Kraken

イーサリアムとは?(ETH)

ETH 初心者ガイド


最も野心的なブロックチェーンプロジェクトの1つであるイーサリアム(ETH)は、暗号資産を使用して、通貨を超える幅広い用途で製品とサービスを分散することを目指しています。 

ビットコインがデジタルゴールドとして機能することを目指しているなら、イーサリアムは別のアプローチを取ってきました。ユーザーがカスタム資産および運用を管理するプログラムを好きな数だけ作成できるように汎用化しています。

これにより、ビットコインがメール(非常に強力で特別用途のツール)のようなものであるのに対し、イーサリアムはウェブブラウザと共通点(プログラムユーザーが対話して作成できることを目指す)を持つ、という(たぶん不完全な)対照性が生じています。

この類推は、イーサリアムのスコープを伝える際に効果的です。イーサリアムチームは独自の仮想マシンとスクリプト言語(プログラムの実行に必要)を作成し、独自の新しい通貨(Ether)の販売によって資金を調達し、「ステート」と呼ばれるコンセプトを暗号資産に導入します。 

簡潔に言うと、イーサリアムは変化(ブロックチェーン上で確定されたトランザクション)、およびまだ発生していない潜在的な変化(ステート)を追跡します。これは、ビジョンの核心をつく差異です。 

イーサリアムでは、これらのマルチステップコンピューティング機能は「スマートコントラクト」と呼ばれます。多くのスマートコントラクトを持つより大きな構造は、分散型アプリケーション(DApp)と呼ばれます。 

現在はまだ未発達な状態ですが、このようなプログラムは将来、いくつかの世界最大のインターネット企業の行動を再現するソフトウェアの作成に使用できるようになると信じられています。 

例えば、Amazonは、単純なウェブインターフェースを使用して、購入者をデータベースに保存されている膨大で常に更新されるインベントリに接続する、一種のステートサービスと考えることができます。この場合、営利目的の企業が仲介者およびテクノロジースチュワードの役割を果たします。 

イーサリアムはこのように、暗号資産を使用して、現在独占的なサービスのさまざまな部分を取り仕切る競争の激しい市場を構築しようとする、早期の試みと見なすことができます。

2020年の時点で、イーサリアムの開発者はこの概念を実現する初期段階にあり、「Ethereum 2.0」と呼ばれる、新しい変化をもたらすコアコードの大改訂を準備しています。

What is Ethereum (ETH)?


イーサリアムの創始者とは?」

イーサリアムは、当時20歳のロシア系カナダ人Vitalik Buterinによって考案されました。 

Buterin氏によると、ビットコインの設計をより幅広く適用することで、中央集権型ウェブサービスの「恐怖」を緩和できる可能性があることを認識したことから、イーサリアム作成の着想が得られました。 

有名な例ですが、Buterin氏は、人気の高いオンラインゲーム『World of Warcraft』のプレイ時に感じたユーザーの軽視について語っています。ユーザーの希望に関係なく、当時の開発者はその裁量で変更を加えることができました。 

Buterin氏はその後、イーサリアムをフルタイムで追求するためにティールフェローシップを受け取り、プロジェクトの立ち上げを支援するために非営利組織の設立に乗り出しました。Ethereum Foundationは、2014年初めにオンラインクラウドセールで7,200万ETHを売却し、その取り組みのために約1,800万ドルの資金を調達しました。 

イーサリアムは今後も情熱的なユーザーコミュニティを引き付けることでしょう。彼らの多くは今もイーサリアムの開発を先導しています。 

コミュニティで注目の人物として、次の人物も挙げられます: 

  • Gavin Wood – 仮想マシンの詳細を説明するEthereum Yellow Paperの作成者 

  • Jeff Wilke – 最初のイーサリアムソフトウェア実装の作成者 

  • Joseph Lubin – イーサリアムの大手投資インキュベータであるConsensysの設立者 

  • Vlad Zamfir – プロトコル開発とゲーム理論に注力した暗号技術者。 

創設者と貢献者の詳細なリストはイーサリアムのWikipediaに掲載されています。

イーサリアムの仕組み


イーサリアムは常に2つのものが存在します。現在機能しているイーサリアム、そして将来そのロードマップを終えたときに完了する理想のイーサリアムです。 

つまり、イーサリアムは2015年のローンチ以来多くのことを達成してきましたが、提案されたすべての機能が実装されているわけではないということを念頭に置いておくことが重要です。

イーサリアムブロックチェーン

現在、イーサリアムはブロックチェーンを促進するために、プルーフ・オブ・ワークマイニング(コンピュータがエネルギーを消費してブロック生成に必要なパズルを解決する)を使用しています。(マイナーはトランザクションをおよそ12秒ごとに新しいブロックにバッチ処理します)。

