Kraken

1inchとは?(1INCH)

1inch(1INCH)の説明


1inchは、分散型交換所アグリゲーターで、トレーダーに最高の取引価格と最低の取引手数料を提供することを目指しています。

分散型交換所(DEX)は分散型金融(DeFi)エコシステムの一部分であり、トレーダーが、仲介者による注文の実行、財源の管理、またはその他の取引監視を挟まずに暗号資産を交換できるようにします。DEXは、個人情報を共有することなく、トレーダーがウォレットで財源を管理できるようにします。

いかなるときでも、価格と取引手数料は分散型取引所間で大きくことなることがあります。交換所の価格の確認と比較を手作業で行うのと異なり、1inchでは多数のDEXからリアルタイムの価格情報を収集し、トレーダーが市場全体での最適価格を特定し、単一のプラットフォームでの取引機会を捉えることが可能です。

1inchがデータのアグリゲート元としている人気の交換所には、UniswapSushiSwap0xKyber Network、そしてBalancerがあります。 

what is 1inch (1INCH)


1inchの開発者とは?

1inchは、セルゲイ・クンツとアントン・ブコフがイーサリアムブロックチェーン上で開発し、2019年5月のETHGlobalハッカソンで立ち上げました。クンツは以前ポルシェでソフトウェアエンジニアとして勤務しており、ブコフはNEAR Protocolに勤務する開発者でした。

両名は、2020年12月の資金募集ラウンドで、Pantera CapitalとParaFi Capitalを含む多くの有名企業の参加を集め、1,200万ドルを確保しました。同月、チームは引き続きプラットフォーム所有の1INCHトークンのローンチに進みました。

立ち上げの一部として、その日以前に1inch exchangeプラットフォームを利用したことのある人に、一定の条件で、1inchガバナンストークンをエアドロップしました。
 

1inchの仕組みは?


1inchは、人気の旅行予約サイトの多くと同様のやり方で動作します。こうしたサイトが数百ものエアライン、ホテル、旅行業者ウェブサイトから価格を集約するのと全く同様に、1inchは多数の分散型取引所の暗号資産価格と取引手数料を比較します。

アグリゲーションプロトコル

1inchは、取引を最高の価格と最低の手数料のプラットフォームに自動的に転送し、トレーダーがDEX全体で価格と取引手数料を比較しながら単一のプラットフォームを使用できるようにします。

1inchの最新の革新であるPathfinderでは、ガス代を考慮に入れながら、複数の市場から最良の取引ルートが特定されます。Pathfinderでは、最良の価格効率オプションを得るため、単一の取引を複数のDEXプラットフォームの小口の部分に分割することができます。

たとえば、1inchユーザーが、1inchプラットフォームで、100ドル相当のDAIステーブルコインをイーサに替えようとしているとします。1inchであれば、DAIをまずUSDCなどの別のステーブルコインに替えた後で、USDCをETHに替えれば、ユーザーの支払う取引手数料が最少額になることがわかるかもしれません。 

さらに、1inchによって、0x交換所で30ドル相当のDAIをETHに替え、Balancer交換所で70ドル相当のDAIをETHに替えると、最もコスト効率が高いと分かる可能性があります。1inchのトレーダーは、舞台裏で発見と転送の複雑なプロセスが発生することを心配せずに、単一の取引を実行するだけです。

流動性プロトコル

1inch流動性プロトコルは、当初Mooniswapという名前でローンチされました。このプロトコルでは、ユーザーは暗号資産を1inch流動性プールに預け入れることにより、不労所得を稼ぐことができます。さらに、流動性プールに保管されている暗号資産は、1inch分散型取引所で取引を行うトレーダーが取引の相手側として使うことができます。 

流動性提供者はその見返りに「LPトークン」を獲得します。このトークンをステーキングするか他の暗号通貨と交換することができるのです。

1inch流動性プロトコルは、バーチャルレートと呼ばれる機能も採用しています。これは、取引のフロントランニングの問題に対処するためのものです。フロントランニングは、悪意のあるトレーダー(マイナーまたはボット)が、ネットワークにブロードキャスト中の取引を監視し、発見した未確定取引よりも前に自分の取引に高い手数料をビッドするという形で発生します。バーチャルレートは、流動性プールの手数料に調整を導入して、悪意のある人物が上記を実行しても利益が得られないようにします。

指値注文プロトコル

1inchの指値注文プロトコルにより、トレーダーは、通常のスワップ注文より高度な条件付注文を実行できます。指値注文プロトコルを使用することによって、1inchのトレーダーは、利益を特定価格に自動的に固定するために(言い換えれば損失を防ぐために)、ストップロスオーダーやトレーリングストップオーダーのような注文を出すことができます。


なぜ1inchに価値があるのですか?

1INCHトークンは1inchプロトコルのユーティリティートークン兼ガバナンストークンで、保有、使用、送付、またはステーキングに使用できます。 

1INCHトークンはプラットフォームのガバナンストークンとして、保有者が、どの程度の手数料を組み込むか、あるいはプラットフォームユーザーに分配するかといった、1inchプロトコルの更新を提案したり、提案に投票したりできるようにします。 

アグリゲーションプロトコルのガバナンスでは、「スプレッド」(取引の見積価格と実行価格との相違)がユーザーの間で配分されます。手数料、リワード、その他のインセンティブといったプラットフォームの各流動性プールのパラメーターは、流動性プロトコルのガバナンスによって決定されます。


1inchを利用する理由

分散型交換所のユーザーが、単一のプラットフォームから取引の実行前に最適のレートと手数料を特定するための簡単な方法を探している場合、1inchプロトコルに価値を見いだすことでしょう。

1inchプロトコルの改善のために提案や投票がしたいユーザーなら、1INCHトークンのガバナンス能力に魅力を感じるかもしれません。

さらに、1inchチームが採用数を増やし続けるだろうと信じる投資家は、1INCHトークンがプラットフォーム内でさらに実用性を高める可能性があると考えて、価値を見いだすかもしれません。 

1INCHを購入してみる!


それでは次のステップに進み、1INCHを購入してみましょう。