、オーディオコンテンツアプリケーションのPeiwoを創立し、2015年には、XRP暗号資産を管理する営利企業Rippleの代表としてTron財団を設立しました。 

Sunの新たなビジネスは、Clash of Kingsの創設者であるTang Binsen、自転車シェアリングのスタートアップ企業OFOのCEOであるDai Weiなどの投資家から早期に関心を呼び込むことに成功しました。 

これらの支援者が、このプロジェクトの9月のICOの可視性を高めたことで、イーサリアムブロックチェーン上でトークンを使用して数百万ドルの暗号資産が一般から集まりました。 

Tronのテクノロジーの概要をさらに説明したホワイトペーパーの第2版は、2018年にリリースされました。

trx

「Tronの仕組み」


Tronは、当初はイーサリアムをベースとしたトークンとして作成され、2018年に最終的に独自のネットワークに移行しました。 

このプロセスには、投資家がTronのTRX暗号資産についてイーサリアムトークンを取引することが含まれていました。(その後、イーサリアムトークンは破壊されました。)

一般的なアーキテクチャ 

イーサリアム(ETH)と同様に、Tronはアカウントベースのモデルを使用します。つまり、そのプロトコルが発行する暗号キーによって、TRXとTRXトークンの両方の残高へのアクセスを制御できます。

次に、Tronブロックチェーンは、このデータの交換を3つの層を経由してルーティングします。 

  • コア層:JavaまたはSolidity(イーサリアム用に設計された言語)で記述された命令を計算し、Tron Virtual Machineに送信し、そこでロジックを実行します。 

  • アプリケーション層:開発者がTRX暗号資産を利用して、ソフトウェアと互換性のあるウォレットとアプリケーションを作成するために使用します。

  • ストレージ層:ブロックチェーンデータ(ブロックチェーンの履歴レコード)とそのステータスデータ(スマートコントラクトのステータスを保持)をセグメント化するように設計されています。  

デリゲートPoS(プルーフ・オブ・ステーク)

明細についてコンセンサスに達するために、Tronは27人の「スーパー代表」のローテーションキャストが、トランザクションの検証とシステム履歴の維持管理を委託されるシステムを使用します。 

スーパー代表は6時間ごとに選出されます。選出された場合は、プロトコルで生成された新しいTRXを収集する権限を獲得します。 

3秒ごとにブロックチェーンにブロックが追加されます。有効なブロックを作成すると、その労力に対して32 TRXが授与されます。年間では、合計で336,384,000 TRXが授与されます。

スーパー代表に加えて、ユーザーは、Tronブロックチェーン上の3種類のノード(監視ノード、完全ノード、ソリディティーノード)を操作できます。 監視ノードはブロックを提案し、プロトコルの決定に投票しますが、完全ノードはトランザクションとブロックをブロードキャストします。 

ソリディティーノードは、完全ノードからブロックを同期し、APIを提供します。

ネットワークのブロック生成およびスーパー代表の詳細については、こちらを参照してください。

TronでのTRXのステーキング

Tronユーザーがスーパー代表に投票するには「Tron Power」というネットワークリソースが必要です。 

ユーザーは、関連する暗号資産を使用できなくなっているアカウントで「ロック」を選択した場合、1 TRXごとに1つのTron Powerを受け取ります。(暗号資産を凍結解除すると、ユーザーはTronの権限と投票権を失います)。 

Tron Powerは、Tronブロックチェーン上で発行されるTRXやその他のトークンと同様に取引することはできません。 

このプロセスは、TezosやCosmosなどのブロックチェーンでのステーキングと同じ仕組みです。ユーザーは資金のロックアップによってリワードを獲得できます。(注意:クラーケンのようなカストディ型交換所を使用すると不可能な場合があるため、注意してください。)

trx

なぜTRXに価値があるのか?

Tronブロックチェーンを強化する暗号資産はTronixと呼ばれます。これは、プロトコルの作成者であるJustin Sunにちなんで「sun」と呼ばれる暗号資産の最小単位です。

2017年のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)時に、合計で1,000億TRXが作成されました。 

その時点で、TRXトークンは次のように分配されました。

  • パブリックセール:400億TRX 

  • プライベートセール:150億TRX 

  • Tron財団用に確保:350億TRX

  • Peiwo(プロジェクトの初期サポーター)用に確保:100億TRX

Tronエコノミーには、競合他社との差別化を生む微妙な違いがあります。 

ユーザーがトランザクションに対してコストを支払う必要があるかどうかを判断するために、Tronは「バンド幅ポイント」のシステムを使用します。バンド幅ポイントは、ユーザーがトランザクションを行うときに消費され、データ1バイトあたり1バンド幅ポイントが差し引かれます。 

各アカウントは、5,000の無料バンド幅ポイントを毎日受け取ります。ユーザーがトランザクションを実行するために十分なバンド幅ポイントを持っていない場合、データ1バイトあたり0.1 TRXがバーンされます。

TRXの供給を減らす可能性のあるペナルティもネットワーク上に存在します。例えば、9,999 TRXは、スーパー代表候補に志願するアカウントからバーンされます。 

2021年1月までは、プロトコルによって新しいTRXが導入されることはなく、スーパー代表に授与される新しいTRXはすべて、Tron財団への当初のトークン割り当てから付与されます。

trx

TRXを使用する理由

Tronネットワーク上でアプリケーションを使用するためには、Tronixが必要です。つまり、Tronベースのゲームやサービスを使用するには、TRXを購入する必要があります。 

TRXを所有することも、Tronのコンセンサスシステムに参加するための前提条件です。つまり、コインをステーキングし、プロトコル運用の実施方法について投票するには、TRXが必要です。 

トレーダーは投資テーマに応じて、TRXをポートフォリオに追加することもできます。このプラットフォームで、ユーザーはカスタムアプリケーションやトークンを作成できるため、ブロックチェーンに対するこれらのユースケースを強く確信しているトレーダーは、Tronを扱いたいと考えるでしょう。 

また、ポートフォリオの一部として資産の保有または所有のリスクを相殺できるため、ステーキングを通じて受動的な収入を生み出す暗号資産の能力を高く評価する可能性があります。

trx

始める


それでは次のステップに進み、Tronを購入してみましょう。

 

Buy TRX
trx

Kraken

(3k)
Get the App