Kraken

Polkadotとは?(DOT)

Polkadot初心者ガイド


Polkadotは、ブロックチェーンを運用するためのコンピュータのネットワークのグローバル化を促すソフトウェアです。ユーザーはそのブロックチェーン上で自身のブロックチェーンをローンチして運用することができます。

このようにして、Polkadotは暗号資産のエコシステムを成長させることを目的に競合する、多くのブロックチェーンの1つであり、他の注目すべきブロックチェーンとしてイーサリアム(ETH)、Cosmos(ATOM)、EOSIO(EOS)などがあります。 

ただし、Polkadotは2020年にローンチした最新のプロジェクトの1つで、野心的な目標に向けて多くの新たな技術機能を導入しています。 

まず、Polkadotは2種類のブロックチェーンを運用するように設計されています。トランザクションが永続的なリレーチェーンと呼ばれるメインネットワークと、パラチェーンと呼ばれるユーザー作成ネットワークです。

パラチェーンは、任意の数のユースケースに合わせてカスタマイズし、メインブロックチェーンに接続できるため、パラチェーントランザクションはメインチェーンと同じセキュリティを享受できます。 

この設計によって、Polkadotチームは、メインチェーンの実行に必要なコンピューティングリソースのみを使用することで、トランザクションを安全かつ正確に維持できると主張しています。そのうえ、多くの異なるユースケースに合わせて多くのパラチェーンをカスタマイズできるという利点もあります。 

Polkadotチームはこの設計により、ユーザーがよりプライベートかつ効率的にトランザクションを実行でき、パブリックネットワークにユーザーデータを開示しないブロックチェーン、またはより多くのトランザクションを処理するブロックチェーンを作成できるようになると考えています。 

Polkadotはこれまで、DOT暗号資産の2つのブロックチェーンの売上で投資家から約2億ドルを調達し、これまでで最も資金力のあるブロックチェーンプロジェクトの1つとなっています。

プロジェクトの現在の開発ステータスを把握していたいユーザーは、公式のPolkadotプロジェクトロードマップで最新の詳細をフォローできます。

What is polkadot dot


Polkadotの創始者とは?

Polkadotは2016年に、Gavin Wood(イーサリアムの共同創設者)と、共同創設者Peter CzabanおよびRobert Habermeierによって設立されました。 

Woodの経歴は、イーサリアム上で分散型アプリケーション(DApp)を記述するために開発者が使用する言語、Solidityを開発したことで有名です。また、Ethereum Foundationの初代CTOでもあり、かつてはMicrosoftのリサーチサイエンティストを務めていました。 

Woodは2015年に、Jutta Steinerと共にParity Technologiesという会社を設立しました。その目的は、イーサリアム上で構築したいプロジェクトを実装することでした。Parity Technologiesは、ネットワークノードの大部分が実行する2つのクライアントの1つなど、イーサリアムの促進に不可欠なソフトウェアの開発にも取り組みました。 

Parity Technologiesは現在、Substrateを管理しています。これは、パラチェーンを迅速に作成したいPolkadot開発者が主に使用するソフトウェア開発フレームワークです。 

Web3 Foundation

Web3 FoundationはPolkadotのトークンセールを実施した非営利団体です。Gavin Woodはその会長であり、Pete Czabanも共同創設者です。

Web3 Foundationは、トークンオファリングから30%の資金を受け取り、Polkadot開発を促進するためにこれらの資金の配分を監督しています。
 

Polkadotの仕組み


Polkadotネットワークでは、3種類のブロックチェーンを作成できます。 

  • リレーチェーン – Polkadotのメインブロックチェーン。このネットワークでトランザクションが確定されます。速度を向上させるために、リレーチェーンは、新しいトランザクションの追加と、それらのトランザクションの検証動作を分離しています。このモデルにより、2020年のテストによると、Polkadotは1秒あたり1,000トランザクションを処理できます。 
  • パラチェーン – パラチェーンは、リレーチェーンのコンピューティングリソースを使用して、トランザクションが正確であることを確認する、カスタムブロックチェーンです。 
  • ブリッジ – Polkadotネットワークは、ブリッジを使用して他のブロックチェーンと対話できます。EOS、Cosmos、イーサリアム、ビットコインなどのブロックチェーンとのブリッジを構築する作業が進行中です。これにより、中央取引所なしでトークンを交換できるようになります。

リレーチェーン

Polkadotリレーチェーンは、システムの状態に関する合意内にネットワークを維持するために、ノミネーテッド・プルーフ・オブ・ステーク(NPO)と呼ばれるプルーフ・オブ・ステーク(POS)のバリエーションを使用します。

