Kraken

VeChainとは何ですか?(VET)

初心者ガイド


VeChainはブロックチェーンプロトコルで、コンピューターのネットワークにインセンティブを与えて、企業が分散型アプリケーション(DApps)を開発し実行できるようにするプラットフォームを運営します。

このように、VeChainは、企業に効率的なデータ転送とサプライチェーン管理のための新しいツールを提供して、企業間のデジタル連携を改善することを目的としています。

もとはサプライチェーン管理のためだけのソリューションだったVeChainは、2018年のプロトコルのメインネット立ち上げとともにVeChain Thorにリブランドされ、DAppsの範囲も拡大され、より一般的なデータソリューションを含むようになりました。 

VeChainブロックチェーンの使用をすでに開始した企業には下記があります。

  • BMWは、自動車販売におけるオドメーター改ざんを防止するため、VeChainを使用しています。
  • LVMHは、高級皮革製品の追跡のためVeChainを使用しています。
  • ウォルマートは、食品の産地追跡にVeChainを使用しています。

VeChainは、ブロックチェーンでの動作の中心として、2種のネイティブ暗号通貨を備えます。プロトコルの変更の投票に使うVETコインと、取引の実行に使うVTHOです。 

VeChainのブロックチェーンを統合している企業名とともに、最新の開発状況を知っておきたい場合は、公式ブログをフォローすれば、最新の詳細情報を入手できます。

what is vechain vet


VeChainの開発者とは?

VeChainは、2015年に、ルイ・ヴィトン・チャイナの元チーフインフォメーションオフィサー、サニー・ルーと、共同創業者のジェイ・ツァンによって創業されました。

VeChainチームは、2017年にクラウドセールの一部としてブロックチェーン上で暗号資産VENを配布し、10億トークンで2,000万ドルを調達しました。 

このときのトークンはVeChainThorの立ち上げ時に、VETトークン(ときとしてVETコインと呼ばれます)に交換されました。VENトークンは、1:100の比率でVETトークンに置き換えられました。 

「VeChainの仕組みは?」


VeChainは、企業に新種のDAppsの立ち上げ能力を持たせることを目指しています。

VeChainチームは、DAppsの開発を促進するため、VeChain ToolChainというソフトウェア開発キットを開発しました。 

プルーフ・オブ・オーソリティ(PoA)

VeChain Thorは、ユーザー間の取引を検証しVeChainの分散型台帳に追加するプロセスの調整のため、プルーフ・オブ・オーソリティ(PoA)として知られるコンセンサスメカニズムを使用します。 

取引を検証してブロックチェーンに追加するユーザーは、オーソリティマスターノードと呼ばれます。オーソリティマスターノードになるには、最小で2,500万VETをステーキングし、識別情報をVeChain Foundationに提出することが必要です。

PoAメカニズムは大量の取引を迅速に処理するのに役立つ一方で、取引の処理に参加可能なユーザーの確認と認証を中央主権型の権威(オーソリティ)に依存するという短所もあります。 

VeChainは、PoAを改善して無作為化と分散化を強化したブロック生成メカニズムを確かなものにするため、引き続き作業中であることに注意が必要です。

デュアルトークンシステム 

VeChainは、プロトコルが正常に働くようにするため、2種のネイティブトークンを使用しています。すなわち、価値の保管と転送に使用するVETと、ブロックチェーンでの取引に使用するVTHOです。

このシステムは、VETコインの価格ボラタリティをネットワークの計算コストから切り離し、VeChainのアプリケーションが固定した手数料を請求できるようにすることを目指しています(取引の固定価格を維持するためもVTHOの供給量を調整できるため)。 

イーサリアムブロックチェーンのETHとガスの使用方法と同様に、マイナーはネットワークが処理する計算に対してVTHOで手数料を獲得します。計算が複雑になるほど、所定のプログラムに必要なVTHOが多くなります。

最後に、VETコインをステーキングしているノードは、ネットワークのアップグレードについての投票権を得ます。また、各ブロックにVTHOでリワード(報酬)が支払われます。 


なぜVET暗号資産に価値があるのですか?

VETは、VeChainの基盤となるメインの暗号資産で、保有、使用、送付、またはステーキングに使用できます。

さらに、VeChainをもとに開発されたアプリケーションは、取引の支払いにVTHOが必要です。アプリケーションに人気が出ればVTHOの需要が増大し、それがVETコインの需要増大を呼ぶためその価値が上昇します。

さらに、VETトークンによってVTHO供給量の増減を含むVeChainネットワークの変更への投票権が得られることが、ユーザーにとってVETトークンを保有しステーキングする理由になります。

VETトークンの供給量は他の多くの暗号資産と同じく制限されています。VETコインの流通量はソフトウェアのルールに従い、867億VETに限られます。
 


なぜVeChainを使用すべきなのでしょうか?

VeChainはビジネス用のサプライチェーン管理用アプリケーションと製品偽造対策の開発能力を持つことから、ユーザーにとって魅力的なものです。 

また、デュアルトークンシステムによる安定した取引手数料という長所もあり、企業も使いたいと考えるはずです。いつの日か市場でエンタープライズブロックチェーンが好まれるようになると考える投資家も、VETをポートフォリオに追加しようとするかもしれません。
 

暗号資産を購入してみる


クラーケンではまだVETを提供していませんが、ここ で弊社の全セレクションをチェックして、アカウント登録を行ってください。