Kraken

Balancerとは何でしょうか?(BAL)

初心者ガイド


Balancerは、Ethereum上で実行される分散型金融(DeFi)プロトコルであり、分散型コンピュータネットワークの活用を図って、ユーザーによる暗号資産の売買が可能な分散型の交換環境を運用できるようにします。

Balancerを、ポートフォリオ内の暗号資産に基づいてユーザーがファンドを作成するインデックスファンドの一種と考えることも、有用でしょう。これらのファンドはBalancerプールと呼ばれ、ユーザーは、希望に応じて、単純に資産を入金するだけでプールに流動性を提供できます。 

ユーザーは、Balancerプールへの流動性の供給後、その資金の使用に対してネットワークに支払われた取引手数料の一部を取得し、BALと呼ばれるカスタム暗号資産で報酬を受け取ります。 

こうした預け入れはネットワークに不可欠であり、ユーザーがプラットフォーム上で暗号資産を売買するために必要な流動性をもたらします。 

これは、Balancerが、保有資産の一部を取引可能とすることを希望する暗号資産ユーザーと、可能な限り最適な資産価格を追求するトレーダーという市場の両側に動機付けできるものでなければならないということを意味します。

このようにして、BalancerはUniswap(UNI)やCurve(CRV)などの他の分散型取引所(DEX)と同様のやり方で運営されます。ただし、Balancerには、最大8種のトークンをプールにバンドルする機能などの追加機能があります。


Balancerの創始者は誰でしょうか?

Balancerは2018年にBlockScience社というソフトウェアコンサルティング企業で研究プロジェクトとして始まり、フェルナンド・マルティネッリとマイク・マクドナルドが創立しました。 

その後、このプロジェクトは独立し、2020年にBalancer Labsとして300万ドルの資金調達を行いました。このラウンドでは、投資家に約500万BALのトークンを販売し、(総発行量1億トークンの中から)株主と従業員に2,500万トークンを贈りました。 

さらに1,000万BALを取り置き、その半分をBalancerエコシステムの寄与者向けファンド用として留保し、残りの半分を将来の投資家向けに留保しました。 

Balancerはどのように働くのでしょうか?


インデックスファンドがさまざまな株式で構成されることがあるのと同様に、Balancerプールは最大8つの暗号資産で構成されます。

Balancerプールの値はその中の各トークンの割合(プールの作成時に選択された重み)によって決定されます。

セルフバランス型インデックスファンド

Balancerは、スマートコントラクトと呼ばれるカスタムプログラムを使用して、プール内の各コインの価格が異なる場合でも、各プールが資産の正しい比率を確実に維持するようにします。

たとえば、Balancerプールは25%のETH、25%のDAI、50%のLENDで開始できます。ある時点でLENDの価格が2倍になると、プールは自動的にLENDの保有額を減らし、プールの価値の50%を維持できるようにします。 

では、LENDはどこに行くのでしょうか。Balancerのスマートコントラクトにより、価格上昇に伴ってLENDの購入を希望するトレーダーがそのLENDを利用できます。 

注目すべきは、投資家がリバランスサービスに手数料を支払う従来のインデックスファンドと異なり、インデックスファンドのバランスがとれた状態で流動性供給者が手数料を得ることです。

Balancerプール 

Balancerは、リスク許容度の異なるユーザーを対象に、プライベートプール、共有プール、スマートプールを提供します。 

共有プールによって、ユーザーは資産の追加または出庫で流動性を提供できます。共有プールのパラメータは、起動前に設定され、変更できません。 

つまり、人気が最も高く、–流動性が最も高い–プールから手数料を得ることを模索している小規模な資産しか持たないユーザーにとって有用な場合があるのです。

スマートプールには柔軟なパラメータがあり、パブリックおよびプライベートのBalancerプールの中間として存在します。この機能により、重みの変更、スワップ手数料の変更、流動性を提供できる人の制限など、追加機能を実行するようにプールをプログラムすることができます。

流動性ブートストラッププール(LBP)は、比較的小さい資本のプロジェクトがネイティブトークン用の流動性を調達できるようにするスマートプールの一種です。

こうしたプールは、将来変更可能な可変重み付けシステムを使用して機能します。通常、プロジェクトはLBPを起動し、ネイティブトークンの重みを、ペアリングされたトークンよりもはるかに大きくします。売却は、プロジェクトトークンを優先して開始され、価格に一定の下振れ圧力を生み出すために、時間経過とともに価格を徐々に下げます。このプロセスにより、ボットやクジラよりも高い競争力が得られ、価格発見に備えることができます。

このシステムは、ボットやクジラによる市場操作を防ぐために、このように設計されています。最初の購入者が最高価格を支払います。これもまた、重み付けが固定された共有流動性プールよりも効率的に流動性を調達できるため、プロジェクトに寄与しています。

プライベートのBalancerプールは、プール作成者のみが資産の追加または出庫ができるプールです。また、手数料、重み付け、および受取資産の種類といったプールの他のパラメータすべての調整も可能です。 

プライベートプールは、大きなポートフォリオを持ち、特定の資産の手数料を得たいと考えている資産マネージャーの役に立ちます。


なぜBALに価値があるのですか?

Balancerの暗号資産(BAL)は、運用の分散に不可欠であり、プラットフォームの運用方法について中央当事者が判断を下さないようにします。

さらに、資産をBalancerプールに預金するユーザーがBALトークンを取得するので、インセンティブメカニズムとしても機能します。BALの所有者は、投票エスクローBALまたはvBALトークンを受け取るために、CurveのveCRVメカニズムを活用してBalancerプールトークン(80/20 BAL/WETH)を最大1年間ロックする必要があります。これらのトークンによって利回りが向上し、投票力が高まります。 

他の多くの暗号資産と同様に、BALトークンの供給量は制限されており、これは約9,400万BALしか存在しえないことを意味します。 

Balancerの発行スケジュールは、当初、1週間に145,000トークンを流動性マイニングの報酬としてユーザーに発行するようにプログラムされていました。しかし、2022年3月のveBALシステムの稼働の後、定期的な半減イベントが導入されています。つまり、循環に入る新しいBALトークンの量は、プログラムによって4年ごとに半減します。
 


BALを使用すべき理由

Balancerは、使用していないポートフォリオを使用したいと考えている以前からの暗号資産投資家の関心を惹きつけるものでしょう。 

アクティブなトレーダーやポートフォリオマネージャーにとって、プロトコルに存在する創造的に構築された指標でユニットを購入できるため、これも有用な場合があります。

機能の一部についての重要な決定に投票することによってプラットフォームの開発に影響を与える希望があるのなら、BALの保有は長期的に見て有効です。 

ユーザーは、暗号資産の分散取引が将来的に人気を集めると考えている場合にも、BALに投資することができます。 
 

Balancerを購入してみる


それでは次のステップに進み、BALを購入してみましょう。