Kraken

メイカーダオ(MakerDAO)とは?

初心者ガイド


*本記事は、特定の暗号資産を推奨するものではありません。また、特定の暗号資産の取扱いの開始、中止及び廃止を示唆する意図はありません。

メイカーダオ(MakerDAO)は、イーサリアム 上で機能するプロジェクトで、米ドルの価格と連動するように設計された 暗号資産 「DAI」を発行・管理するためにコンピュータの分散化ネットワークにインセンティブを与えることを目的としています。

分散型金融(DeFi) の1つであるメイカーダオ(MakerDAO)は、それ自体が「メイカープロトコル(Maker protocol)」と呼ばれる大きなシステムの一部であり、銀行や政府を一切必要とせず暗号資産の組み合わせだけで「DAI」 を発行・管理します。

具体的には、メイカープロトコルが機能するためには、2種類のトークン(「DAI」と「MKR」)を必要としています。

「DAI」は、ユーザーがETHなど別の暗号資産をメイカープラットフォームにロックして、DAIでローンを組んだときに発行されるステーブルコインです。ユーザーは借りたDAIを返すことでロックした暗号資産の返還を要求できますが、その価値が一定以下になると自動的に売却される可能性があるため、注意が必要です。

((DAIがどのように発行・管理されているかについては、「DAIとは何か」をご確認ください)。

DAIは、メイカープロトコルが提供するサービスと考えるのが一番適している一方で、「MKR」は、DAIが機能するために、プロジェクトに対してどのような変更をすべきかについて投票を行うときに使用するガバナンストークンです。

つまり、ユーザーはMKRを使って、DAIをどのように機能させるかの提案に投票することができるのです。 例えば、MKR保有者は、どの暗号資産をメイカープロトコルにロックできるか、あるいは暗号資産を清算する際の価格について投票する際にMKRを利用します。

2020年現在、メイカープロトコルはDAIを発行するために使用できる暗号資産として、ETHMANABATを含む 8つの暗号資産 を受け入れています。

What is makerdao mrk


MakerDAOの創設者は?

メイカープロトコルは、ルネ・クリステンセン(Rune Christensen)を中心とした開発者グループによって2015年に誕生しました。このグループはその後、ケイマン諸島の企業であるメイカー財団(Maker Foundation)として正式化されました。

2017年、メイカーチームはMKRを著名なベンチャーキャピタルであるアンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz)などに売却し、 1,200万ドル を調達しました。この中には、暗号資産ファンドのPolychain Capitalや、1Confirmationのようなベンチャーキャピタルも含まれていました。

2018年には、さらに1,500万ドル相当のMKRがアンドリーセン・ホロウィッツに売却されました。同社は当時、DAIシステムの統治を支援することで、メイカーダオ(MakerDAO)に参加するつもりだ と述べていました。

メイカーダオ(MakerDAO)は2019年、アジアへの拡大のため、ベンチャーキャピタルのParadigmとDragonfly Capital Partnersから2,750万ドルを追加で調達しています。

メイカーダオ(MakerDAO)はどのような仕組みですか?


リリース時には、メイカープロトコルを管理するために100万個のMKRが発行されました。

このMKRを保有する人は誰でも、「Executive Voting」と呼ばれるプロセスを用いて、重要な決定事項に投票できます。Executive Voteが可決されると、メイカープロトコルのコードは可決された提案を反映するように変更されます。

ただし、Executive Voteが行われる前に、別の形式の投票が先に行われます。これは「Proposal Polling(提案投票)」と呼ばれ、MKR保有者がプロトコルに変更を加える前に、提案に対する評価を行うための方法です。

3つ目の投票 は、メイカーフォーラムのスレッドを使ってMKRの保持者以外でも提案することができます。

誰でもメイカープロトコルに提案はできますが、投票は、MKR保有者しかできません。投票は、 提案にコミットされたMKRの数量 によって決められます。

例えば、1,000MKRの保有者10人がA案に投票し、5,000MKRの保有者5人がB案に投票した場合、より多くのMKRが支持しているB案が選択されます。

投票結果に影響を与えるのは、MKRの数量だけであり、保有者数ではありません

DAIの貯蓄率

MKR保有者が、DAI保有者がプラットフォーム上にDAIを保管した場合に得られる数量を決めることができることは重要なポイントです。DAI保有者がDAIの保管によって得られる数量は、「DAI貯蓄率(DAI Savings Rate)」として知られています。

DAI貯蓄率は、これまでは最高で8.75%、最低で0%となっています。現在は、2020年3月にDAIが1ドルを大きく上回る水準で取引された 市場の暴落により、現在の貯蓄率は0%に設定されています。

暴落の余波で、MKR保有者は、DAIを売却してDAIの価格を1ドルに近づけることを促すために、DAIの貯蓄率を0%に設定することを投票で決定しました。

この場合、MKR保有者は予想通りの投票をしたことになります。

DAIの価格が1ドル以上になると、MKR保有者は、需要を減らすために貯蓄率を下げる投票をするので、価格が下がると予想されます。

DAIの価格が1ドル以下であれば、MKR保有者は貯蓄率を上げてDAIを保有する需要を増やすことで、価格が上昇します。
 


なぜMKRには価値があるのですか?

MKRの供給はシステムがうまく機能しているときには減り、うまく統治されていないときには増えるため、メイカープロトコルの利用が進む(システムがうまく機能している)につれて価値が増えるからです。

しかし、投資家にとって注目すべきは、MKRの総量に上限がないことです。MKRは、オークションによって制御される 2つのシナリオで発行、または破棄されます。

メイカーシステムが意図したとおりに機能すると、DAIを発行するために暗号資産をシステムにロックするユーザーから手数料が徴収されます。

担保オークション(Surplus Auctions)

徴収した手数料がMKR保有者によって設定された一定数量を超えると、メイカーシステムは余ったDAIを売却するためのオークションを開催します。この余分なDAIは、MKRで購入する必要があります。このプロセスを「担保オークション(Surplus Auctions)」といいます。

オークションが終了すると、MKRは破棄され、MKRの総供給量が減少します。MKRの供給が減ると、MKRの価格が上がります。

債務オークション(Debt Auctions)

一方、物事がうまくいかず、ロックされた暗号資産が以前の価値よりも低い値段で売られている場合、メイカーシステムは債務オークションで資金を調達します。

債務オークションでは、システムで発行された新しいMKRがDAIでオークションにかけられます。この種のオークションは、MKRの総供給量を増加させるため、MKRの価格を下がります。

そのため、MKR保有者は、メイカーシステムが円滑に稼働し、ユーザーからより多くの手数料を得られ、引いてはMKRの供給量が減少することを確保しようとするでしょう。

MKR保有者が不用意に投票すると、ロックされた暗号資産が自動的に低い価格で売却され、MKRの供給が増加する可能性があります。
 


MKRのメリットは?

メイカープロトコルの運用方法に関する重要な決定の一翼を担いたいのであれば、MKRを保有することをお勧めします。

MKRを保有すればするほど、どの暗号資産をプロトコルに使用するか、またはどの暗号資産をDAI発行に使用するかについて発言権 を持つことができます。

皆さんは、このプロトコルの普及が進む中で、MKRの保有を検討するようになるかもしれません。メイカープロトコルが広く使用されるようになれば(そしてうまく運営されるようになれば)、MKRは暗号資産ポートフォリオに加える価値のあるものになるかもしれません。
 

MKRを買おう


ここまで読んだあなたは、次のステップに進む準備ができましたね!実際にMKRを手にしてみましょう。