Kraken
woo

「WOO Network(WOO)とは?」

WOO Networkの概要

  • WOOトークンのステーキングによるインセンティブには、手数料ゼロの取引、高い紹介リベート、およびWOO Venturesトークンのエアドロップがあります。
  • Ethereum、Polygon、Solanaなどの複数のDEXに組み込まれたWOOトークンにより、大量のイールドファーミングオプションが提供されます。
  • まもなく追加されるソーシャルトレードとガバナンス機能により、トークンの有用性の拡張を続けるというWOO Networkの意図が証明されています。

WOO Networkは、中央集権型金融(CeFi)サービスと分散型金融(DeFi)サービスのシステムで、各種暗号資産市場の参加者に深い流動性を提供するように設計されています。

ブロックチェーン技術を使用するこのネットワークのインフラストラクチャにより、トレーダー、取引所、金融機関、そしてDeFiプラットフォームに、大きな市場流動性と迅速な取引実行がゼロコストまたは抵コストで提供されます。

こうしたサービスには、WOO Networkの中央集権型取引所(CEX)であるWOO X、傘下ブランドWOOFiの下のDeFi関連商品、そして金融機関クライアント向けの流動性プールWootradeなどがあります。

WOO Networkの各種サービスの中心になるのが、ユーティリティー・トークンのWOOです。WOOトークンをWOO Xにステーキングすることによって、ユーザーは取引手数料とAPI取引レートの限度額を減額または相殺でき、さらに紹介リベートの影響を大きくすることができます。DeFiアプリケーションでは、WOOトークンを、イールドファーミングを通じて、または他の暗号資産のレンディングとボローイングの担保として、流動性の提供に使用することができます。 

WOOトークンの将来のガバナンスのユーティリティでは、ホルダーに、トークンのステーキングの数量と期間に応じて、ネットワークの将来の発展についての投票権を持たせることが計画されています。 

what is woo network

woo

WOOを開発したのは?

WOO Networkの創設チームの主力は、Kronos Researchの共同創業者ジャック・タンとマーク・ピメンテルです。 

2018年に創業されたKronos Researchは、アービトラージ取引と高頻度取引(HFT)に特化した暗号資産量的取引の企業です。

タンとピメンテルは、2019年にWootradeとしてWOO Networkを創業しました。それ以来、チームは、リテール商品、機関向け商品、CeFi商品、DeFi商品にまたがる多様な製品とサービスのセットを開発してきました。

この緊密な関係を通じて、Kronos Researchは、WOO Xでの流動性供給者の礎となり、マーケットメイクリスクを相殺する、プラットフォームの深い流動性に依存しています。

WOO Networkは、複数の一流金融機関の関心を得た一方、Three Arrows Capital、PSP Soteria Ventures、Gate Ventures、QCP Capital、Crypto.com Capitalの各社からのバックアップを受けたシリーズAラウンドで、3,000万ドルを調達しました。 

woo

「WOO Networkの仕組み"


CeFiの製品とサービス

WOO Xは、このネットワークのCeFi製品のフラッグシップです。2021年8月に、取引実行のためにさまざまな市場参加者に注文を送付するブローカーにリワードを支払う報酬モデル、ペイメント・フォー・オーダー・フロー(PFOF)を使用する初の暗号資産取引所としてローンチされました。PFOFモデルは、取引実行に関する高レベルの透明度ともに、リテールトレーダー向けに競争力の高い手数料体系をもたらすことを目指すものです。 

WOO X取引所は、より大規模な取引所からの市場の深さを集約し、Kronos Researchを含む複数のマーケットメイカーからの参加によってオープンな流動性プールをセットアップすることで深い流動性を実現しています。

Wootradeは、このネットワークの金融機関クライアント向けダークプール取引プラットフォームで、金融機関クライアントの戦略を直ちに公開することなく取引を実行できるようにします。また、Wootradeは取引所、ウォレット、OTCデスク、および大規模トレーダーのために、平均以上の流動性とタイトなスプレッドの提供を目指しています。

 

 

