Kraken

Aaveとは?(AAVE)

初心者ガイド


Aaveは、数ある新興DeFi暗号資産の1つであり、暗号資産の貸し借りや利子の獲得などをすべて仲介者なしで行える分散型融資システムです。

イーサリアムブロックチェーンで実行されるAaveは、ソフトウェアを実行するコンピュータの分散ネットワークによって資産を管理できるスマートコントラクトシステムです。

つまりAaveユーザーは、資金の管理を特定の機関や個人に任せる必要はありません。コードが書かれたとおりに実行されることを信用すればよいのです。

要するにAaveソフトウェアは、ETHBATMANAなど17種類の暗号資産を貸し借りできる融資プールの作成を可能にします。

イーサリアム上の他の分散型融資システムと同様に、Aaveの借り手は、借り入れる前に担保を差し入れなければなりません。また、借入可能額は、差し入れた担保の評価額までの金額です。

借り手は、別の資産の価値に連動するaTokenと呼ばれる特殊なトークンの形で資金を受け取ります。このトークンはエンコードされ、貸し手は預金の金利を受け取ります。

例えば借り手は、DAIで担保を差し入れ、ETHで借り入れを行うことができます。これにより借り手は、完全に所有することなく、さまざまな暗号資産を使うことができます。

Aaveはまた、インスタントローンのようなその他の機能や、ブロックチェーンのユニークな設計特性を生かした負債および信用のその他の形態を生み出すこともできます。
 

What is aave lend


Aaveを開発したのは?

Aaveは、2017年にスタニ・クレショフ氏によって設立された、スイスに拠点を置く営利企業です。クレショフ氏はヘルシンキで法律を学び、まだ学生だったときにAaveをスタートさせました。

最初はETHLendという社名だった同社は、2017年に新規仮想通貨公開(ICO)で1,620万ドルを調達し、10億単位のAAVE暗号資産(最初の名前はLEND)を販売しました。

暗号資産LENDは、1 AAVEに対して100 LENDトークンのレートでAAVEに移行し、同社の暗号資産の供給総額を1,800万AAVEまで減らしました。

ETHLendはAaveとは異なり、資金をプールするのではなく、ピアツーピア方式で貸し手と借り手をマッチングしようとしました。2018年、ETHLendはAaveという名前に変更されました。これはフィンランド語で「幽霊」を意味します。ETHLendは、Aaveの子会社となりました。

当時発表されたその他の商品やサービスには、大規模取引を扱うトレーディングデスク、ブロックチェーンゲームに特化したゲームスタジオ、支払い処理システムなどがありました。
 

Aaveの仕組み


Aaveは、融資プールのシステムと呼ぶのが最もふさわしいでしょう。

参加者は、貸したい資金を入金し、その資金は流動性プールに集められます。借り手は、融資を受けるときにそのプールから資金を引き出すことができます。これらのトークンは、貸し手の希望に応じて取引したり譲渡したりできます。

このような活動を促進するため、Aaveは2種類のトークンを発行します。aTokenは貸し手に発行され、貸し手が預金の利息を回収できるようにします。AAVEトークンは、Aaveのネイティブトークンです。

AAVE暗号資産は、保有者に複数の利点を提供します。例えば、AAVEの借り手がトークンで融資を受けても、手数料はかかりません。また、AAVEを担保として使用する借り手は、手数料が割引されます。

AAVEの所有者は、AAVEで手数料を支払えば、一般に公開される前に融資を詳しく見ることができます。また、AAVEを担保として差し入れる借り手は若干多い金額を借りることができます。

データ会社のNomicsは、AAVEの機能のより広範なリストを持っています。

フラッシュローン

Aaveでは、「フラッシュローン」と呼ばれるローンを即座に発行し、決済することができます。これらのローンは、事前の担保を必要とせず、ほぼ瞬時に実行されます。

フラッシュローンは、すべてのブロックチェーンの機能を利用します。つまり、ブロックと呼ばれる新しいトランザクションバンドルがネットワークで受け入れられた場合にのみ、トランザクションが確定されます。

新しいブロックを追加するには、時間がかかります。ビットコインの場合は約10分です。イーサリアムの場合は13秒です。したがって、Aaveフラッシュローンはこの13秒の間に実行されます。

フラッシュローンは次のように機能します。借り手はAaveから資金を要求することができますが、同じブロック内でこれらの資金を返金し、0.09%の手数料を支払わなければなりません。借り手がこれを行わないと、トランザクション全体がキャンセルされ、資金の借り入れは行われません。

その結果、Aaveも借り手もリスクを負うことはありません。

取引の機会を活用したい、あるいはイーサリアム上に構築された他のシステムからの利益を最大化したい借り手は、フラッシュローンを活用するとよいかもしれません。フラッシュローンを利用して、さまざまな暗号資産を自動的に交換し、取引利益を生み出すことが可能です

注意:フラッシュローンを組み合わせて、イーサリアム上に構築された融資システムに対する攻撃が行われることがあり、数十万ドル相当の預金が盗まれたこともあります。


なぜAAVEに価値があるのか?

AAVEは、Aaveソフトウェアの管理において中心的な役割を果たし、ユーザーが、ソフトウェアを改善するためのルールやポリシーの変更に対して投票することを可能にしています。

またAaveチームは、セーフティモジュール(SM)と呼ばれるものを発表しました。このモジュールでは、流動性が不足した場合の保険になるように、参加者がAAVEをステーキングすることができます。これによりステーキング参加者は、プロトコル手数料のパーセンテージとともに、より多くのAAVEトークンを獲得できるようになります。

AAVEは、このユーティリティの他に、供給を制限することによって価値を高めています。事実、手数料からの利益をAAVEの購入に充てて、この暗号資産の流通量を減らしています。


AAVEを利用する理由

AAVEは、分散型融資の人気が今後も高まっていくと信じるトレーダーや投資家にとって興味深いものかもしれません。

2020年7月現在、Aaveシステムは、Ethereumで最も活発な分散型融資システムの1つであり、総預金額は1億5,800万ドルに達しています。競合する融資プラットフォームには、預金額が6億ドルを超えるCompoundやMakerなどがあります。

また、融資から得られた手数料をAAVEトークン保有者にどのように分配するかについて投票するなど、Aaveシステムを管理するルールについて意見を述べたい方も、AAVEを検討するとよいかもしれません。

AAVEを購入してみる


それでは次のステップに進み、AAVEを購入してみましょう。