このシステムでは、特別なコントラクトに暗号資産をロックして、その運用に必要な以下の役割を1つ以上実行することで、DOTをステーキングする人を許可します。 

  • バリデータ – パラチェーンブロック内のデータを検証します。また、コンセンサスに参加し、ネットワークに提案された変更に投票します。
  • ノミネータ – 信頼できるバリデータを選択することで、リレーチェーンを保護します。ノミネータは、ステーキングされたDOTトークンをバリデータに委任します。したがって、投票はバリデータに割り当てます。
  • コレータ – 各パラチェーンのすべての履歴を保存するノードが動作し、パラチェーントランザクションデータをブロックに集約して、リレーチェーンに追加します。 
  • フィッシャーマン – Polkadotネットワークを監視し、不正な動作をバリデータに報告します。

DOTにステーキングし、これらの役割を実行するユーザーにも、DOTリワードを受け取る資格があります。

Polkadot Governance 

Polkadotの3種類のユーザーは、ソフトウェアの開発に影響を与えることができます。 

以下のユーザーが含まれます:

  • DOTホルダー – DOTトークンを購入する人はすべて、自分のDOTを使用してネットワークへの変更を提案し、他の人から提案された主要な変更を承諾または却下できます。 
  • 評議会 – DOTホルダーによって選出されます。評議会メンバーには、変更を提案し、DOTホルダーによって提案されたどの変更がソフトウェアに適用されるか、決定する役割が割り当てられています。評議会メンバーによる提案は、通常のDOTホルダーによる提案より少ない投票で承諾されます。 
  • 技術委員会 – Polkadotを意欲的に構築するチームで構成されます。このグループは、緊急時に特別な提案を行うことができます。Technical Committeeメンバーは、Councilメンバーの投票で決まります。

Polkadotとイーサリアムの違いは何ですか?

どちらの会社も創設者が注目を集めますが、Polkadotとイーサリアムの違いについて多くの憶測がなされてきました。 

実際、Polkadotと、Ethereum 2.0と呼ばれる近日公開されるイーサリアムのメジャーアップデートには、設計と運用において多くの類似点が見られます。 

どちらのネットワークも、トランザクションが確定されるメインブロックチェーンを運用し、リソースを活用する多数の小規模ブロックチェーンを作成できます。どちらのテクノロジーも、ネットワークを同期させる手段として、マイニングの代わりにステーキングを使用します。 

ネットワーク間のトランザクションを相互運用可能にするための方法について、調査が進行中です。例えば、Parityは、イーサリアムのコードとコミュニティを活用するアプリケーションを展開したいユーザー向けに設計されたテクノロジーを開発しましたが、それはPolkadotで動作するでしょう。

最後に、開発者は Polkadotの開発フレームワークを使用して、独自のカスタムブロックチェーン設計内で使用できるイーサリアムブロックチェーンのコピーをシミュレートできます。 
 


なぜDOTに価値があるのか?

DOT暗号資産は、Polkadotネットワークを維持および運用するうえで重要な役割を果たします。

ユーザーはDOTを所有およびステーキングすることで、ネットワークアップグレードに投票する権利を取得します。各投票は、ステーキングしたDOT暗号資産の量に応じて調整されます。2020年時点で、クラーケン上でDOTをステーキングすると、 年換算利回りが12%になっています。 

Polkadotは、ステーキングしているトークンの量に基づいて、新たにミントされたDOTに関するリワードをユーザーに授与します。4つの主要コンセンサスの役割すべてがリワードを受け取ります。

ただし、投資家が注目すべきことは、Polkadotのソフトウェアルールは当初、供給上限なしで、1,000万DOTの作成を見込んでいました。ですが、新しいDOTトークンは、所定のインフレ率で恒久的にリリースされると予想されています。

2020年のその後のトークンホルダー投票によって、DOTトークンの標準単位が変更されました 。通貨の基本単位が変わり、供給の通貨単位が10億DOTにデノミネーションされました。 


DOTを使用する理由

ブロックチェーン間の相互運用性の促進に注目するユーザーは、Polkadotネットワークに魅力を感じるかもしれません。 

さらに、Polkadotにはさまざまなプロジェクトがすでに構築されています。例としては、クラウドプラットフォーム、ブラウザ拡張ウォレット、さまざまな種類のブロックエクスプローラなどがあります。 

DOTは、ステーキングからリワードを得たい投資家にとっては関心の高い選択肢かもしれません。例えばクラーケンでは、ユーザーがDOTにステーキングして年利12%を得ることができるようなステーキングービスを提供しています。 

Polkadotを購入してみる


それでは次のステップに進み、DOTを購入してみましょう。