DeFiの製品とサービス

WOO Networkには、WOOFi Swapと呼ばれる分散型取引所(DEX)もあります。ここでは合成Proactive Market Maker(sPMM)アルゴリズムモデルによって取引を管理します。これにより、WOOFi Swapは、中央集権型取引所のほとんどを通じてよく見られる取引所モデルと同様の方法で運営しながら、仲介コントロールを回避できます。WOO Networkは、自社のモデルがWOOFi Swapユーザーのスワップ手数料を低額に抑えることを可能にしながら、CEXのオーダーブックの価格、スプレッド、および深さをより正確にシミュレートするように設計されたと表明しています。

そこからWOOFi Swapトレーダーが取引するいわゆるWOOFiのプールは、現在Binance Smart Chain(BSC)およびPolygonにデプロイされ、さらに多くのブロックチェーンが続くと報じられています。

woo

なぜWOOに価値があるのですか?

WOOトークンは2020年10月30日にローンチされ、最大供給量は30億トークンに設定されました。 

そのデフレモデルはWOO Networkの月ごとの買い戻しとバーンのプログラムに依存していますが、これは流通供給量から永続的にWOOトークンを除去するものです。毎月、WOO Networkの収益の50%がWOOトークンの流通市場からの買い戻しとバーンに使われます。これにより、WOOトークンのインフレ率を制御することを狙ってWOOトークンが流通供給量から除去されます。

CeFi:WOOトークンのステーキング

 

WOO Xに大量の取引注文を出す金融機関クライアントは、手持ちのWOOトークンをステーキングすることによってAPI取引レート限度値を上げ、取引手数料を下げることができます。

また、リテールクライアントも、ネットワークの中央集権型取引所であるWOO XにWOOトークンをステーキングすることによって、ゼロ手数料取引や高い紹介リベートなどの特典を利用できます。

WOO Xのリテールトレーダーは全員、デフォルトで0%「メイカー手数料」の恩恵を受けますが、ユーザーもWOOトークンのステーキングにより「テイカー手数料」を最大0.05%から0%に下げることができます。無料出庫量と紹介リベートはともに、ステーキング済みのWOOトークンの数量とともに増加します。

WOO Networkでは、WOOトークンをステーキングした場合、WOOエコシステム用に構築された高価値プロジェクトを識別する初期段階投資プロジェクトであるWOO Venturesから生成されたトークンの一部も受け取ることになると表明しています。 

DeFi:イールドファーミング、レンディング、およびボローイング

 

WOOトークンは当初Ethereumブロックチェーン上のユーティリティー・トークンとしてローンチされたにもかかわらず、クロスチェーンブリッジにより、Polygon、Solanaをはじめとする複数の他のブロックチェーン上にも存在できるようになっています。

WOOトークンが、Bancor、Sushiswap、Uniswapなど、こうしたチェーン上の複数のDEXを通じて利用できるため、トレーダーは自己のイールドファーミング戦略に最適のサービスを決定できると同時に、流動性プールに入金/入庫済みの資産を利用する別のトレーダーから生じる手数料を稼ぐことができます。

また、DeFiユーザーは、KINE FinanceやUnit Protocolなど複数のプロトコルでのボローイングとレンディングの担保としてWOOトークンを使用することも選択できます。 

ガバナンス


WOOトークンをガバナンストークンにして、ホルダーにガバナンス構造、リスティング、利益分配機構、およびステーキングの仕組みなどの各種提案への投票権を持たせることが計画されています。

woo

なぜWOOを購入するのでしょうか?

取引手数料を減額し、WOO X取引所での値引きロックの解除を希望するトレーダーは、WOOの購入を検討してもよいでしょう。

イールドファーミングを通じてさらに暗号資産リワードを稼ぐことを考えている方なら、分散型取引所に流動性を供給するためにWOOトークンの購入を選択する可能性があります。

WOOが暗号資産のレンディングとボローイングの担保として使用できるため、DeFiユーザーもWOOに価値を見いだすことでしょう。

将来、WOO Networkのガバナンスに参加することを希望している方なら、WOOトークンは価値ある選択肢かもしれません。

woo

WOOを購入してみる


次のステップに進む用意はできましたか?WOO Network(WOO)の購入を進めたい方は下のボタンをクリックしてください。

 

Buy WOO
woo

Kraken

(3k)
Get the App