Kraken

ビットコインとは?(BTC)

ビットコイン初心者ガイド


ビットコインとは、史上初めて、ソフトウェアユーザーのグループが政府や銀行の管理外でデジタルマネーサプライを作成および管理できるよう発明された暗号資産の仕組みです。 

2009年にビットコインが登場した時に導入された画期的なアイデアの意味は、今日ようやく技術者やエコノミストに理解され、検討され始めたばかりです。 

つまり、誰に尋ねるかによって、「ビットコインとは何か?」そして「ビットコインに価値がある理由は?」という質問に対する答えは異なります。 

まず、ビットコインを、あなたが日常的に利用しているソフトウェアプロトコルとして考えてみましょう。SMTP(電子メールのルーティングに役立つ)やHTTP(ブラウザで要求されたWebコンテンツをサーバーにより配信させる)などを思い浮かべてください。 

ビットコインプロトコルにより、そのソフトウェアを実行しているコンピュータが、データセット(ブロックチェーン)を管理し、このデータ(ビットコイン)を少なくして価値を高める一連のルールを適用できます。 

ビットコインプロトコルの基本的な構成要素には次のものがあります。 

  1. 公開鍵の暗号化 – ウォレットソフトウェアは、ビットコイン所有者に公開鍵(ビットコインを所有する本人であることを証明するために、プロトコルによって使用される)と秘密鍵(安全に保護されている限り、本人のみが自身の所有するビットコインにアクセス可能であることを保証する、一種のパスワード)の両方を割り当てます。
  2. ピアツーピアネットワーク – ノード(ソフトウェアを実行しているコンピュータ)は、トランザクションを確認して、ソフトウェアのルールが守られていることを確認します。マイナー(特殊なコンピュータチップを使用するノード)は、これらのトランザクションを、ブロックチェーンに定期的に追加されるブロックにまとめる権利を競います。
  3. 限定的な供給 – ソフトウェアのルールによれば、ビットコインは2,100万しか作成できません。これはビットコインの価値を維持するための制限です。

ビットコインブロックチェーンは、ビットコインソフトウェア(ノード)を実行している個人によって検証されたネットワーク履歴の完全な記録です。これにより、自由にコピーおよび変更できるほとんどのデジタルデータとは異なり、ビットコインはコピーおよび変更できないようになっています。 

ビットコインは希少で、分割および譲渡が可能なため、通貨として使用されるのです。


ビットコインの創始者とは?

ビットコインが世界初の成功を収めた暗号資産を作成したのは事実ですが、この技術は、暗号化がデジタルマネーの創造に役立つ理由について、数十年にわたり蓄積された数々のアイデアに基づいて構築されています。

これには、次のような創造プロジェクトが含まれます。

B-money – 提案された匿名の分散型デジタルキャッシュシステム

Bit Gold – 希少なオンライン商品を生み出そうとする試み

eCash – 匿名のオンライン決済を生み出そうとする最初の主要な試み

HashCash – 電子メールのスパムを防止するよう設計されたプルーフ・オブ・ワークシステム

2006年には、「サトシ・ナカモト」(いまだに偽名とされている人物またはグループ)が、「ビットコイン」と呼ばれる新しいデジタルキャッシュシステムのコードの作成を開始しました。 

その後、2008年には提案されたシステムを説明するホワイトペーパーが公開され、2009年1月9日に、ソフトウェアの最初のバージョンであるBitcoin 0.1がリリースされました。

ナカモトは、2011年にプロジェクトを去る前に、ビットコインの将来についての考えを伝える貴重なメールやフォーラムへの投稿を多数残しました。現在、何百人もの開発者がビットコインのコードに貢献しており、通常のバグ修正から効率性の向上まで、あらゆることを行っています。

ビットコインが分散化される理由は?


ビットコインの基本的な性質、 つまりビットコインが他のデジタルマネーシステムと一線を画している理由は 、ネットワークが分散化されていることだというのが多くの技術者の信念です。

分散化の背景にある考え方と、その重要性を十分に理解するには、今日の銀行業務の仕組みを考えてみるとよいでしょう。

あなたはおそらく給与を定期的に銀行口座に預けているでしょう。その場合、銀行はあなたに(ATM、支払いカード、小切手などを介して)預金を使う手段を提供していると同時に、預金を盗難から守っています(警備員、金庫、警報)。

この例では、銀行は中央当局として機能しています。銀行は、個人と企業間の取引を円滑化する第三者です。基本的に、銀行は取引の仲介者として機能します。銀行はこれと同じサービスをすべての顧客に提供し、その結果、莫大な金額の他者の預金を管理する権限を手に入れます。 

この権限により、銀行はルールを簡単に変えることができます。銀行はあなたの許可なしにあなたの預金を貸し出すかもしれないし、あなたの取引を処理しないことを決定するかもしれないし、あなたが自身の預金へアクセスするのを拒否さえするかもしれません。また、政府や犯罪者が銀行からあなたのデータや預金を奪うかもしれません。

