Kraken

暗号資産とは?

暗号資産初心者ガイド


ネットワークコンピューティングの初期の頃から、研究者やサイエンティストたちは、デジタルマネーを適切に交換できるプロトコルは理論上可能であると考えていました。 

しかし、科学の分野ではよくあるように、このアイデアも実現までには時間がかかりました。実際に、20世紀に電子キャッシュの形態を構築する試みが注目を集めたにもかかわらず、現実はそれほど甘くありませんでした。ビットコインが発明されたのは2009年のことでした。 

今日の世界をご覧ください。数多くのテクノロジーが存在し、これらは暗号資産に関する当初の定義を満たしていると言われています。さらに、これまでの制約を超えたイノベーションにより、まったく新しいものを作ることも可能です。

しかし、暗号資産には、それぞれにさまざまな主張があるにもかかわらず、コンピューティングプロトコルのクラスとして多くの共通点があります。例えば、ほとんどの暗号資産は、デジタルプライバシーの強化や、デジタル取引からサードパーティを排除する必要性の認識から生まれたものです。

ビットコイン現在利用可能な暗号資産の中で最も有名ですが、使用されている構成要素はどれもほぼ同じです。

暗号資産に共通する特性としては、一般的に以下が挙げられます。

  1. ボーダーレス:暗号資産は世界のどこからでも送受信できます。
  2. 耐久性:暗号資産は価値を落とすことなく、何度でも繰り返し使用できます。
  3. 不可逆性:トランザクションを元に戻すことはできず、ユニットを再使用することはできません。
  4. パーミッションレス:ウォレットを作成して暗号資産を所有する際、情報提供や許可が必要ありません。
  5. 匿名性:トランザクションに個人名や識別情報を添付する必要はありません。

What is cryptocurrency crypto


暗号資産における初期の試み

商用および非軍事目的で暗号化が広く使用され始めたのは、1970年代以降でした。その頃、暗号化やオープンソースコードによる新しいシステムの構築に特化したサイファーパンク運動が始まりました。

主な初期プロジェクトには以下のものがありました。 

David Chaum博士のeCash:デジタル通貨を作成する初の大規模な試みは、eCashユーザーがデジタル形式で資金を保管し、銀行が暗号化された署名を付加し、あらゆるeCash対応店で使用できるようにすることでした。

Adam Back博士のHashcash:電子メールの送信にコストがかかるアンチスパムメカニズムであり、ユーザーがアカウントを作成してアクセスする必要はありませんでした。

Wei DaiのB-money:すべての参加者は、自分が所有する資産を単独のデータベースに保存できるという、匿名の分散型デジタルキャッシュシステムの提案。参加者は、正直に資産を示すことが奨励されました。

Hal FinneyのRPOW(リユーザブル・プルーフ・オブ・ワーク):一度しか使用できない固有の暗号トークンを作成するスキーム。このシステムでは、検証と二重支払い防止が中央サーバーで行われました

Nick SzaboのBit Gold:FinneyのRPOWに基づくデジタルコレクション。ユニットは、実行された計算作業の量に基づいて評価されます。Bit Goldは、デジタル通貨の希少性に関するアイデアも取り入れました。 


同じようなビジョンにもかかわらず、暗号資産における初期の試みは、ほとんどが集中管理を回避できず、さらにユニットが経済的価値を維持できなかったため失敗しました。

それから2008年10月31日に至り、匿名の人物や関係者たちにより、欠点を解決しながらこれまでのアイデアを基に構築されたビットコインが発表されました。

暗号資産の起源


最新の暗号資産を完全に理解するには、どのような方法にせよ、デジタルマネーの実現に向けたさまざまな試みに関する豊かな歴史を掘り下げていく必要があります。 

それは、現在の暗号資産が、過去に確立された成果の組み合わせだけで新しい技術が生まれた「組み合わせ発明」と呼ばれるのに最もふさわしいからです。 

今日のすべての暗号資産のルーツには、暗号化技術、安全なプライベート通信に使用される技術、こうした情報をエンコードする暗号化プロセスがあります。 
 

 

暗号化とは?