開発者は、プロジェクトのプログラミング言語であるSolidityまたはVyperでプログラム(スマートコントラクト)を記述してから、このコードをイーサリアムブロックチェーンに展開します。 

すべてのノード(ソフトウェアを実行しているコンピュータ)がイーサリアム仮想マシン(EVM)のコピーを保持します。EVMは、SolidityおよびVyperで記述されたスマートコントラクトを変換し、ブロックチェーン上のトランザクションでそれらの変更を実行するコンパイラです。 

2016年、イーサリアムユーザーのあるグループが提案されたコード更新を拒否し、古いコードの実行を継続することを選択しました。その結果、イーサリアムクラシックと呼ばれる新しい暗号資産が作成されました。

プルーフ・オブ・ステーク

Ethereum 2.0への移行により、イーサリアムはコアオペレーティングシステムを変更して、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれるシステムに移行する予定です。 

プルーフ・オブ・ステークモデルでは、32 ETH以上を所有するすべてのユーザーがコントラクト内でそれらの資金をロックできます。これにより、それらのユーザーは、ブロックチェーンに新しいブロックを追加するために必要な計算を解決するためのリワードを得ます。 

この移行の詳細については、2020年のクラーケンインテリジェンスレポートを参照してください。


なぜETHに価値があるのか?」

イーサリアムを促進する主要な暗号資産はEtherと呼ばれ、その一部はすべてのブロックでミントされてマイナーに分配されます。 

イーサリアムはミントできるEtherの量に特に制限を設けていません。そうではなく、Etherの供給は毎年4.5%増加するようにプログラムされており、現在2 ETHが各ブロックでミントされています。 

このリワードは、ネットワーク史上で2回削減されています。当初は5 ETHに設定されていました。 

金融政策の変更は一般に開発者によって提案されます。ソフトウェアを実行しているノードとマイナーは、その変更を承諾するためにソフトウェアをアップグレードすることを承諾または拒否できます。 

マイナーは、ネットワークで処理される計算について手数料の形でETHを得ることもできます。手数料はETHではなく、特別な計算単位である「ガス」で支払われます。 

計算が複雑になるほど、所定のプログラムが必要とするガスが増えます。 

つまり、イーサリアム上で運用するアプリケーションまたはプロトコルは、継続的にEtherを購入して消費する必要があるため、資産に対する継続的な需要を生み出します。

イーサリアムを使う理由とは?


多くの暗号資産が単一ユースケースの生成に取り組んでいる中、イーサリアムはいくつかの異なる強力な需要フェーズを経験しているという点で、ユニークであると言えます。 

プライベートブロックチェーン 

イーサリアムを最初に採用したのは主要な銀行や機関です。2015年と2016年にオープンソースコードを活用して概念実証と研究開発イニシアチブを作成しました。

イーサリアムコードに倣わなかった組織(Linux FoundationのHyperledger、R3のCordaなど、アーキテクチャの一部は手本としたものの、新たな暗号資産を必要とする概念を破棄したプロジェクトを含む)も、そのアプローチに感化されました。

大手銀行および企業は、Enterprise Ethereum Allianceを構築することで、結局はより直接的にイーサリアムに回帰することになりました。2017年の設立を目指したこの非営利団体は、多くのプライベートバンクブロックチェーンをメインのイーサリアムブロックチェーンとつなぐことを目的としていました。 

ICO

起業家たちはその後、「イニシャル・コイン・オファリング」(ICO)と呼ばれることになる手段で、イーサリアムプラットフォームを使い、グローバルコンシューマに新たな暗号資産を作成し販売することで資金調達できるという主張を携えて、2017年にイーサリアムに群がることになりました。 

ICOは、イーサリアムが開発者に与える能力を利用して、新しいコードベースをゼロから作成することなく、トークン標準を使用してブロックチェーン上に新しい暗号資産を作成しました。

独自のライブブロックチェーンと暗号資産(Tron、OmiseGoなど)を持つことになった進取的なプロジェクトが、Etherum上でトークンとしてローンチし、さらに新しいテクノロジーを提供することになりました。

DeFi

ネットワーク上のイノベーションの最新の波である分散型金融(DeFi)により、イーサリアムを使用して従来の金融サービスを再現するプロトコルを作成する企業家が現れました。

これには、ドルペッグの暗号資産の管理を分散させるプロトコルを設計した、MakerDAOなどのプロジェクトも含まれます。別のDeFiプロジェクトでは、融資や借入などの金融サービスの自動化および分散化を目指すものもあります。

始める


それでは次のステップに進み、イーサリアムを購入してみましょう。