ビットコインの背景にある考え方は、仲介者や中央当局が存在しないシステムを持つことです。そのシステムでは、あなたの資金を管理できるのはあなただけであり、あなたの取引を拒否することは誰にもできません。  

ビットコインは「分散型」と呼ばれます。誰もが、自分が受け取るビットコインの信頼性や不足を、管理者を必要とせずに検証できるソフトウェアだからです。このビットコインの分散化が、一極集中型のお金の管理につきものの信頼性の問題を解決します。いずれかのコンピュータが機能を停止しても、別のコンピュータがその機能を実行することができるからです。 

ビットコイン開発者たちは、平均的なユーザーがノードをネットワークと同期する場合にかかるコストによって、ネットワークの分散化の度合が決まると考える傾向があり、このプロセスへの影響度に応じてプロトコルへの変更を提案します。


ビットコインの仕組みは?

現在ビットコインは、その設計により、信頼できる仲介者を必要とせずに、2人のユーザー間で送り合うことができるようになっています。

あなたが誰かに直接ドル札を渡したら、その誰かはドル札を手にし、あなたの手にはありません。あなたは他の人に何か価値のあるものを渡し、相手はそれを受け取ったのです。ビットコインも同じです。 

しかし、すべてのコンピュータがネットワークを運用するとどのようなことになるか、疑問に思われる方もいるかもしれません。それらのコンピュータがソフトウェアのルールに違反して資金を盗まないよう、どのような手段が取られているのでしょうか。基本的には、インセンティブです。

ハッカーがビットコインの元帳を操作するには、マイニングハードウェアの少なくとも3分の1を制御する必要があります。しかしそれができたら、そのハッカーは新しいビットコインの最大のシェアを獲得することになるので、ネットワークを攻撃することは、彼らにとって最善の利益にはならないでしょう。

そもそも、ビットコインの価値は高いため、マイニングには非常にコストがかかります。新しいBTCのために競争するには、マイナーは、専用のハードウェアと安価な電力を使用してハッシュを解決し、新しいブロックを提案しなければなりません。 

この競争に勝つのは簡単ではありません。 新しいBTCをマイニングする競争を行うために必要な計算能力は、現在、Googleのデータセンターよりも高くなっています。実際のところ、ビットコインブロックチェーンを操作することは技術的には可能ですが、経済的には非現実的です。

BTCの価値とは?


ビットコインは、希少性、耐久性、携帯性、分割可能性、代替可能性、受容性など、伝統的なコモディティや政府発行の貨幣に価値を与えている多くの特性を備えています。 

BTCは、これらのカテゴリーの多くにおいて政府発行の貨幣やコモディティを超える利点を備えているとさえ言えます。

希少性

BTCの供給量は、金や銀の供給量よりも制限されています。ネットワークのエコノミー経済に導入されるのは2,100万BTCのみです。

最初のブロックが2009年にマイニングされたとき、50 BTCがリリースされました。このプロセスを通じて、2020年時点で1,800万BTC以上が流通しています。

各ブロックでリリースされるBTCの数は、半減期と呼ばれるイベントで、総流通量を有限に保つために約4年ごとに半減されます。 

耐久性

あらゆる形態のキャッシュは何度も繰り返し使用できる耐久性を備えている必要があります。BTCの秘密キーは数字と文字で構成されています。ステンレス鋼に刻印したり、バックアップしたり、分割したりでき、このことがBTCの耐久性を高めています。 

携帯性

BTCを使用すると、すべての資産をフラッシュドライブに格納して持ち運んだり、自分の頭に記憶したり、インターネットを介して瞬時に転送したりできます。 

分割可能性

あらゆる通貨には単位があり、さまざまな価格の商品を購入できるようになっています。たとえば、米ドルは100ドル札から1セント硬貨まで分割できます。 

BTCも分割可能で、小数点第8位まで分割できます。通貨の最小単位は、ビットコインの開発者の名前をとってSatoshiと呼ばれます。1 BTCは100,000,000 satoshi(sat)に相当します。

代替可能性

お金のすべての単位は、統一され、互換性がある必要があります。 

紙幣や金のように、BTCにはその受け取り方によって、さまざまな程度の代替可能性があります。たとえば、犯罪に関与したBTCは、取引所や小売業者に受け入れられない可能性があります(これは、ビットコイン開発者が今も活発に研究している領域です)。

受容性

何かに価値を保存するためには、人々がその何かに何らかの価値があることを認め、受け入れる必要があります。

現在、MicrosoftからSubwayまで、何千もの個人やベンダーがビットコインの支払いを受け入れており、何千もの中小企業が、ビットコインを使用した支払いや寄付を受け入れています。

また、自分の取引に合わせて365日24時間オンラインで利用できるクラーケンのような取引所でBTCを購入したり、BTCを売却して他の暗号資産や、伝統的な通貨を入手したりすることもできます。

始める


それでは次のステップに進み、ビットコインを購入してみましょう。