暗号化とは、プライベートかつ安全な方法で情報を送信できるようにするコードや暗号を作成する技術です。

最も古い暗号化の形態は、特定の古代文明まで遡ることができます。エジプト文字で記号の置き換えが使用されている例が有名です。 

しかしその後、暗号化は広く発展し、多くの反復を経て時代に適応していくようになりました。例えば、中世では、メッセージが2つのアルファベットでエンコードされ、メッセージを解読するには両方の文字にアクセスする必要がありました。

1900年代初頭には、主に軍事機関や諜報機関で暗号化が使用されました。特に戦時中は、秘密通信が駐屯地間の情報送信で重要な手段となりました。20世紀初頭の最も有名な暗号クリエイターの1人であるAlan Tingは、第2次世界大戦中にドイツのメッセージを解読できるコンピュータを構築しました。

今日、特にインターネットを介した当事者間での転送において、暗号技術を用いて転送を保護する手法が「暗号化」と呼ばれています。 

 

デジタル署名


現代の暗号化技術、情報、データは秘密鍵で署名され、昔と同様、サードパーティはメッセージの署名を検証することができます。

多くの場合、デジタル署名は、通信の完全性と信頼性を保護し、データを変更不可にする目的で使用されます。署名を作成して検証するために、ユーザーは秘密鍵と公開鍵のセットを使用します。 

暗号資産ネットワークでは、デジタル署名を使用して暗号資産の転送を実現しています。受信者は送信者に公開鍵を提供し、送信者の秘密鍵が、資産を受信者の公開鍵に割り当てるトランザクションに署名します。

ハッシュ関数も、暗号化に固有の機能です。ビットコインなど一部の暗号資産が分散ネットワークを保護し、新しい通貨ユニットのリリースを規制する方法であるマイニングにおいて、ハッシュ関数は不可欠です。 

ハッシュは、任意サイズのデータ情報の入力を取得し、固定サイズの出力を生成する数学的プロセスです。コンピュータは、ビットコインプロトコルでブロックを提案するために、いずれかのハッシュの値が十分に小さくなるまで、ハッシュを生成し続けます。  

成功したハッシュは、他のコンピュータにブロードキャストされ、ソリューションが正しいかどうかを検証します。正しい場合、ブロックをブロードキャストしたユーザーに新しいビットコインが付与されます。

デジタル署名とハッシュは、これまでのデジタルキャッシュ作成の試みから生まれた重要な技術的資産でもあり、多くの暗号資産で幅広く使用されています。 

 

サトシ・ナカモトのビットコイン


サトシ・ナカモトのハンドルネームを持つプログラマー(またはプログラマーのグループ)が、ホワイトペーパー「ビットコイン:ピアツーピア電子キャッシュシステム」を発表しました。

ビットコインは、一元化されたサーバーやデータベースを利用してトランザクション、アカウント、残高に関する情報を格納するのではなく、独自のユーザーネットワークを利用して、このサービスを実現しました。 

2009年初めに最初のビットコインがマイニングされ、今日の暗号資産エコシステムの成長に至りました。

ビットコインの仕組みの詳細については、「ビットコインとは?」のガイドをご覧ください。このガイドでは、ビットコインのテクノロジーとビジョンについて詳しく説明しています。


クラーケン暗号資産ガイド

 

役立つリソース

2010年以降、暗号資産プロジェクトの多くは、この歴史を基にして構築が進められてきました。 

さまざまな種類の暗号資産の詳細については、クラーケンの「暗号資産の種類」ページをご覧ください。 

特定の暗号資産に関する詳細情報をお探しですか?その場合は、学習センターにアクセスして、成長を続けるこの分野の教育をさらに進めてください。

暗号資産を購入してみる


それでは次のステップに進み、暗号資産を購入してみましょう。