Kraken

会社概要

クラーケンの ミッション

暗号資産をより身近に

クラーケン(Kraken)は2011年に米国サンフランシスコで創業し、強固なセキュリティを誇る世界最大級の暗号資産取引所で、現在、世界で3,400人以上のメンバーが働いています。暗号資産取引所クラーケンでは、スポット(現物)取引だけでなく、信用取引、デリバティブ取引、パラチェーンオークション、ステーキングやインデックス(指数)提供などの様々なサービスを早期から展開してきました。現在グループにおいては、暗号資産は200種類以上、法定通貨は日本円を含む8種類の取扱いを行なっており、世界190カ国以上で機関投資家を含む900万以上のお客様に対して、24時間365日多言語でのカスタマーサポートを提供しています。

クラーケンのミッションは
「暗号資産の普及を加速させる(Accelerate the adoption of cryptocurrency)」です。

暗号資産が社会に普及し、
世界中の人々が経済的自由と恩恵を
受けられるようにしたいと考えています

クラーケンの哲学

クラーケンの共同創業者ジェシー・パウエル(Jesse Powell)は、創成期からビットコインの意義に共感し、暗号資産の取引所こそがこのエコシステムにおいて最も重要な役割を果たすと考えたため、お客様がいつでも安心して暗号資産の取引をすることができ、強固なセキュリティを有する暗号資産取引所、クラーケン(Kraken)を設立しました。

クラーケンは、人々が安心して暗号資産にアクセスし、自らの意志で保有・投資することのできる世界を実現することに全力で取り組んでいます。

クラーケンの多様なサービス

取引所・販売所


クラーケン・ジャパンでは、ビットコインやイーサリアムをはじめ、多様な暗号資産をお取引いただけます。

クラーケンの「取引所」で取扱っている暗号資産と法定通貨についてはこちらのページをご覧ください。「販売所」では、クラーケン・ジャパンの取扱うすべての暗号資産及び法定通貨のペアがお取引いただけます。

ステーキング

ステーキングは、価格の上げ下げに応じた売買で利益を得るキャピタルゲインを目的とした投資手段ではなく、暗号資産を保有することで継続的に報酬(リワード)を得ることにより保有量を増やしていくインカムゲインを目的とした投資手段です。

クラーケン・ジャパンは、お客様の暗号資産を借り受け、ステーキングを行い、消費貸借契約に基づく報酬(リワード)をお客様にお支払いするステーキングサービスを提供しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。

クラーケン・ジャパン について

その日本現地法人である、クラーケン・ジャパン(商号:Payward Asia株式会社)は2020年9月に暗号資産交換業の登録を行い、同年10月より日本でのサービス提供を再開しました。日本居住者のお客様に対しては、現在取引所及び販売所のほか、ステーキングサービスを提供しています。また、当社においても、グループが有する最先端のテクノロジーやセキュリティに関する知見を活用していますので安心・安全にお取引いただけます。

※国ごとに取扱う暗号資産やサービスは異なります。

商号    Payward Asia株式会社

商号(英) Payward Asia, Inc.

本社所在地 東京都千代田区二番町9番3号

設立    2018年9月

資本金   9億6085万9709円(資本準備金含む)

代表取締役社長 吉田 友斉

事業内容  暗号資産交換業

暗号資産交換業登録 関東財務局長第00022号

加盟団体  一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)

一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)(理事)

■ クラーケン・ジャパンのブログはこちらをご覧ください。

Kraken

(3k)
Get the App