Kraken

The Graphとは何でしょうか?(GRT)

初心者ガイド


The Graphは、情報の取得を容易にするために、各種ブロックチェーンアプリケーションからデータを収集、処理、保存するために使用されるオープンソースのソフトウェアです。 

もともとEthereumブロックチェーンでローンチされたThe Graphの目的は、開発者が分散型アプリケーション(DApps)の効率向上のために関連データを使用する助けとなることです。 

The Graphは、ブロックチェーンデータを、Subgraphsと呼ばれる各種インデックスに保存する前に分析・収集します。これにより、どのアプリケーションも、そのプロトコルにクエリーを送信し、即座に応答を受信することができます。

クエリーは、ユーザーのニュースフィードのデータ収集のためにFacebookが作成し、広く使用されている言語GraphQLを介してDAppsによって提示されます。 

サービスをネットワークに提供する、インデクサーやデリゲーターと呼ばれるThe Graphユーザーは、データを処理し、エンドユーザーやアプリケーションに渡すのを助けます。 

The Graphのネイティブ暗号資産であるGRTは、ネットワーク内でセキュリティ保護されたデータの健全性を確保するために使用されます。ユーザーは、インデクサー、キュレーター、デリゲーターのいずれかの役割を果たすためにGRTに参加する必要がありますが、その見返りとして、ネットワークから手数料を受け取ります。 

The Graphは、AaveCurveUniswapなどの一般的なEthereum DAppsで使用されています。The Graphの現在の開発状況に接していたいユーザーは、公式ブログをブックマークすることで最新の詳細情報を入手できます。

What is the graph grt


The Graphの創始者は誰でしょうか?

The Graphは、2018年にヤニフ・タル、ジャニス・ポールマン、ブレンダン・ラミレスによって設立されました。この3人は以前にも、開発者ツールの開発に注力している複数のスタートアップで協働していました。 

The Graphは、2019年以降、2020年10月の公開販売による1,000万ドルを含め、トークン販売で総額1,950万ドルを集めています。この間、100億GRTの当初のトークン供給量の約21%が、Coinbase Ventures、Digital Currency Group、Multicoin Capitalなどの投資家に売却されています。 

The Graphはどのように機能しますか?


The Graphのデータ集約の最初のステップは、ネットワークブロックとスマートコントラクトを継続的にスキャンして情報を取得するThe Graph Nodeで実行します。 

アプリケーションがスマートコントラクトを介してブロックチェーンにデータを追加すると、The Graph Nodeはこれらの新しいブロックからのデータを適切なSubgraphsに追加します。

The Graph Nodeが情報を抽出した後は、プロトコル内でデータの整理に貢献する3種類のユーザーが存在します。

これには下記が含まれます。 

  • キュレーター- どのSubgraphが高品質であるか、The Graphによってインデックスを作成する必要があるかを評価するSubgraph開発者です。注目すべき点は、キュレーターはGRTを自分が信頼するSubgraphに添付するということです。
  • インデクサー- 信号を送ったSubgraphにインデックスとクエリーサービスを提供するノードオペレーターです。これらのサービスを提供するには、GRTをステークする必要があります。
  • デリゲーター-ノードをインストールせずにネットワークの実行に貢献するために、インデクサーにGRTを委任します。 

全ユーザーが、役割に応じて、作業の対価としてネットワーク手数料の一部を獲得します。 

このデータは、クエリーを使用してソフトウェアの実行を助ける情報を求めるアプリケーションにより、簡単にアクセスできます。 

たとえば、DecentrandはThe Graphの情報にアクセスして、アプリケーションを横断して土地、アクセサリ、コレクションを検索し、それらをマーケットプレイスに投入して、ユーザーが中央の場所から購入できるようにします。


なぜGRTに価値があるのですか?

GRT暗号資産は、The Graphプロトコルに依存するスマートコントラクトの正常な実行を保証する能力から価値を引き出します。

特に注意すべきは、GRTが重要ネットワークの運用に使われる唯一の暗号資産である点です。たとえば、インデクサーにクエリーを送信する消費者は、GRTに基づくクエリー手数料を支払う必要があります。

キュレーターは、信号を送信するSubgraphのためのクエリー料金を取得し、インデクサーはプロトコルからクエリー料金の一部と報酬を取得し、デリゲーターはGRTの貸し出しについてインデクサー手数料の一部を取得します。

GRTトークンを保有しステークしているユーザーは、ソフトウェアに影響する決定に参加し、プラットフォームの使用を管理するルールの提案に投票できます。デリゲーターは、自分の代わりに投票させるため、投票権を他の人に割り当てます。

投資家は、The Graphが2020年に100億GRTを導入した一方で、総供給量は年間平均約3%増加するように設定されており、トークンの1%が毎年の循環から削除されると推計されることに注意すべきです 
 


GRTを利用する理由

The Graphは、ブロックチェーンデータへのアクセスとそのデータの精査が必要なブロックチェーンベースのアプリケーションを作成しようとする開発者の関心を引くでしょう。

分散型アプリケーションが継続的に大量のブロックチェーンデータを必要とすると考える投資家は、ポートフォリオにGRTを追加したいと考えるかもしれません。

最後に、DAppsユーザーの主な問題をThe Graphで解決できることが証明されれば、ブロックチェーン上に構築されたあらゆるアプリケーションをリンクする不可欠のツールになる可能性があります。 
 

GRTを購入してみる


それでは次のステップに進み、GRTを購入してみましょう。