Kraken

SushiSwapとは何でしょうか?(SUSHI)

初心者ガイド


SushiSwapはEthereum上で実行されるブロックチェーンプロトコルで、ユーザーによる暗号資産の売買が可能なプラットフォームの運用のため、ユーザーのネットワークに報酬を持ち込もうとするものです。

SushiSwapは、UniswapBalancerなどのプラットフォームと同様に、この目標の達成のため、流動性プールのコレクションを使用します。ユーザーはまず資産をスマートコントラクトにロックアップし、トレーダーがそのプールから暗号資産を売買し、トークンを別のトークンに交換します。

SushiSwapは、増加を続ける分散型ファイナンス(DeFi)プラットフォームの1つとして、ユーザーが中央運用管理者の関与なしに暗号資産を取引できるようにします。

つまり、SushiSwapの分散型交換に関連する決定は、そのネイティブ暗号資産であるSUSHIの保有者によって行われるのです。資産残高の保有者は、運用方法の変更提案や、他のユーザーが提出した提案への投票ができます。

What is sushiswap sushi


SushiSwapの創設者は誰でしょうか?

注意:Sushiswapは、名前を「Sushi」に単純化する軽いリブランディングの実行中です。

 

SushiSwapは2020年にシェフ・ノミという仮名化された個人またはグループが、共同創設者のSushiswapと0xMakiと共に創設しました。

創設チームは、Uniswapが使用するオープンソースコードをコピーして、SushiSwapの基盤を構築しました。

次に、Uniswap上の特別なプールにロックアップされた資金に対して、SUSHIトークンの報酬を約束することで、ユーザーを引き付けました。Sushiswapのコードの準備が整ったところで、そのプールの資金はSushiSwapに転送されました。

しかし、この資金がSushiSwapに移行する前にシェフ・ノミがこのプールから約1,300万ドルを引き出したため、ユーザーはショックを受けました。

仮名の創設者シェフ・ノミがこの資金とともに失踪するのではという懸念が巻き起こる中、ノミは、暗号資産のデリバティブ取引企業Almeda Research社の総帥サム・バンクマン-フライドにSushiSwapの管理権限を委譲しました。

数日後、シェフ・ノミは、流動化された資金をプールに戻し、ユーザーに謝罪しました。その後、バンクマン-フライドの監督のもと、ロックダウンされた資金は計画どおりに移行処理されました。

SushiSwapはどのように機能しますか?


SushiSwapの中核機能は、ユーザー間のさまざまな暗号資産の売買を促進することで、従来の取引所を忠実に再現することです。

SushiSwapで取引されるトークンは、単一の中央エンティティによってサポートされているのではなく、スマートコントラクトによって維持され、ユーザーがプロトコル上で暗号をロックして、トレーダーのアクセスを可能にします。

注意すべきことは、ロックされた資産との取引を行う者はプールへの拠出額に基づいて手数料を支払い、それがすべての流動性供給者に分配されるということです。

SushiSwap Farm

流動性提供者は、EthereumウォレットをSushiSwapのファーミングプロトコルに連結し、2つの資産をスマートコントラクトにロックすることで、SushiSwapプールに貢献します。たとえば、SushiSwapのUSDT/ETH流動性プールは、USDTETHの均等な預入額で構成されます。

バイヤーは、プロトコルのルールに基づいて、プール内のトークンをスワップできます。SushiSwapを実行中のスマートコントラクトでは、バイヤーからのトークンの量を取得し、同量のトークンを送り返すことで、プールの合計価格が一定に保たれます。

これらのプールで流動性を維持するのと引き換えに、プロバイダーには報酬としてプロトコル手数料と、1日の新規鋳造分から100SUSHIが支払われます。

プロバイダーは、ファーミングで得た暗号資産である「harvest」とともに、いつでも資金の返還請求ができます。

SUSHIのハーベスティング後により多くの暗号資産を獲得したいユーザーは、SushiBarを利用できます。SushiBarは、SUSHIをステークして、オープン市場で購入したSUSHIトークンと取引所で生じる手数料の一部から成るxSUSHIトークンを獲得できるアプリケーションです。


なぜSUSHIに価値があるのか?

SushiSwapの暗号資産SUSHIは、ネットワークの維持と運用において不可欠の役割を果たします。

SUSHIを保有するユーザーは、エコシステムの改善提案に投票してプロトコルの管理に貢献できます。そして、だれでもSushiSwapユーザーに投票を依頼できます。

SushiSwap通貨への提案と投票には拘束力がないことに留意することが重要です。つまり、選出された個人は、提案がプロトコルに実装される前に、その提案を手動でサインオフしなければならないのです。

最終的に、SushiSwapユーザーは、ガバナンスをDAO(分散自律型組織)に移行しようと計画しています。DAOでは投票が拘束力を持ち、決定はプロトコルによって自動実行されます。

最後に、SUSHIを保有するユーザーは、それをxSUSHIプールにステークすることで、ネットワークで発生する手数料の一部を得ることができます。


SUSHIを使用すべき理由

トレーダーにとって、従来の取引所では利用できない、流動性の低い新しい暗号資産へのアクセスを提供できるSushiSwapは魅力的かもしれません。

分散型の取引所がこれまでと同様に、第三者への資金委託が不要な取引環境の恩恵を受けたいと考える人々を惹きつけるだろうと考える投資家は、ポートフォリオにSUSHIを追加することを検討するかもしれません。

最後に、Ethereumブロックチェーン上に構築されたさまざまなプロジェクトへのアクセスを望む投資家も、SUSHIは関心を寄せると思われます。

Sushiを購入してみる


それでは次のステップに進み、すぐにSUSHIを購入してみましょう。