Kraken

NEARプロトコルとは何か?(NEAR)

NEARプロトコル(NEAR)の説明


NEARプロトコルは、コンピュータのネットワークにインセンティブを与え、開発者が分散型アプリケーションを作成して起動するためのプラットフォームを運用することを目的としたソフトウェアです。

NEARプロトコルの設計の中心となるのは、シャーディングという概念です。シャーディングとは、ネットワークのインフラストラクチャを複数のセグメントに分割し、コンピュータ(ノード)がネットワークのトランザクションの一部を処理するだけで済むようにするプロセスです。

シャーディングは、ブロックチェーン全体ではなく、ブロックチェーンのセグメントをネットワーク参加者に分散させることで、ネットワークデータをより効率的に取得し、プラットフォームを拡張する方法を生み出すものとして期待されています。

NEARは、アプリケーションを構築するベースレイヤーとなる、Amazon Web Services(AWS)などの集中型データストレージシステムと同様の仕組みで動作します。しかし、NEARは単一のエンティティによって実行されているのではなく、コンピュータの分散型ネットワークによって運用され、維持されています。

AWSで、開発者が独自のインフラストラクチャを構築することなくクラウド上でコードを展開できるのと同様に、NEARプロトコルは、コンピュータのネットワークとそのネイティブ暗号資産であるNEARトークンを軸に構築された同様のアーキテクチャを促進します。
 

what is NEAR Protocol (NEAR)


NEARプロトコルを作成したのは誰か?

NEARプロトコルの基盤を構築したのは、アレックス・スキダノフ氏とイリア・ポロスキン氏です。スキダノフ氏は、以前はデータベース企業であるMemSQLのエンジニアリング担当ディレクターでした。ポロスキン氏は、以前はGoogleで人工知能と検索エンジンの開発に携わっていました。

NEARは、Andreessen HorowitzやPantera Capitalなどの大手ベンチャーキャピタルから、複数回にわたり2,000万ドル以上の資金を調達しています。

初期供給分である10億NEARトークンの約35%がアーリーステージの投資家に販売されました。

NEARプロトコルの仕組み


プルーフ・オブ・ステーク(PoS)ブロックチェーンであるNEARプロトコルは、「Nightshade」と呼ばれるシャーディングソリューションにより、他のプラットフォームと競合することを目指しています。

Nightshade

シャーディングは、ブロックチェーンの各参加ノードがプラットフォームのデータの小さなサブセットのみを保存できるようにするブロックチェーンアーキテクチャです。シャーディングは、ブロックチェーンをより効率的に拡張しながら、1秒あたりのトランザクション量を増やし、トランザクション手数料を削減します。


Nightshadeを使用すると、NEARプロトコルは単一のデータチェーンを維持しつつ、このデータを維持するのに必要なコンピューティングを「チャンク」に分散できるようになります。これらのチャンクはノードによって処理され、ノードはデータを処理してメインチェーンに情報を追加します。

Nightshadeの主な利点の1つは、そのアーキテクチャがセキュリティにおける潜在的な障害点を減らすことができることです。これは、参加ノードがチェーンの細分化されたセクションのみの維持に責任を負うためです。

Rainbow Bridge

NEARプロトコルには、Rainbow Bridgeと呼ばれるアプリケーションが含まれています。このアプリケーションを使用すると、EthereumとNEARの間でEthereumトークンを簡単にやり取りできるようになります。

EthereumからNEARプロトコルにトークンを移動するには、ユーザーが最初にEthereumスマートコントラクトでトークンを入庫します。これらのトークンはロックされ、新しいトークンは、元のトークンを表すNEARのプラットフォーム上に作成されます。

元の資金はスマートコントラクトを通じてストレージに保持されるため、ユーザーが元のトークンを取得する際にプロセスを元に戻すことができます。

Aurora

Auroraは、NEARプロトコル上に構築されたレイヤー2スケーリングソリューションであり、開発者がNEARのネットワーク上でイーサリアム分散型アプリケーションを起動することを目的としています。

Auroraは、イーサリアムのコーディングテクノロジーであるイーサリアム仮想マシン(EVM)と、開発者がイーサリアムスマートコントラクトと資産をシームレスにリンクできるクロスチェーンブリッジを使用して構築されています。

開発者はAuroraを利用することで、NEARプロトコルの低料金、高スループットと、親しみやすいイーサリアムアプリケーションのネットワークを得られます。
 

 

 


なぜNEARに価値があるのか?

NEARプロトコルは、NEARと呼ばれるネイティブトークンを使用します。これにより、ユーザーはトランザクション料を支払い、アプリケーションを実行し、ストレージ料金を支払うことができます。

NEAR上のアプリケーションは、ネットワーク上に保存するデータおよびコンピューティングの実行に対して、NEARプロトコルのストレージ手数料を支払う必要があります。ネットワークは、これらのトークンの一部をバーンしたり、循環から排除したりして、プロセスでのNEARトークンの循環供給量を減らします。

NEARプロトコルソフトウェアを実行しているコンピュータは、トランザクションが正確であり、バリデータに通知されていることを保証します。バリデータは、ネットワーク上でトークンをステーキングすることで、NEARブロックチェーンのセキュリティと有効性を維持するための報酬を受け取ります。

NEARプロトコルは毎年5%ずつトークンの供給量を増やしており、この新たにリリースされるトークンの90%はバリデータに供給されます。残りは、ブロックチェーンのプラットフォーム開発のための支援資金として使用されます。

 


NEARを利用する理由

NEARプロトコルの魅力の根源は、そのシャーディング技術にあります。この技術により、他のプラットフォームよりも高いトランザクション能力と安全性を実現することができます。

さらに開発者は、大量のアクティビティが発生する可能性のあるアプリケーションをより効率的に構築する目的で、このプラットフォームを利用することもできます。NNEARへのアプリケーションのブリッジ構築を考えているイーサリアムの開発者であれば、そのレイヤー2ソリューションにも魅力を見出すかもしれません。

ブロックチェーン技術を拡張する方法としてシャーディングの将来性を信じ、NEARエコシステムの将来の発展に賭けたいと願う投資家にとっても、NEARをポートフォリオに加えることは1つの選択肢といえるでしょう。

 

 

暗号資産を購入してみる


それでは次のステップに進み、暗号資産を購入してみましょう。