Kraken

Avalancheとは何でしょうか?(AVAX)

Avalanche(AVAX)の説明


Avalancheは、独自のプルーフ・オブ・ステーク(PoS)メカニズムにより、スケーラビリティセキュリティ分散化というブロックチェーンの三者択一の欠点に対応することをねらったブロックチェーンプラットフォームです。
 
Ethereumと同様に、ネットワーク上で分散型アプリケーション(DApps)を実行するスマートコントラクトをサポートしています。AvalancheのスマートコントラクトはEthereumでも使用されるSolidity言語で記述されているため、AaveCurveなどの定評あるプロジェクトを含む分散型金融(DeFi)エコシステムを統合することで、相互運用性が高いブロックチェーンを構築することをねらっています。
 
AvalancheプラットフォームのネイティブトークンのAVAXは、エコシステムでトランザクションを動かすために使用されます。AVAXは、システムの報酬を分配し、ガバナンスに参加し、手数料を支払うことでネットワーク上の取引を促進する手段として機能します。


Avalancheの創始者は誰でしょうか?

2018年5月、ソフトウェア開発者の仮名グループであるTeam Rocketが、Avalancheプロトコルの基礎を詳細に説明する記事を公開しました。その後すぐに、エミン・ギュン・シラーが、Avalancheブロックチェーンの作成と開発を目的にAVA Labsを設立しました。
 
シラーはコーネル大学のコンピュータサイエンスの教授であり、Initiative for Cryptocurrencies and Contracts(IC3)の傑出したメンバーでした。2003年には、Bitcoinに先行して、ピアツーピアのファイル共有システム用のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)暗号資産であるKarmaも開発しました。
 
Avalancheは2020年7月にICOを通じて4,200万ドルを調達し、以降も多額の投資を引きつけてきました。2021年7月、Avalanche Foundationは2億3,000万ドルのトークン販売を実施し、Polychain社やThree Arrows Capital社などの大手ベンチャーキャピタル企業も参加しました。

Avalancheはどのように働くのでしょうか?


Avalancheのプラットフォームは複雑ですが、他のブロックチェーンプロジェクトと一線を画する設計に3つの主要な側面があります。コンセンサスメカニズム、サブネットワークの組み込み、および複数の組み込みブロックチェーンの使用です。

Avalancheのコンセンサス

ブロックチェーンネットワークがトランザクションを検証して安全性を維持するためには、ノードが合意(コンセンサス)に達することを許可するプロトコルを採用する必要があります。暗号資産に関しては、この合意に到達するための主要な方法として、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)vsプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を中心に議論されています。

Avalancheは、PoSを基礎として構築された新しいコンセンサスメカニズムを使用しています。ユーザーがトランザクションを開始すると、バリデータ・ノードがそれを受け取り、他のバリデータの小さくランダムなセットをサンプリングして、一致を確認します。バリデータは、このサンプリング手順を繰り返し実行し、相互の「ゴシッピング」は、最終的にはコンセンサスに達します。

このようにして、1つのバリデータのメッセージが他のバリデータに送信され、このバリデータがさらに多くのバリデータを何度も何度もサンプリングして、結果としてシステム全体が一致するまで繰り返します。1つの雪の結晶が雪だるまになるのと同じように、1つの取引が最終的にAvalanche(雪崩)になり得るのです。

バリデータの報酬は、ノードがそのトークンをステークした時間(プルーフ・オブ・アップタイム)に従って、そしてノードが履歴上ソフトウェアの規則に従って動作していた場合はプルーフ・オブ・コレクトネスに従って増減します。

サブネットワーク

Avalancheのユーザーは、独自のルールセットを使用して運用できる特殊なチェーンを立ち上げることができます。このシステムは、PolkadotパラチェーンEthereum 2.0のシャードのような他のブロックチェーンのスケーリングソリューションに匹敵します。

これらのチェーンに関するコンセンサスは、サブネットワーク(またはサブネット)によって達成されます。サブネットワークは、指定されたブロックチェーンのセットの検証に参加するノードのグループです。すべてのサブネットバリデータは、Avalancheのプライマリネットワークも検証する必要があります。

ビルトインブロックチェーン

Avalancheは、ブロックチェーンの三者択一の限界に対処するために、3つの異なるブロックチェーンを使用して構築されます。暗号資産は、上記の各チェーンにまたがって移動し、エコシステム内でさまざまな機能を実現できます。

  • 交換チェーン(Xチェーン)は、資産が形成され交換されるデフォルトのブロックチェーンです。これには、AvalancheのネイティブトークンAVAXが含まれます。
  • コントラクトチェーン(Cチェーン)は、スマートコントラクトの作成と実行に備えます。Avalancheのスマートコントラクトは、Ethereum仮想マシンをベースにしているため、クロスチェーンの相互運用性の利点を活かすことができます。
  • プラットフォームチェーン(Pチェーン)はバリデータを調整し、サブネットの作成と管理を可能にします。


なぜAVAXに価値があるのでしょうか?

他の多くの暗号資産と同様に、Avalancheは7億2,000万のAVAXトークンを上限としており、その半分は2020年のAvalanche発売時に作成され、配布されました。残りのトークンは、ステーキング報酬という形で、マイニングプロセスによって生成されます。
 
バリデータの報酬が、プルーフ・オブ・アップタイムとプルーフ・オブ・アップタイムに基づいているため、AVAXの動機付けは非常に強く、トークンの需要が高い場合でも、AVAXの循環供給が比較的低いシステムが構築されます。
 
さらに、BitcoinやEthereumなどの他のブロックチェーンとは異なり、Avalancheの手数料はネットワークのバリデータには支払われません。その代わり、あらゆる手数料がバーンされます。これにより、AVAXの不足がさらに悪化しますが、これは、ネットワークの寿命を確保するための努力において、ミントプロセスによって相殺されます。


AVAXを利用する理由

Avalancheは、トランザクションの速度とコスト効率のバランスを取る忠実性とセキュリティが高度なネットワークを提供する一方、使いやすく信頼性の高い分散化を維持します。
 
Avalancheの製品の検討を希望するユーザーは、AVAXトークンを購入することができます。AVAXトークンは、取引手数料やガス料金の支払い、スマートコントラクトとの対話、そしてAvalancheの魅力的な報酬を活用するために使用されています。
 
AvalancheのDeFiプログラムに興味がある方、またはネットワーク上に構築されている他のDAppsに可能性を感じる方は、これらのプロジェクトに参加するためにAVAXを保有したいと思うでしょう。

暗号資産を購入してみる


それでは次のステップに進み、暗号資産を購入してみましょう。